高齢ドライバーの驚きの現状

高齢ドライバー事故

 

集団登校の小学生の列や街の商店に車が突っ込んだり、高速道路を気づかずに逆走したり、
最近は、毎日のようにニュースで報道されている高齢ドライバーによる悲惨な交通事故
しかし、今後も高齢者の数は、ますます増加していくはずの日本。
ということで、今回は、この「高齢ドライバーの現状」ついて調べてみました。

 

■ 75歳以上の高齢ドライバー数は362万人!

国の方では、「高齢ドライバー=65歳以上の自動車免許保有者」と定義しているのですが、

全国にはこの高齢ドライバーは、なんと1,094万人(H27末現在)もいるそうです。
そのうち、65-74歳が733万人75歳以上が362万人です。

さらに恐ろしいことに、今後は65-74歳のドライバー数は横這いになりますが、
75歳以上のドライバー数が急増し、(財)日本自動車研究所の予測では、2025年頃にその数は逆転してしまうそうです。
つまり、あと10年もしないうちに、700万人以上の75歳以上のドライバーが日本中に溢れるということです。

■ 高齢ドライバー自身も自覚している運転への不安!

では、この高齢ドライバーの人たちは、普段自動車を運転している時、同様なことを感じているのでしょうか?

ちょっと古いデータなのですが、福岡県商工部が2010年に、「全国1万人の高齢ドライバーを対象」にしたアンケート調査の結果の一部をご紹介します。

まず最初は、「自分は何歳ぐらいまで運転を続けたいか?」という質問に対する回答です。

<自動車の運転を続けたい年齢>

高齢ドライバー 何歳まで運転

「運転できる限りずっと」と回答した者が、なんと5割以上。
気持ちはわかりますが、最近のニュース報道のことを考えると、なんか「怖い」ですねぇ・・・。

次は、「普段車を運転するときの乗車人数は?」という質問に対する回答です。

高齢ドライバー 乗車人数

「一人」が約四割。
自分のように突然脳溢血で倒れたり、あるいは心臓発作、認知症・・・、高齢者には突然運転不能になる病気の危険性が高いはずですが・・・。

最後は、「高齢者の自動車運転能力」に関する質問に対する回答です。

高齢ドライバーの自動車運転能力1

高齢ドライバーの自動車運転能力2

以下の5項目などは、全国で発生している「高齢ドライバー事故」に直結しており、
この現状、ハッキリ言って「ヤバイ」んじゃないでしょうか?

「夜間、歩行者を見落とすことがある 27.9%」 
「サイレンや踏切音が聞こえにくい 17.0%」 
「なるべく右折をしたくない 28.5% 」
「運転中、ボーっとする 18.2%」 
「後ろを見ながらバックするときアクセルの踏み込み加減が難しい 19.5%」

■ 「高齢ドライバー事故」への対策の柱は3つ!

こんな状況下、国が進めている対策は様々ですが、その中でもどうやら以下の3つが柱になっているようです。

  1. 高齢ドライバー自身による「運転免許の自主返納」
  2. すでにヨーロッパの多くの国で普及し始めている「超小型モビリティ」
  3. ドライバーに代わって、車がハンドルやアクセル、ブレーキを操作する「自動運転車」

まずは、1の「運転免許の自主返納」ですが・・・、

警察庁の発表によると、昨年(2015年)一年間の免許の自主返納件数は、全国で285,514件数
高齢ドライバーの数1,094万人と比べると、まだまだ少ないような気がします。
ただ警察官の方では、それぞれの地域の自治体と協力しながら、免許を返納した高齢者にさまざまな特典を用意に、返納を呼びかけているそうです。
返納した特典は、各都道府県ごとに違うそうなので、65歳以上の免許保有者がいるご家庭では、一度調べてみてはいかがですか?

<高齢ドライバーが免許自主返納した際の特典例>

  • バスやタクシーの乗車運賃割引
  • 福祉タクシー券の配布
  • 温泉施設の割引
  • 補聴器等の割引
  • 銀行預金利息の割増  などなど

次は2の「超小型モビリティ」ですが、国土交通省によると・・・

超小型モビリティとは、自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる1人~2人乗り程度の車両をいいます。

実際に、国内自動車メーカーからも既に発売されており、
も国土交通省の方でも、公道走行を可能とする認定制度を創設するとともに、地方自治体、観光・流通関係事業者等の主導による先導・試行導入を支援しているそうです。

最後は3の「自動運転車」ですが、これについては、毎日のようにTVや新聞で報道されているので、省略します。

この高齢ドライバー事故の問題も、専門家からはだいぶ前から指摘されていた問題。
いっこうに進まない「免許の自主返納」のような子供だましの対応ではなく、
国民の多くが納得できる、抜本的対策の早期実行を国にはお願いしたいですね。
毎日道路を利用している国民一人ひとりの命に係わる、非常に重要な問題なので・・・。

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. 貯金箱

    1世帯あたり貯蓄額日本一は、なぜか奈良県!?

    みなさんは、「1世帯あたり貯蓄額が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?自分は真っ先に...
  2. オリンピックの経済波及効果

    2020年東京オリンピックの経済波及効果

     今年の3月、東京都は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う2030...
  3. 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?

    先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  4. 世界で最も高額な年間報酬を得ている企業役員は?

    昨日、突然発覚した日産自動車のカルロス・ゴーン会長の金融商品取引法違反容疑での逮捕。
  5. 米国の貿易赤字削減政策と人民元の行末は?

    昨日、ウォールストリートジャーナルHPを見ていると、「世界の投資家、中国買い控える。
  6. 空母

    軍隊も核も持たないはずの日本が世界7位の軍事力評価

    アメリカの軍事力評価機関、グローバル・ファイヤーパワー(Global Firepow...
  7. トランプ大統領とレーガン元大統領の政策は似てる?

    トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそ...

Ad

人気の記事

  1. 青森山田
  2. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦
  3. 北方四島
  4. 食料自給率6
  5. 東京

ピックアップ記事

  1. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  2. 訪問日:2014年8月19日こんばんは。
  3. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  4. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  5. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。