横浜市青葉区 すすき野 湯けむりの里

 

こんにちは。

最近、自分の足の調子が悪いため、温泉めぐりを控えていましたが、
一昨日、久々に横浜市青葉区にある“すすき野 湯けむりの里”に行ってきました。

この「すすき野 湯けむりの里」は、徒歩圏内に駅はなく、
車か当施設専用の「送迎ワゴン」を利用するしかありません。

ただ、送迎ワゴンは、東急田園都市線あざみ野駅から1時間に2本出ており、かなり便利でした。


初めて降りた「あざみ野」駅。こじんまりしていますが、なかなかいい雰囲気でした。


送迎ワゴンは、8人乗りでゆったりしています。ただ、平日の昼間でも、
お客さんが7人もおり、土日はこのサイズでは乗り切れないのでは・・・。

駅前から、送迎ワゴンでかなり急な坂道を登り、約10分。
お目当ての「すすき野 湯けむりの里」は、
緑あふれる公園とマンションの間にありました。


建物の直ぐ横は、マンション。非常に窓が少なく、工場のような建物でした。


平日の昼間なのに車がいっぱいでした。

1Fは駐車場で、フロントや各種温泉施設は、全て2F。
なんか、「狭そう」ないや~な予感。


1Fの玄関と2Fの施設をつなぐ階段。スッキリしているというよりは、殺風景。

”Fにあるフロントを通り、中に入っていくと・・・、
予想通り、せ・ま・い。

散髪、マッサージ処、ゲームコーナー、お休み処・・・・、
いろいろな施設がごちゃごちゃと・・・。

入館料が、620円と非常に安いためでしょうか、
館内には「様々な商業施設」が。
“ゆったりくつろぐ”ような雰囲気は、まったくゼロ!


ピコピコうるさいので、自分が大っ嫌いなゲームコーナーまでもが!


脱衣所は、極普通でした。

肝心のお風呂の方ですが・・・、

ここ「すすき野 湯けむりの里」は、天然温泉ではなく、全て人工温泉

はっきり言って、高濃度炭酸泉以外は、
最初から期待していませんでしたが・・・、あまりにもヒドすぎました。

まず、どの湯船も「せ・ま・い!」。
3-4人も入ると、手足を伸ばしきれないような状況です。

露天風呂には2時間おきに、従業員が入浴剤を投入しに来る為、
温泉気分が吹っ飛ぶ!

さらに、自分にとって最悪だったのは・・・、
湯船に出入りするための、手すりがない!
ついでに、露天風呂は3F。石の階段を登らなければ行けない。

唯一救いだったのは、高濃度炭酸泉が「まあまあ」だったこと。

こちらの方は、やや温度が高めでしたが、
いかにも「炭酸泉」という感じでした。

ただ、壁にやや大げさに、
「うちの炭酸泉は他と違い本物!」と謳っているのが気になりました。

というのも、自分がこれまでいろいろ入ってきた高濃度炭酸泉は、
どこも、ここと同じように1,000mg/Lの二酸化炭素が入ったもの。

ここのが、「特別」という誤解を与えるような表記は・・・。

 

典型的な「安かれ、悪かれ!」でした。 (;ω;)
まあ、とにかく自分は、ここにはもう二度と来ないでしょう!

  ▶▶▶ 「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)
  ▶▶▶ 都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

Ad

意外な事実

  1. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  2. 石破茂1

    次期自民党総裁候補の石破茂は自己中なオタク

    様々な問題でガタガタしている安倍内閣ですが、マスコミ各社の4月の世論調査の結果を見る限り、かなり危険...
  3. 中国共産党

    中国共産党員、膨れ上がったその数

    自分が初めて中国(上海)に行ったのは、30年前の1987年。
  4. 政治家や公務員の高すぎる給料と一般庶民の低すぎる給料

    優良上場企業サラリーマンよく「海外の先進国比べ、日本人の所得は低すぎる」、また逆に「海外の先進国...
  5. 男性専用車両は受容される?

    最近、「男性専用車両」の導入希望の声がニュースで取り上げられていたり、「痴漢冤罪保険」が誕生したりと...
  6. イスラム教徒数とキリスト教徒数が接近中

    テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒。
  7. 大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?

    昨日、テレビで自民党の派閥再編のニュースを見ていた時、「麻生太郎さんや石破茂さんのよ...

Ad

人気の記事

  1. 都議会議員
  2. 市立船橋
  3. オリンピックの経済波及効果
  4. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災
    早いもので東日本大震災から6年半。この地震により人生を変えられてしまった方も大勢いると思います。
  2. いつの季節も、TVのワイドショーや女性週刊誌をにぎあわせる芸能人の不倫ネタですが、今...
  3. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  4. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  5. 世間でよく言われる「日本三名城」は、名古屋城、大阪城、熊本城です。