桜館

訪問日:2016年06月8日

こんばんは。

今日は、東急池上線の池上駅から、徒歩5分ほどにある“桜館”に行ってきました。

この「桜館」は、銭湯なのに平日も12:00からやっており、
「黒湯」と「屋上露天風呂」が楽しめる、自分のお気に入り銭湯の一つです。


バス通りから一本中に入り、すぐ。看板がやや小さいので、通り過ぎないように注意!

ここ「桜館」の名前の由来は、桜の季節には室内で半露天風呂につかりながら、
天井にあるガラス窓から、満開の桜を楽しめるからだそうです。

実際に春に来た時は・・・、
黒い黒湯の湯船に、天井の窓から、桜の花びらが舞い落ちてきて、
なんとも言えない日本ならではの風情を楽しみました。 (*^.^*)


写真の真ん中に写っている緑の大きな木が、春にはピンク一色になる桜の木です。

その桜館、建物全体が緑色にペイントされた、一見ちょっと“異様な”建物ですが、
入口には高級和風旅館のような、天然木でできた立派な看板があり、なんとも言えない「いい雰囲気」を醸し出しています。


扉のない入口玄関が、開放的で何とも言えない、いい雰囲気で向かえてくれます。

さて、お風呂の方ですが・・・、
毎月15日に男風呂と女風呂に入れ替わる、「壱の湯」と「弐の湯」があります。
お薦めは、屋上露天風呂がある「壱の湯」です。
ただ、この屋上露天風呂は天候等により、やっていない時もあるので、桜館に行く前に電話で「今日は露天はある?」と確認することをお薦めします。

さて、ここ「桜館」の黒湯の方ですが、内湯の方は自分が入った黒湯の中でも、トップクラスの濃さだと思います。
ただ、屋上露呈風呂の方は、かなり透明度が高く、やや薄めているような気がしました。
でも、ここの屋上露天、住宅地のど真ん中で本当に大丈夫?と思うぐらい、“開放的”です。

 

ここ桜館の湯船等の設備は、かなり年期が入っている感じがしますが、
まあ、自分は“都会の中の湯治場”的でいいと思い、度々お世話になっています。

建物の二階には、かなり広い食事処がありますが、平日はほとんど人がいないためか、
閉めている時も多いようです。

また、桜館の真ん前には、思わず“風呂上がりの一杯”を楽しみたくなるような、
いつかの飲食店(直営?)があり、まるで、田舎の“小さな温泉場”のような独特の雰囲気を醸し出しています。


夕方、桜館で2時間ぐらいお湯を楽しみ、暗くなった帰りに一杯。最高ですねぇ。ヽ(´▽`)/

ここ池上の象徴でもある歴史感溢れる“池上本門寺”界隈を散策し、
その帰りに、ここ桜館でゆっくりと温泉に浸かるのも、なかなか、いい休日の過ごし方では・・・。

桜館HPはコチラを御覧ください

  ▶▶▶ 「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)
  ▶▶▶ 都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

Ad

意外な事実

  1. 黒湯

    「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)

    今回は、自分の大好きな「黒湯のある東京23区内の銭湯」をご紹介します。
  2. 仕事運アップや就活・転職にご利益がある首都圏のおすすめ神社3選

    今回は参拝祈願すれば、仕事運がアップし、出世や就職や転職にご利益があると人気の首都圏の神社を5つご紹...
  3. 水道事業の民営化

    安倍政権が進めている水道事業の民営化で水道料金が大幅アップ

    安倍政権下、昨年2017年3月に水道法の「改正」が閣議決定され、民間事業者が参入しやすいように改正さ...
  4. 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?

    毎日毎日、新聞やTVニュースでは、安倍首相の森友学園疑惑と加計学園疑惑のとりとめのない報...
  5. 国プロ野球選手・王貞治

    安倍政権で乱発気味の国民栄誉賞

    安倍総理は、先日の平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で見事に金メダルを獲得した羽生...
  6. 富山第一高校

    富山第一高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している富山第一高校サッカー...
  7. 藤枝東高校サッカー

    藤枝東高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    藤枝東高校サッカー部は、1926年の創部で90年以上の歴史を誇ります。

Ad

人気の記事

  1. 2025年問題
  2. スティーブン・バノン
  3. 弾道ミサイル
  4. 米国大統領のスキャンダル
  5. 高齢ドライバー事故

ピックアップ記事

  1. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  2. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  3. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。
  4. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  5. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...