nu-land さがみゆ 大田区

 

こんにちは。

一昨日に続き、灼熱の中、自宅から比較的近い、
大田区雑色にある「nu-landさがみゆ」さんに行ってきました。

ここは、朝10時からやっているので、
お昼前から行き、のんびりと5時間ほど、くつろぎました。

京急の雑色駅を出て、京急線独特の駅前アーケードを通り抜け、
狭いバス通りを5‐6分歩いて行くと、一本中に入った通りに、
お目当ての「nu-landさがみゆ」はありました。

この「nu-landさがみゆ」のビル、銭湯とは思えないほどデカイ。
しかも、曲線をふんだんに使ったお洒落な建物。
さらに、2008年に旧銭湯を建て替えたものだそうですが、未だに、新築のようにキレイです。
さらに駐車場もなんと、18台分も完備。

まるで、ホテルのような入口の階段をのぼりながら、
「同じ“さがみゆ”でも、昨日の“第一相模湯”とは全然違うなぁ」
と思いつつ、いざ中へ。

 

建物の中に入ると・・・、かなりゆったりしたロビーが広がっています。

実は、この「nu-landさがみゆ」は、銭湯とスーパー銭湯の間の子のようなところで、
銭湯料金で楽しめるのは、1F部分だけ。
2Fにある宴会場や食事処、レストルームまどを使うには、別料金がかかります。

  →→→ 詳しい料金はこちら

ロビー内をちょっと見た後、脱衣所の方へ・・・。

ここも、ゆったりしていて、しかもキレイ。

さて、肝心のお風呂の方ですが・・・、

黒湯の露天風呂をはじめ、湯殿の種類は8つと豊富。
まあ、「銭湯としては最高レベル」、「スーパー銭湯としては今ひとつ」
という感じです。

ここの黒湯はかなり濃く、透明度はほとんどゼロ。
お湯の温度も低めで、ぬる湯好きの自分にはピッタリでした。

それから、ここの露天風呂は半地下のようなところにあり、
空は殆ど見えず、まるで洞窟風呂のような感じです。

正直、これには、ガックリでした。

 

2時間ほど浸かった後に、2Fに上がってみると・・・、
まるで温泉旅館とクアハウスを足して二で割ったような風景が広がっていました。

ここ「nu-landさがみゆ」は、全体的にゆったりした作りなので、
混んでいなければ、なかなか「いいところ」ですが・・・、
混んでいると、「居場所がない」ような気もしました。

その後、TV付リクライニングシートでくつろいだ後、
もう一回入浴して、帰路につきました。

この「nu-landさがみゆ」、湯殿もそうでしたが、施設面でも、
銭湯としては、文句なしで「はなまる」ですが、
スーパー銭湯としては、やはり「今ひとつ」だと思います。

→→→ 「nu-landさがみゆ」のHPはコチラ

  ▶▶▶ 「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)
  ▶▶▶ 都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

Ad

意外な事実

  1. 大学

    大学淘汰の始まり「2018年問題」と国や地方自治体からの補助金

    現在、日本には764校の大学があり、完全に飽和状態にあると言われています。
  2. 北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

    時が経つのは早いもので、マレーシアのクアラルンプールで、金正男氏が毒殺されてから、半...
  3. 切り花類の出荷量日本一は、なぜか愛知県!?

    みなさんは、「切り花類の出荷量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?自分は・・・、南...
  4. 内閣不信任決議案って何?

    そろそろ会期末が迫ってきた国会では、野党が加計学園問題をもとに例年通り?「内閣不信任...
  5. 高さ1kmの超々高層ビル「ジッダ・タワー」

    今春のサウジアラビア国王の来日で、1千人を超える王族や企業幹部らの同行に度肝を抜かれた自分でしたが、...
  6. チーズの生産量

    チーズの生産量日本一はなぜか神奈川県!?

    みなさんは、「チーズの生産量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?きっと多くの人は、...
  7. ビジット・ジャパンの効果と訪日外国人観光客数

    最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。

Ad

人気の記事

  1. 核兵器保有国
  2. 弾道ミサイル
  3. 白人比率の低下
  4. シャッター街
  5. 2020東京オリンピック

ピックアップ記事

  1. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  2. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  3. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  4. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  5. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。