横浜市青葉区 すすき野 湯けむりの里

 

こんにちは。

最近、自分の足の調子が悪いため、温泉めぐりを控えていましたが、
一昨日、久々に横浜市青葉区にある“すすき野 湯けむりの里”に行ってきました。

この「すすき野 湯けむりの里」は、徒歩圏内に駅はなく、
車か当施設専用の「送迎ワゴン」を利用するしかありません。

ただ、送迎ワゴンは、東急田園都市線あざみ野駅から1時間に2本出ており、かなり便利でした。


初めて降りた「あざみ野」駅。こじんまりしていますが、なかなかいい雰囲気でした。


送迎ワゴンは、8人乗りでゆったりしています。ただ、平日の昼間でも、
お客さんが7人もおり、土日はこのサイズでは乗り切れないのでは・・・。

駅前から、送迎ワゴンでかなり急な坂道を登り、約10分。
お目当ての「すすき野 湯けむりの里」は、
緑あふれる公園とマンションの間にありました。


建物の直ぐ横は、マンション。非常に窓が少なく、工場のような建物でした。


平日の昼間なのに車がいっぱいでした。

1Fは駐車場で、フロントや各種温泉施設は、全て2F。
なんか、「狭そう」ないや~な予感。


1Fの玄関と2Fの施設をつなぐ階段。スッキリしているというよりは、殺風景。

”Fにあるフロントを通り、中に入っていくと・・・、
予想通り、せ・ま・い。

散髪、マッサージ処、ゲームコーナー、お休み処・・・・、
いろいろな施設がごちゃごちゃと・・・。

入館料が、620円と非常に安いためでしょうか、
館内には「様々な商業施設」が。
“ゆったりくつろぐ”ような雰囲気は、まったくゼロ!


ピコピコうるさいので、自分が大っ嫌いなゲームコーナーまでもが!


脱衣所は、極普通でした。

肝心のお風呂の方ですが・・・、

ここ「すすき野 湯けむりの里」は、天然温泉ではなく、全て人工温泉

はっきり言って、高濃度炭酸泉以外は、
最初から期待していませんでしたが・・・、あまりにもヒドすぎました。

まず、どの湯船も「せ・ま・い!」。
3-4人も入ると、手足を伸ばしきれないような状況です。

露天風呂には2時間おきに、従業員が入浴剤を投入しに来る為、
温泉気分が吹っ飛ぶ!

さらに、自分にとって最悪だったのは・・・、
湯船に出入りするための、手すりがない!
ついでに、露天風呂は3F。石の階段を登らなければ行けない。

唯一救いだったのは、高濃度炭酸泉が「まあまあ」だったこと。

こちらの方は、やや温度が高めでしたが、
いかにも「炭酸泉」という感じでした。

ただ、壁にやや大げさに、
「うちの炭酸泉は他と違い本物!」と謳っているのが気になりました。

というのも、自分がこれまでいろいろ入ってきた高濃度炭酸泉は、
どこも、ここと同じように1,000mg/Lの二酸化炭素が入ったもの。

ここのが、「特別」という誤解を与えるような表記は・・・。

 

典型的な「安かれ、悪かれ!」でした。 (;ω;)
まあ、とにかく自分は、ここにはもう二度と来ないでしょう!

  ▶▶▶ 東京名物“黒湯温泉”ってご存じですか?
  ▶▶▶ 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ “岩盤浴”ってどんな効果があるの?

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 夏休みの宿題どうしてました?

    お盆も過ぎ夏休みも後半戦になりました。
  2. 信用できる健康に関する情報源は?

    最近は、健康とか病気をテーマにしたTV番組がたくさん放映されています。
  3. 日本代表U16メンバー表(2017年招集選手)

    【GK】小久保 玲央ブライアン 2001.01.23、188cm/74kg、柏レイソルU-1...
  4. 温泉の種類について調べてみました

    今回は、“温泉の種類”について調べてみました。
  5. 高円宮杯U18やプレミアリーグ昇格戦ってなに?

    サッカーにそれほど詳しくない人でも、この時期になると「高円宮杯U18」という言葉をよく耳にすると思い...
  6. チェルノブイリ事故で脱原発を決意したイタリア国民

    みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  7. フランスの大統領の任期中の解任はできない?

    就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。

Ad

人気の記事

ピックアップ記事

  1. まだ7月の初旬、梅雨も明けていないのに毎日毎日鬼のような猛暑が続きますね。
  2. 毎日暑い日が続きますが、今年も恒例の「土用の丑の日」が近づいてきました。
  3. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  4. 最近テレビや新聞では、日本各地で「空き家の急増」が社会問題化していると報じています。
  5. もうすぐ妻の誕生日。毎年何を贈ろうか迷っています。