2020東京オリンピックの全体経費の内訳

2020東京オリンピック

 

2020東京オリンピックとパラリンピック、開催まで3年半。今日も、大会全体の経費「2兆円を切る規模」との報道。マスコミの報道も、その場しのぎのものばかりで、誘致当初の全体像はあやふや。
そこで今回は、日本の招致委員会が誘致の際に、オリンピックの主催団体である国際オリンピック委員会(IOC: International Olympic Committee)に提出した立候補ファイル(書類)を、今一度見直してみました。

大きく2分されるオリンピックの全体経費

様々な細かい規程もあるのですが、「えい,ヤ~」でわかりやすく言うと・・・、

  1. 大会組織委員会予算

    オリンピック大会そのものを円滑に進めるための費用が中心で、その内訳は、
    各競技場の使用料競技の運営費選手村費、医療サービスやセキュリティー費・・・
    などなどで、「日本(東京)でやる以上、変に節約して大会全体の質を落とさないでほしいなぁ。ま、しょうが無いだろうなぁ」と感じる経費です。
    ちなみに、誘致時の書類では、総額3,412億円でした。

    では、その原資は・・・、
    実は観戦チケットによる収入は23%だけ。実は、テレビ放映料も入れると6割(実際はそれ以上でしょう!)が広告代理店が絡む収入です。
    「現在のオリンピック開催は、企業の宣伝のため?」・・・、商業オリンピックと言われるのは、当然ですね。 (^-^;
    ちなみに、最高位であるTOPスポンサーは1業種1社で、東京オリンピックでは、コカコーラやマクドナルド、GE、パナソニック等のグローバル企業がすでに決定しています。

    一方の支出は、競技会場の費用を中心に、人件費やプレス関係施設費用、セキュリティ・・・などなど多岐にわたっています。まあ、世界一の大イベントを運営していくには、裏方さんにいろいろな面でお金もかかりますわなぁ。
    裏を返すと、様々な企業が受注金額(スポンサー契約料)以上に「2020東京オリンピックで採用された◯◯◯」という名誉と信頼獲得できるため、各企業は壮絶な競争を繰り広げるので、大会関係者のまわりは裏金だらけ・・・。
    まあ、これが現実でしょう。

    ■ 大会組織委員会予算:収入

      予算(億円) 構成比
    1.IOC負担金(テレビ放映権) 790 23%
    2.TOPスポンサーシップ 335 10%
    3.ローカルスポンサーシップ 820 24%
    4.オフィシャルサプライヤー 107 3%
    5.チケット売上 773 23%
    6.ライセンシング 139 4%
    7.寄付金 108 3%
    8.その他 339 10%
    合計 3,412 100%

    ■ 大会組織委員会予算:支出

      予算(億円) 構成比
    1.競技会場 768 22%
    2.選手村及びその他の村 185 5%
    3.MPC/IBC 69 2%
    4.その他の非競技会場 46 1%
    5.人件費 239 7%
    6.情報システム 293 9%
    7.輸送 233 7%
    8.セキュリティ 113 3%
    9.管理 233 6%
    10.その他 1233 37%
    合計 3,412 100%

    ※MPCはメインプレスセンター、IBCは国際放送 センターのこと

    2.非大会組織委員会予算

    2020東京オリンピック大会のための競技施設建設整備コスト、及び2020東京オリンピック全体を円滑に進めるための費用が中心で、その内訳は、各競技場の建設整備コストセキュリティ費文化・教育費(?)、・・・
    などなどで、今マスコミで盛んに報道されている、はっきり言って「どうにでもなる費用」の塊です。
    ちなみに、誘致時の書類では、総額1,560億円でした。

    この費用の原資は、98%が「公的資金」と明記されています。

 

この誘致の際に、提出した立候補ファイル(書類)を見る限り、
「2020東京オリンピック」開催の大会全体の経費は上記の1+2、つまり「3,412億円+1,560億円=4,972億円」のようですが・・・。

最近、大会関係者がマスコミに言っている「2兆円を切る規模」って何なの?

誘致時の話の4倍に膨らんでいるじゃん!

しかも、大会組織委員会予算(上記の1)に関しては、収入面を考えると当初予算とほとんど変わっていないと考えられ、
膨らんでいるのは、原資が公的資金である非大会組織委員会予算(上記の2)。

「おいおい、国民から吸い上げた税金を好き勝手にバラマキやがって、いい加減にしろ!
あんたら、政治家と役人のつくった国(=国民)の借金はダントツ世界一で1,000兆円だろ!」

と、言いたくなります。
こう考えると、マスコミでの「東京都、政府、組織 委員会、IOCの4者協議」の報道を見ているとあきれ返ります。

まあ、何か2チャンネルぽくなってきたので、このへんで終わりにしますが、
皆さんは、「この適当さ!」どう思います。

   ▶▶▶ 2020年東京オリンピックの経済波及効果
   ▶▶▶ 東京オリンピックに向け、タトゥーの人も温泉入浴OKへ?

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 日本の経済成長率の推移

    よくTVや新聞を見ていると国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というもの...
  2. スイーツ男子を生んだコンビニスイーツ

    コンビニスイーツの登場で手軽においしいスイーツが食べられるようになり、私たちの生活に...
  3. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  4. 動き出していたリニア中央新幹線

    出典)山梨県立リニア見学センターHP 子供の頃「時速500km/hで走行する夢の超特急...
  5. キャビンアテンダント

    キャビンアテンダント(客室乗務員)の出身大学は?

    今も昔も女性の花形職業の一つで、かってはスチュワーデスと呼ばれた、キャビンアテンダント=CA(客室乗...
  6. 北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

    時が経つのは早いもので、マレーシアのクアラルンプールで、金正男氏が毒殺されてから、半...
  7. 2020東京オリンピック

    2020東京オリンピックの全体経費の内訳

    2020東京オリンピックとパラリンピック、開催まで3年半。

Ad

人気の記事

  1. 都議会議員
  2. 2020東京オリンピック
  3. 国会議員の給与2
  4. 2000年の日本の人口ピラミッド

ピックアップ記事

  1. 最近、受動喫煙の関係から、街なかでゆっくりと座ってタバコを吸える場所がどんどん少なく...
  2. そろそろお盆が近づいてきましたが、お休みは取れそうですか? 今回は資料JPが実施した「お盆休みに...
  3. 最近の東京は「熱中症厳重注意」が毎日のように続いています。
  4. まだ7月の初旬、梅雨も明けていないのに毎日毎日鬼のような猛暑が続きますね。
  5. 最近はTVのワイドショーでもちょくちょく耳にするようになったFacebook、Lin...