武蔵小山温泉 清水湯

こんにちは。

先週は、久々に品川区の「武蔵小山温泉 清水湯」に行ってきました。

ここ「武蔵小山温泉 清水湯」は、3年ほど前から自分のお気に入りの温泉銭湯の1つで、年に5-6回ほど通っています。

お気に入りの理由は・・・、

1.全く違う2種類の天然温泉の湯が楽しめる

2.武蔵小山の街の雰囲気がいい

3.昼(12時)からやっている

この3つです。

この「清水湯」は、東急目黒線の武蔵小山駅から、徒歩で5,6分です。

途中、アーケードのある商店街を抜けていくのですが、この商店街、いつも大勢の人がおり、にぎやか。

清水温泉1.JPG
駅ビルのすぐ前には、アーケード街が。

清水温泉2.JPG
このアーケード街、「Plam(パルム)」と名付けられており、いつもにぎわっています。

アーケード街をぶらぶら歩き、途中で左に折れ、
住宅街の中をしばらく行くと、お目当ての「清水湯」があります。

入り口は、旅館のようなデザインで、なかなか凝っています。

清水温泉3.JPG
2時間無料の駐車場が17台分もあるので、車で来る人もたくさんいます。

清水温泉4.JPG
とても、「銭湯」とは思えない凝った入り口です。

清水温泉5.JPG
門をくぐると、「武蔵小山温泉」の文字が・・・。

ここ「武蔵小山温泉 清水湯」には、
「黒湯温泉」と東京でも珍しい黄土色の太古の「海水温泉」の2種類の泉質の湯があります。

特に、「黄金の湯」と呼ばれる露天の「海水温泉」の方は、深さ1500メートルから湧出している、銭湯初の大深度温泉で、療養泉にも認定されていて、美肌に効果絶大だそうです。
さらに、驚くことに“100パーセント源泉かけ流し”。

ただ、この「海水温泉」、5人ぐらいしか入れず、
平日の昼間でも、“常連さん”でいつも満員
なかなか入ることができないのが欠点です。

もう一つの露天風呂である黒湯の方は、
さらに小さく、3人ぐらいしか入れないのですが、こちらは、比較的空いていることが多いです。

また、ここ「清水湯」は、風呂上がりに休憩するところが殆ど無いのも欠点です。
一応、2Fには6畳ほどの部屋があるのですが・・・、
何もなく寝っ転がるだけ。
ほとんど誰も利用していないと思います。

本当にいいお湯と施設なんですが、13台分もの駐車場があるので、かなり遠いところからグループで来る人も多く、ほんといつも混んでいるのが難点ですね。

  ▶▶▶ 「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)
  ▶▶▶ 都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

Ad

意外な事実

  1. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  2. ネイマール メッシ ロナウド

    W杯で活躍するロナウドやメッシの年収は?

    連日熱戦が繰り広げられているW杯が、そこで活躍しているメッシやロナウドなどのスーパースター選手たちの...
  3. 30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?

    以前、平成の30年間がどんな時代だったのかを振り返りましたが、今回は逆に「30年後の2050年には日...
  4. 高額役員報酬

    高額な役員報酬を支払っている企業は?

    64億円。
  5. 「ポスト安倍」候補の石破茂は自己中なオタク

    様々な問題でガタガタしている安倍内閣ですが、マスコミ各社の4月の世論調査の結果を見る限り、かなり危険...
  6. 日本のはじまり「飛鳥時代」ってどんな時代?

    よく日本人は「自分の国の歴史を知らない変わった民族」と言われていますが、もともと理科系出身の自分もま...
  7. 日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    毎年秋になると、マスコミは「ノーベル賞」の話題で持ち切りになりますが、この「ノーベル賞」って何なのだ...

Ad

人気の記事

  1. 東京一極集中
  2. 新国立競技場
  3. 白人比率の低下
  4. 教育にカネを使わない国ニッポン
  5. 核兵器保有国

ピックアップ記事

  1. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  2. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  3. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  4. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  5. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新し...