2020東京オリンピックの全体経費の内訳

2020東京オリンピック

 

2020東京オリンピックとパラリンピック、開催まで3年半。今日も、大会全体の経費「2兆円を切る規模」との報道。マスコミの報道も、その場しのぎのものばかりで、誘致当初の全体像はあやふや。
そこで今回は、日本の招致委員会が誘致の際に、オリンピックの主催団体である国際オリンピック委員会(IOC: International Olympic Committee)に提出した立候補ファイル(書類)を、今一度見直してみました。

大きく2分されるオリンピックの全体経費

様々な細かい規程もあるのですが、「えい,ヤ~」でわかりやすく言うと・・・、

  1. 大会組織委員会予算

    オリンピック大会そのものを円滑に進めるための費用が中心で、その内訳は、
    各競技場の使用料競技の運営費選手村費、医療サービスやセキュリティー費・・・
    などなどで、「日本(東京)でやる以上、変に節約して大会全体の質を落とさないでほしいなぁ。ま、しょうが無いだろうなぁ」と感じる経費です。
    ちなみに、誘致時の書類では、総額3,412億円でした。

    では、その原資は・・・、
    実は観戦チケットによる収入は23%だけ。実は、テレビ放映料も入れると6割(実際はそれ以上でしょう!)が広告代理店が絡む収入です。
    「現在のオリンピック開催は、企業の宣伝のため?」・・・、商業オリンピックと言われるのは、当然ですね。 (^-^;
    ちなみに、最高位であるTOPスポンサーは1業種1社で、東京オリンピックでは、コカコーラやマクドナルド、GE、パナソニック等のグローバル企業がすでに決定しています。

    一方の支出は、競技会場の費用を中心に、人件費やプレス関係施設費用、セキュリティ・・・などなど多岐にわたっています。まあ、世界一の大イベントを運営していくには、裏方さんにいろいろな面でお金もかかりますわなぁ。
    裏を返すと、様々な企業が受注金額(スポンサー契約料)以上に「2020東京オリンピックで採用された◯◯◯」という名誉と信頼獲得できるため、各企業は壮絶な競争を繰り広げるので、大会関係者のまわりは裏金だらけ・・・。
    まあ、これが現実でしょう。

    ■ 大会組織委員会予算:収入

      予算
    (億円)
    構成比
    1.IOC負担金(テレビ放映権) 790 23%
    2.TOPスポンサーシップ 335 10%
    3.ローカルスポンサーシップ 820 24%
    4.オフィシャルサプライヤー 107 3%
    5.チケット売上 773 23%
    6.ライセンシング 139 4%
    7.寄付金 108 3%
    8.その他 339 10%
    合計 3,412 100%

    ■ 大会組織委員会予算:支出

      予算
    (億円)
    構成比
    1.競技会場 768 22%
    2.選手村及びその他の村 185 5%
    3.MPC/IBC 69 2%
    4.その他の非競技会場 46 1%
    5.人件費 239 7%
    6.情報システム 293 9%
    7.輸送 233 7%
    8.セキュリティ 113 3%
    9.管理 233 6%
    10.その他 1233 37%
    合計 3,412 100%

    ※MPCはメインプレスセンター、IBCは国際放送 センターのこと

    2.非大会組織委員会予算

    2020東京オリンピック大会のための競技施設建設整備コスト、及び2020東京オリンピック全体を円滑に進めるための費用が中心で、その内訳は、各競技場の建設整備コストセキュリティ費文化・教育費(?)、・・・
    などなどで、今マスコミで盛んに報道されている、はっきり言って「どうにでもなる費用」の塊です。
    ちなみに、誘致時の書類では、総額1,560億円でした。

    この費用の原資は、98%が「公的資金」と明記されています。

 

この誘致の際に、提出した立候補ファイル(書類)を見る限り、
「2020東京オリンピック」開催の大会全体の経費は上記の1+2、つまり「3,412億円+1,560億円=4,972億円」のようですが・・・。

最近、大会関係者がマスコミに言っている「2兆円を切る規模」って何なの?

誘致時の話の4倍に膨らんでいるじゃん!

しかも、大会組織委員会予算(上記の1)に関しては、収入面を考えると当初予算とほとんど変わっていないと考えられ、
膨らんでいるのは、原資が公的資金である非大会組織委員会予算(上記の2)。

「おいおい、国民から吸い上げた税金を好き勝手にバラマキやがって、いい加減にしろ!
あんたら、政治家と役人のつくった国(=国民)の借金はダントツ世界一で1,000兆円だろ!」

と、言いたくなります。
こう考えると、マスコミでの「東京都、政府、組織 委員会、IOCの4者協議」の報道を見ているとあきれ返ります。

まあ、何か2チャンネルぽくなってきたので、このへんで終わりにしますが、
皆さんは、「この適当さ!」どう思います。

 →→→ 「2020年東京オリンピック」関連記事

▶▶▶ 30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 日本社会の本当の最重要課題は「少子化」対策では?
▶▶▶ ここ50年で日本の一人当たり国民総所得(名目GNI)はどう変わった?
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の変化?
▶▶▶ トランプ大統領の公約と現在の実現状況は?


Ad

意外な事実

  1. 日本旅行を希望する中国人のその意識は?

    一時の団体客による爆買いがおさまりまりやや目立たなくなった中国人観光客ですが、いまだ...
  2. 世界大学ランキング2020年

    先日、イギリスの高等教育専門誌「THE(Times Higher Education)」から2020...
  3. 横浜

    首都圏で住みたい街はどこ?

    リクルート住まいカンパニーが、2018年1月に関東圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居...
  4. 外国人の住民が多い東京の区は?

    以前、日本国内に在留(住んでいる)している外国人の数を調べてみましたが、今回はその第2弾として、その...
  5. ヒットラー

    えっ、ドイツに大統領っていたの?

    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  6. 激甚災害

    激甚災害って何?

    最近、TVや新聞で度々目にすることが多くなった「激甚災害指定」という言葉ですが、いったい「激甚災害」...
  7. 所得2極化

    所得の二極化が進み中間層が崩壊

    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...

Ad

人気の記事

  1. 2025年問題
  2. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦
  3. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  2. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  3. 現在、日本は中国、アメリカ、インドに次いで世界第4位のエネルギー消費国になっています。
  4. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  5. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。