バクロフェン製剤(リオレサール)という薬

 

自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新しい薬を飲み始めました。

ただこの薬、非常に強いようで、飲用を始めてからすぐに体がだるくて朝起きれなくなり、毎日12時間以上ただベットの上にいてうつらうつらしているような状態になってしまいました。

そこで今回は、このバクロフェン(リオレサール)という薬について調べてみました。

 

バクロフェン(リオレサール)は脳内で働く薬

このバクロフェン(リオレサール)は、中枢性筋弛緩薬(きんしかんやく)の一種で、脳から筋肉への筋肉緊張の伝達を抑え筋弛緩作用をあらわし、痛みやしびれ感などを緩和する薬だそうです。
・・・なんか難しい表現でよくわからないので、例を使いながら簡単に説明します。

人は、まず脳から「二の腕に力こぶを作れ」という命令を出し、それが脊髄を通り腕に伝わると、肘を曲げ上腕二頭筋にぎゅっと力を入れ「力こぶ」を作ります。この脳からの「筋肉への縮めろ」という命令が腕に伝わらないように脳内で遮断してしまうのです。

自分のように筋肉の過緊張が非常に強い片麻痺の場合、無意識のうちに脳から特定の筋肉に対して縮むように命令が出てしまいます。そのため自分の意志とは関係なく、腕が突然曲がったり、足の筋肉が突然つっぱったまま動かなくなったりします。
そこで、このような間違った命令が脳から外に出ないようにする働きをする薬がこのバクロフェン(リオレサール)です。

通常、自分のような脳血管障害、脳性(小児)麻痺、外傷後遺症などによる痙性(けいせい)麻痺の治療に用いられろそうです。

非常に強い薬で副作用もたくさん!

医師からもらったバクロフェン(リオレサール)の案内を見ると、主な副作用として・・・

  1. ねむけ、めまい、ふらつき、頭痛、頭重感、倦怠感(けんたいかん)、意識障害、運動失調(複雑な動作や作業ができない)
  2. かすみ目、吐き気・嘔吐(おうと)、胸やけ、胃のもたれ、下痢、便秘、腹痛
  3. 食欲不振、口やのどの渇き
  4. まれに胸内苦悶(きょうないくもん)(胸が苦しい)、呼吸障害のほか、かゆみ、足の脱力感、排尿障害

さらに、使用上の注意には・・・、

ねむけ、注意力・集中力・反射運動の低下などがおこることがあります。使用中は自動車の運転、高い場所での作業などの危険を伴うことはしないでください。

と、書かれています。

自分の場合、このバクロフェン(リオレサール)を飲み始めて1か月の間、「ねむけ、頭重感、倦怠感」が非常に強く、結局1日中ほとんど何もできない日々でした。

医師の話では、自分のような副作用がある人もかなり多いとのこと。こんな薬を飲用していたら、とてもじゃないけど人間的な活動は不可能です。
ということで、医師に服用を止めてもらいました。 ただ服用をやめるとしばらくの間は、幻聴や幻覚に悩まされる人もいるそうです。
本当に、厄介な薬です。

実は、今回いろいろと調べてる際に、この薬がネット上で個人輸入薬として1000円程度で売っているサイトをいくつも見つけました。 あるサイトでは、自分のような障害者ではなく、ごく一般の人を対象に、「重度の肩こりや偏頭痛に効く」と薦めていました。

つまり、医者の処方なくても、誰でも簡単にこんな強い「くすり」が手に入り、しかも「自己責任」で飲用しているのです。

みなさん、恐ろしいと思いませんか?

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. 子育てママの飲酒状況は?

    女性の社会進出に伴い、女性がお酒を日常的に楽しむシーンが増えてきましたね。
  2. 水道事業の民営化

    安倍政権が進めている水道事業の民営化で水道料金が大幅アップ

    安倍政権下、昨年2017年3月に水道法の「改正」が閣議決定され、民間事業者が参入しやすいように改正さ...
  3. 市立船橋

    市立船橋高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している市立船橋高校サッカー...
  4. 安倍総理の外遊

    安倍総理の外遊は税金の無駄遣いでは?

    安倍総理は、また外遊しているようです。
  5. 駒澤大学体育会サッカー部

    駒澤大学体育会サッカー部の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグに属し、1931年に創部され90年近い歴...
  6. はとバス

    今人気のおすすめ日帰り温泉バスツアー

    外国人観光客の増加とともに人気が高まっている「日帰りバスツアー」ですが、今回は日帰り...
  7. オリンピック施設

    東京オリンピックで新設する都立競技施設6つ

    2年後に迫ってきた2020年東京オリンピックですが、新設する競技施設の工事も本格化しているようです。

Ad

人気の記事

  1. 米国大統領のスキャンダル
  2. 高齢ドライバー事故
  3. 世界の人口ピラミッド_
  4. 2020東京オリンピック

ピックアップ記事

  1. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  2. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  3. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  4. 子供の運動神経
    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  5. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...