桜館

訪問日:2016年06月8日

こんばんは。

今日は、東急池上線の池上駅から、徒歩5分ほどにある“桜館”に行ってきました。

この「桜館」は、銭湯なのに平日も12:00からやっており、
「黒湯」と「屋上露天風呂」が楽しめる、自分のお気に入り銭湯の一つです。


バス通りから一本中に入り、すぐ。看板がやや小さいので、通り過ぎないように注意!

ここ「桜館」の名前の由来は、桜の季節には室内で半露天風呂につかりながら、
天井にあるガラス窓から、満開の桜を楽しめるからだそうです。

実際に春に来た時は・・・、
黒い黒湯の湯船に、天井の窓から、桜の花びらが舞い落ちてきて、
なんとも言えない日本ならではの風情を楽しみました。 (*^.^*)


写真の真ん中に写っている緑の大きな木が、春にはピンク一色になる桜の木です。

その桜館、建物全体が緑色にペイントされた、一見ちょっと“異様な”建物ですが、
入口には高級和風旅館のような、天然木でできた立派な看板があり、なんとも言えない「いい雰囲気」を醸し出しています。


扉のない入口玄関が、開放的で何とも言えない、いい雰囲気で向かえてくれます。

さて、お風呂の方ですが・・・、
毎月15日に男風呂と女風呂に入れ替わる、「壱の湯」と「弐の湯」があります。
お薦めは、屋上露天風呂がある「壱の湯」です。
ただ、この屋上露天風呂は天候等により、やっていない時もあるので、桜館に行く前に電話で「今日は露天はある?」と確認することをお薦めします。

さて、ここ「桜館」の黒湯の方ですが、内湯の方は自分が入った黒湯の中でも、トップクラスの濃さだと思います。
ただ、屋上露呈風呂の方は、かなり透明度が高く、やや薄めているような気がしました。
でも、ここの屋上露天、住宅地のど真ん中で本当に大丈夫?と思うぐらい、“開放的”です。

 

ここ桜館の湯船等の設備は、かなり年期が入っている感じがしますが、
まあ、自分は“都会の中の湯治場”的でいいと思い、度々お世話になっています。

建物の二階には、かなり広い食事処がありますが、平日はほとんど人がいないためか、
閉めている時も多いようです。

また、桜館の真ん前には、思わず“風呂上がりの一杯”を楽しみたくなるような、
いつかの飲食店(直営?)があり、まるで、田舎の“小さな温泉場”のような独特の雰囲気を醸し出しています。


夕方、桜館で2時間ぐらいお湯を楽しみ、暗くなった帰りに一杯。最高ですねぇ。ヽ(´▽`)/

ここ池上の象徴でもある歴史感溢れる“池上本門寺”界隈を散策し、
その帰りに、ここ桜館でゆっくりと温泉に浸かるのも、なかなか、いい休日の過ごし方では・・・。

桜館HPはコチラを御覧ください

  ▶▶▶ 「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)
  ▶▶▶ 都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

Ad

意外な事実

  1. ウィルスと細菌の違いは?

    しばしば混同して理解されることも多いウイルスと細菌。
  2. 流通経済大学付属柏

    流通経済大学付属柏高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している流通経済大学付属柏高...
  3. プロ野球

    今年のプロ野球選手の年俸ベスト30は?

    日本のプロスポーツの中で最も年俸が高いと言われるプロ野球選手。
  4. 北方四島

    北方領土問題は安倍政権下で解決?

    最近、マスコミでよく目にする北方四島の領土問題。
  5. 財政破綻

    平成の30年間で政府予算は1.6倍、社会保障費は3倍増に!

    2018年度の政府予算額は100兆円目前の過去最大の97.7兆円。
  6. 蔵王山も火山活動

    世界の活火山の7%を占める日本の活火山とそれに対する政府の対応状況

    東北の温泉とスキーのメッカ「蔵王」。
  7. シャッター街

    日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。

Ad

人気の記事

  1. 関西大北陽高校サッカー部
  2. 安倍総理の外遊
  3. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦
  4. 東京一極集中
  5. 青森山田

ピックアップ記事

  1. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  2. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  3. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  4. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  5. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。