2020東京オリンピックの全体経費の内訳

2020東京オリンピック

 

2020東京オリンピックとパラリンピック、開催まで3年半。今日も、大会全体の経費「2兆円を切る規模」との報道。マスコミの報道も、その場しのぎのものばかりで、誘致当初の全体像はあやふや。
そこで今回は、日本の招致委員会が誘致の際に、オリンピックの主催団体である国際オリンピック委員会(IOC: International Olympic Committee)に提出した立候補ファイル(書類)を、今一度見直してみました。

大きく2分されるオリンピックの全体経費

様々な細かい規程もあるのですが、「えい,ヤ~」でわかりやすく言うと・・・、

  1. 大会組織委員会予算

    オリンピック大会そのものを円滑に進めるための費用が中心で、その内訳は、
    各競技場の使用料競技の運営費選手村費、医療サービスやセキュリティー費・・・
    などなどで、「日本(東京)でやる以上、変に節約して大会全体の質を落とさないでほしいなぁ。ま、しょうが無いだろうなぁ」と感じる経費です。
    ちなみに、誘致時の書類では、総額3,412億円でした。

    では、その原資は・・・、
    実は観戦チケットによる収入は23%だけ。実は、テレビ放映料も入れると6割(実際はそれ以上でしょう!)が広告代理店が絡む収入です。
    「現在のオリンピック開催は、企業の宣伝のため?」・・・、商業オリンピックと言われるのは、当然ですね。 (^-^;
    ちなみに、最高位であるTOPスポンサーは1業種1社で、東京オリンピックでは、コカコーラやマクドナルド、GE、パナソニック等のグローバル企業がすでに決定しています。

    一方の支出は、競技会場の費用を中心に、人件費やプレス関係施設費用、セキュリティ・・・などなど多岐にわたっています。まあ、世界一の大イベントを運営していくには、裏方さんにいろいろな面でお金もかかりますわなぁ。
    裏を返すと、様々な企業が受注金額(スポンサー契約料)以上に「2020東京オリンピックで採用された◯◯◯」という名誉と信頼獲得できるため、各企業は壮絶な競争を繰り広げるので、大会関係者のまわりは裏金だらけ・・・。
    まあ、これが現実でしょう。

    ■ 大会組織委員会予算:収入

      予算(億円) 構成比
    1.IOC負担金(テレビ放映権) 790 23%
    2.TOPスポンサーシップ 335 10%
    3.ローカルスポンサーシップ 820 24%
    4.オフィシャルサプライヤー 107 3%
    5.チケット売上 773 23%
    6.ライセンシング 139 4%
    7.寄付金 108 3%
    8.その他 339 10%
    合計 3,412 100%

    ■ 大会組織委員会予算:支出

      予算(億円) 構成比
    1.競技会場 768 22%
    2.選手村及びその他の村 185 5%
    3.MPC/IBC 69 2%
    4.その他の非競技会場 46 1%
    5.人件費 239 7%
    6.情報システム 293 9%
    7.輸送 233 7%
    8.セキュリティ 113 3%
    9.管理 233 6%
    10.その他 1233 37%
    合計 3,412 100%

    ※MPCはメインプレスセンター、IBCは国際放送 センターのこと

    2.非大会組織委員会予算

    2020東京オリンピック大会のための競技施設建設整備コスト、及び2020東京オリンピック全体を円滑に進めるための費用が中心で、その内訳は、各競技場の建設整備コストセキュリティ費文化・教育費(?)、・・・
    などなどで、今マスコミで盛んに報道されている、はっきり言って「どうにでもなる費用」の塊です。
    ちなみに、誘致時の書類では、総額1,560億円でした。

    この費用の原資は、98%が「公的資金」と明記されています。

 

この誘致の際に、提出した立候補ファイル(書類)を見る限り、
「2020東京オリンピック」開催の大会全体の経費は上記の1+2、つまり「3,412億円+1,560億円=4,972億円」のようですが・・・。

最近、大会関係者がマスコミに言っている「2兆円を切る規模」って何なの?

誘致時の話の4倍に膨らんでいるじゃん!

しかも、大会組織委員会予算(上記の1)に関しては、収入面を考えると当初予算とほとんど変わっていないと考えられ、
膨らんでいるのは、原資が公的資金である非大会組織委員会予算(上記の2)。

「おいおい、国民から吸い上げた税金を好き勝手にバラマキやがって、いい加減にしろ!
あんたら、政治家と役人のつくった国(=国民)の借金はダントツ世界一で1,000兆円だろ!」

と、言いたくなります。
こう考えると、マスコミでの「東京都、政府、組織 委員会、IOCの4者協議」の報道を見ているとあきれ返ります。

まあ、何か2チャンネルぽくなってきたので、このへんで終わりにしますが、
皆さんは、「この適当さ!」どう思います。

  ▶▶▶ 2020年東京オリンピックの経済波及効果
  ▶▶▶ 東京オリンピックに向け、タトゥーの人も温泉入浴OKへ?
  ▶▶▶ 2020東京オリンピックは失敗に終わる?
  ▶▶▶ 東京オリンピックで新設する都立競技施設6つ
  ▶▶▶ 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

Ad

意外な事実

  1. チーズの生産量

    チーズの生産量日本一はなぜか神奈川県!?

    みなさんは、「チーズの生産量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?きっと多くの人は、...
  2. チェルノブイリ事故で脱原発を決意したイタリア国民

    みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  3. ゴールデンエイジ

    運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...
  4. 教育にカネを使わない国ニッポン

    奨学金制度や大学の授業料無償化などの教育分野にカネを使わない日本

    今年も本格的な受験シーズンが始まりましたねぇ。
  5. 米国防戦略

    米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

    先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国...
  6. 大学

    短大や専門学校の鞍替えで4年制大学の数は急増

    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  7. 著名スポーツ選手に多い血液型はB型

    日本人のABO式血液型の分布は大まかに、A型が40%、B型が20%、O型が30%、AB型が10%です...

Ad

人気の記事

  1. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦
  2. 中国北京の砂漠化
  3. 2000年の日本の人口ピラミッド
  4. 2025年問題

ピックアップ記事

  1. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  2. IT専門調査会社として世界的に有名なIDCによれば、2017年の世界のスマートフォン...
  3. みなさんは、「療養泉」って、聞いたことありますか?漢字を見れば想像できるように・...
  4. 訪問日:2014年8月19日こんばんは。
  5. 以前、日本国内に在留(住んでいる)している外国人の数を調べてみましたが、今回はその第2弾として、その...