武蔵小山温泉 清水湯

こんにちは。

先週は、久々に品川区の「武蔵小山温泉 清水湯」に行ってきました。

ここ「武蔵小山温泉 清水湯」は、3年ほど前から自分のお気に入りの温泉銭湯の1つで、年に5-6回ほど通っています。

お気に入りの理由は・・・、

1.全く違う2種類の天然温泉の湯が楽しめる

2.武蔵小山の街の雰囲気がいい

3.昼(12時)からやっている

この3つです。

この「清水湯」は、東急目黒線の武蔵小山駅から、徒歩で5,6分です。

途中、アーケードのある商店街を抜けていくのですが、この商店街、いつも大勢の人がおり、にぎやか。

清水温泉1.JPG
駅ビルのすぐ前には、アーケード街が。

清水温泉2.JPG
このアーケード街、「Plam(パルム)」と名付けられており、いつもにぎわっています。

アーケード街をぶらぶら歩き、途中で左に折れ、
住宅街の中をしばらく行くと、お目当ての「清水湯」があります。

入り口は、旅館のようなデザインで、なかなか凝っています。

清水温泉3.JPG
2時間無料の駐車場が17台分もあるので、車で来る人もたくさんいます。

清水温泉4.JPG
とても、「銭湯」とは思えない凝った入り口です。

清水温泉5.JPG
門をくぐると、「武蔵小山温泉」の文字が・・・。

ここ「武蔵小山温泉 清水湯」には、
「黒湯温泉」と東京でも珍しい黄土色の太古の「海水温泉」の2種類の泉質の湯があります。

特に、「黄金の湯」と呼ばれる露天の「海水温泉」の方は、深さ1500メートルから湧出している、銭湯初の大深度温泉で、療養泉にも認定されていて、美肌に効果絶大だそうです。
さらに、驚くことに“100パーセント源泉かけ流し”。

ただ、この「海水温泉」、5人ぐらいしか入れず、
平日の昼間でも、“常連さん”でいつも満員
なかなか入ることができないのが欠点です。

もう一つの露天風呂である黒湯の方は、
さらに小さく、3人ぐらいしか入れないのですが、こちらは、比較的空いていることが多いです。

また、ここ「清水湯」は、風呂上がりに休憩するところが殆ど無いのも欠点です。
一応、2Fには6畳ほどの部屋があるのですが・・・、
何もなく寝っ転がるだけ。
ほとんど誰も利用していないと思います。

本当にいいお湯と施設なんですが、13台分もの駐車場があるので、かなり遠いところからグループで来る人も多く、ほんといつも混んでいるのが難点ですね。

  ▶▶▶ 「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)
  ▶▶▶ 都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

Ad

意外な事実

  1. ハーバード大

    大学生の親の所得低迷と求められる高等教育の無償化

    文科省の発表によると,2015年度の私大の平均年間授業料は86万8447円で,過去最高を記録したそう...
  2. 米国防戦略

    米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

    先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国...
  3. 大津高校 サッカー

    大津高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTから残念ながら昨年プリンスリーグに...
  4. ふるさと納税

    ふるさと納税は金持ちのための合法的な脱税では?

    年末にはたくさんのTVCFが流れた「ふるさと納税」。
  5. 経済の長期低迷で日本社会が抱えた大きな問題点

    先日ネットである中国人ジャーナリストのコラムを読んでいると、そのコラムの中で彼は次の...
  6. 道後温泉

    温泉の種類について調べてみました

    今回は、“温泉の種類”について調べてみました。
  7. 国民不在で勝手に進められる日本の原子力政策

    先日、認可法人・使用済燃料再処理機構は、青森県六ケ所村で進めているの原子力発電所から出る使用済み核燃...

Ad

人気の記事

  1. 核兵器保有国
  2. 青森山田
  3. 中国の街の雑踏
  4. 関東第一高校サッカー
  5. 白人比率の低下

ピックアップ記事

  1. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  2. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  3. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新し...
  4. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  5. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...