武蔵小山温泉 清水湯

こんにちは。

先週は、久々に品川区の「武蔵小山温泉 清水湯」に行ってきました。

ここ「武蔵小山温泉 清水湯」は、3年ほど前から自分のお気に入りの温泉銭湯の1つで、年に5-6回ほど通っています。

お気に入りの理由は・・・、

1.全く違う2種類の天然温泉の湯が楽しめる

2.武蔵小山の街の雰囲気がいい

3.昼(12時)からやっている

この3つです。

この「清水湯」は、東急目黒線の武蔵小山駅から、徒歩で5,6分です。

途中、アーケードのある商店街を抜けていくのですが、この商店街、いつも大勢の人がおり、にぎやか。

清水温泉1.JPG
駅ビルのすぐ前には、アーケード街が。

清水温泉2.JPG
このアーケード街、「Plam(パルム)」と名付けられており、いつもにぎわっています。

アーケード街をぶらぶら歩き、途中で左に折れ、
住宅街の中をしばらく行くと、お目当ての「清水湯」があります。

入り口は、旅館のようなデザインで、なかなか凝っています。

清水温泉3.JPG
2時間無料の駐車場が17台分もあるので、車で来る人もたくさんいます。

清水温泉4.JPG
とても、「銭湯」とは思えない凝った入り口です。

清水温泉5.JPG
門をくぐると、「武蔵小山温泉」の文字が・・・。

ここ「武蔵小山温泉 清水湯」には、
「黒湯温泉」と東京でも珍しい黄土色の太古の「海水温泉」の2種類の泉質の湯があります。

特に、「黄金の湯」と呼ばれる露天の「海水温泉」の方は、深さ1500メートルから湧出している、銭湯初の大深度温泉で、療養泉にも認定されていて、美肌に効果絶大だそうです。
さらに、驚くことに“100パーセント源泉かけ流し”。

ただ、この「海水温泉」、5人ぐらいしか入れず、
平日の昼間でも、“常連さん”でいつも満員
なかなか入ることができないのが欠点です。

もう一つの露天風呂である黒湯の方は、
さらに小さく、3人ぐらいしか入れないのですが、こちらは、比較的空いていることが多いです。

また、ここ「清水湯」は、風呂上がりに休憩するところが殆ど無いのも欠点です。
一応、2Fには6畳ほどの部屋があるのですが・・・、
何もなく寝っ転がるだけ。
ほとんど誰も利用していないと思います。

本当にいいお湯と施設なんですが、13台分もの駐車場があるので、かなり遠いところからグループで来る人も多く、ほんといつも混んでいるのが難点ですね。

  ▶▶▶ 「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)
  ▶▶▶ 都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

Ad

意外な事実

  1. 東京オリンピックに向け、タトゥーの人も温泉入浴OKへ?

    これまで、日本の大半の温泉やプールなどでは、昔からのマイナスイメージの強さから、「入...
  2. 北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

    時が経つのは早いもので、マレーシアのクアラルンプールで、金正男氏が毒殺されてから、半...
  3. 深刻な日本の空き家問題

    最近テレビや新聞では、日本各地で「空き家の急増」が社会問題化していると報じています。
  4. 2025年問題

    避けて通れない「2025年問題」

    みなさんは、「2025年問題」というものをご存知ですか? 最近はこの「2025年問題」という言葉...
  5. 慰安婦問題

    日本人から見た韓国、韓国人から見た日本は?

    なにかにつけて日本を非難するお隣の国韓国。
  6. 習志野高校サッカー

    習志野高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    習志野高校サッカー部は、これまでに全国高等学校サッカー選手権大会15回、高校総体17回出場の強豪、選...
  7. オリンピック施設

    東京オリンピックで新設する6つの都立競技施設

    2年後に迫ってきた2020年東京オリンピックですが、新設する競技施設の工事も本格化しているようです。

Ad

人気の記事

  1. 教育にカネを使わない国ニッポン
  2. 2025年問題
  3. 黒湯
  4. スティーブン・バノン
  5. 食料自給率6

ピックアップ記事

  1. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  2. 脳
    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...
  3. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  4. 所得2極化
    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...
  5. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。