板橋区 前野原温泉 さやの湯処

訪問日:2014年8月19日

こんばんは。

昨日は、板橋区にある“前野原温泉 さやの湯処”に行ってきました。

ここの温泉は、良質な泉質の“源泉かけ流し”で評判高かったので、
以前から行ってみたかったのですが・・・、
自宅からだと、片道約1時間半と非常に遠いので、先送りにしていました。
ただ、昨日は1日時間が取れたので、腹をくくり行ってきました。

前野原温泉 さやの湯処1.JPG
東京に暮らしてから30年以上になりますが、今回初めて降りた「志村坂上駅」。「どんなところだろう?」と期待しながら地上に出ると・・・、何もありませんでした。

前野原温泉 さやの湯処2.JPG
「前野原温泉 さやの湯処」に向かう途中にあった「見次公園」。ボート遊びや釣りのできる自然の池があり、なかなか良いところでした。

お目当ての「前野原温泉 さやの湯処」は、都営三田線志村坂上駅から、徒歩で6-7分、
「イズミヤ」の入ったショピングセンターの真ん前で、なかなか、便利な所にありました。

外観は、超純和風。建物の前の駐車場にはたくさんの車が止まっていましたが、
車より、“馬”が似合いそうな雰囲気です。

前野原温泉 さやの湯処3.JPG
純和風の洒落た建物。平日の昼間というのに駐車場には車がいっぱい。
やはり、人気なんですねぇ。

さやの湯4.JPG
入口は・・・、見事な純和風。

建物の中に入ると・・・、これまた、見事な純和風建築。
入館後、一服して、早速お風呂の方へ。

ここの源泉湯は、都内では非常に珍しいうぐいす色のにごり湯
PH7.6の弱アルカリ性、塩分濃度の高いナトリウム塩化物強塩温泉だそうです。
舐めてみると・・・、かなり塩っぱい。 (^-^;

ちなみに、「源泉かけ流し」の湯船の横の看板には、
高張性温泉の為、湯あたりに注意」と書かれていました。
 ※簡単に言うと、「高張性温泉」=「濃い温泉」で、温泉成分が体に浸透しやすいそうです

ただ、この「源泉かけ流し」以外の他の湯船の湯は、加水でほどよく薄められており、
お湯の色は琥珀色で、ちょうどいい感じでした! (*^.^*)

また、露天風呂の横にある、身をかがめて入る小さな入口の薬草蒸風炉は、
サウナ特有の息苦しさが無く、なかなか快適でした。

その他にも、壺湯や寝湯、ジェットバス・・・、など快適な湯船がいっぱいでした。

湯上り後の休憩スペースも、畳敷きの「うたた寝処」などがあり、
830円の料金にしては最高レベルでした。
特にお薦めなのは、日本庭園を眺めながらくつろげる大きな縁側。
気持ちいいですよ。

また、お食事処も、ゆったりした和風空間で最高!

ここ「前野原温泉 さやの湯処」は、評判通り、
湯、湯船も、そして湯上り後の空間も、最高クラスです。
しかも、安い!

前野原温泉 さやの湯処5.JPG
本館と食事処の間にある日本庭園。春や秋に、もう一度見たいですねぇ。

前野原温泉 さやの湯処6.JPG
日本庭園の前にある縁側。湯冷まし、ピッタリ!

実は、ここ「前野原温泉 さやの湯処」は、
「癒し」をテーマに徹底してつくりこまれた湯どころらしく、
施設の名も、豊かな湧水地であった昔にちなんだもので、
清(さや)なる湯、さやの湯処と名づけられたそうです。

また施設の一部は、日本の古民家再生の第一人者降幡廣信氏の手で、
昭和21年建造の古民家を再生したそうです。

いや~、身も心も癒された最高の一日でした。

→→→ 「前野原温泉 さやの湯処」のHPはこちら

関連記事

意外な事実

  1. 2017.5.19

    北朝鮮の保有する弾道ミサイルの種類は?

    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  2. 2017.5.16

    米国大統領(政権)が起こした大スキャンダルの内容とその結末

     現在、FBIがトランプ氏周辺とロシアとの不透明な関係を調べている最中なのに、先日突...
  3. 2017.5.15

    国会議員(衆議院議員)の平均年齢は?

    テレビのニュースで国会中継を見ていると、いつも後ろの方の席に座っている議員は寝ている...
  4. 2017.5.12

    大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?

    昨日、テレビで自民党の派閥再編のニュースを見ていた時、「麻生太郎さんや石破茂さんのよ...
  5. 2017.5.10

    動き出していたリニア中央新幹線

    出典)山梨県立リニア見学センターHP 子供の頃「時速500km/hで走行する夢の超特急...
  6. 2017.5.9

    2070年のインドの人口は脅威の23.0億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  7. 2017.5.8

    急増している世界のイスラム教徒

    テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒。
  8. 2017.3.8

    中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

    前回に引き続き今回も、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人...
  9. 2017.3.6

    中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
  10. 2017.3.1

    北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

    時が経つのは早いもので、マレーシアのクアラルンプールで、金正男氏が毒殺されてから、半...

人気の記事

  1. みなさんは、“黒湯温泉”というものを聞いたことがありますか?この黒湯、泉質的には...
  2. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。
  3. 世界中が「ビッククリ」し、おお騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  4. 最近、富山市での政務活動費の不正取得問題等、何かと世間を騒がせている地方議員。
  5. みなさんは、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)という目の病気をご存知でしょうか。

ピックアップ記事

  1. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の平塚市。自分の小中高時代は、ほとんど東京とは関係ない世界。
  2. 最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  3. 先週末から、娘がインフルエンザにかかり、1週間ほど家で寝込んでいました。
  4. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  5. 2000年の日本の人口ピラミッド
    来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70...