身体に良い療養泉

 

みなさんは、「療養泉」って、聞いたことありますか?

漢字を見れば想像できるように・・・、
「鉱泉」の中でも、特に医療的な効果が期待でき、治療目的に利用される鉱泉を、「療養泉」と呼ぶそうです。

驚くのは、その基準を政府機関である「環境省」が、「鉱泉分析法指針」というもので定義しているのです。
・・・医学関係の管轄官庁である厚労省でないところが眉唾ものなんですが・・・。(^-^;

 

では、その環境省の「療養泉」の定義はというと・・・、

泉温の温度が摂氏25度以上、または、次の8種類の成分のいずれかが、規定量(1kg中)以上に含まれること。

●水素イオン(H+) : 1mg
●銅イオン(Cu2+) : 1mg
●遊離二酸化炭素 : 1000mg
●総鉄イオン(Fe2++、Fe3+) : 20mg
●アルミニウムイオン(Al3+) : 100mg
●溶存物質の総量(ガス性のものを除く) : 1000mg
●総硫黄(HS-、H2S、S2O3–に対応するもの) : 2mg
●ラドン(Rd) 111Bq
  (Bq=100億分の1キュリー単位)以上(8.25マッヘ単位以上)

だそうです。

また、上の基準を満たし、「療養泉」として認められると、都道府県知事の判断を得て、「適応症」の掲示もできるそうです。

なお、「療養泉」はその成分の違いにより、以下の9種類の「泉質」に分類されるそうです。

〔療養泉の分類〕

二酸化炭素泉 (炭酸泉)

炭酸ガスの小気泡が肌につく泡の湯。湯船は炭酸ガスを逃げにくくするために低温に保たれているが、その保温効果は高い。

◯高血圧症、動脈硬化症、運動まひ、筋・関節痛打撲、切り傷、冷え性、更年期障害、不妊症や慢性消化器疾患、慢性便秘症によい。
×下痢のときは飲泉を禁ずる。

炭酸水素塩泉 (重曹泉・重炭酸土類泉)

肌がなめらかになると同時に、入浴後に清涼感があるため“冷の湯”とも呼ばれている。

◯通風、糖尿病、肝疾患、胆石、慢性胆のう炎、慢性消化器疾患、筋・関節痛打撲、切り傷、慢性皮膚疾患など。
×高血圧症、腎疾患は重曹泉の飲泉は控えること。

塩化物泉 (食塩泉)

高齢者向きでよく温まる熱の湯。

◯筋肉・関節痛、打撲、ねんざ、冷え性、慢性婦人疾患、月経障害、不妊症、病後回復、貧血症、慢性消化器疾患、慢性便秘症によい。
×高血圧症、腎疾患、心疾患、むくみなどは飲泉を控えること。

硫酸塩泉 (石膏泉・芒硝泉・苦味泉)

血管を広げて、血液の流れをよくするため、動脈硬化症の予防になる。また、切り傷によいとも言われている。別名「中風の湯」とも呼ばれている。

◯石膏泉は高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、慢性皮膚疾患、打撲、ねんざ、筋・関節痛によい。
◯芒硝泉は高血圧症、動脈硬化症、外傷、胆石、便秘症、糖尿病、痛風によい
◯苦味泉は石膏泉、芒硝泉と同じ

鉄泉(含鉄・銅線)

湧き出したときは無色透明だが、空気に触れると酸化して褐色になる。
(=褐色に濁った温泉水は効力が落ちている)

◯貧血症、慢性消化器疾患、痔、月経困難症、筋・関節痛、更年期障害、慢性皮膚疾患によい。
×強酸性の鉄泉は乾燥肌の人には不向き

硫黄泉 (硫化水素泉)

○火山地帯によくある硫化水素ガスのにおいが特有。刺激が強い泉質で、換気の悪い浴室では中毒を起こすので注意。

◯高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚疾患、慢性婦人疾患、筋・関節痛、痔、慢性消化器疾患、糖尿病、便秘症、痛風によい。
×乾燥肌の人には向かない。

酸性泉 (明ばん泉)

肌にしみる強い刺激がある。肌の弱い人は入浴後淡水で流すこと。

◯慢性皮膚疾患、慢性婦人疾患、月経障害、筋・関節痛、糖尿病、貧血、消化器疾患によい。
×高齢者で乾燥肌の人には向かない。

放射能泉

尿酸を尿から出す作用があるので、“痛風の湯”と呼ばれている。

◯高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚疾患、慢性婦人疾患、痛風、消化器疾患、神経痛、胆石、筋・関節痛によい。

単純温泉

無色透明無臭で成分が薄く刺激が弱い。そのため、高齢者、病後回復期の静養、手術後の療養、骨折・外傷後の療養によい。また、飲泉は軽い胃腸炎によい。

といったように、「療養泉」には、その泉質により様々な特徴があるようなので、「単純温泉」以外は、注意が必要です。

 

せっかく、気持ちよく温泉に入っても、持病が悪くなるのでは困ります。
よく、それぞれの温泉の特徴と、自分の身体の特徴を考えて、
「湯」も、「設備」も、「雰囲気」も、最高の「My温泉」を選びたいですね。

  ▶▶▶ 東京名物“黒湯温泉”ってご存じですか?
  ▶▶▶ 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ “岩盤浴”ってどんな効果があるの?


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 米国大統領が起こした大スキャンダルの結末

     現在、FBIがトランプ氏周辺とロシアとの不透明な関係を調べている最中なのに、先日突...
  2. ひとり旅で日頃のストレスを解消しリフレッシュ

    もうすぐ秋の行楽シーズンですね。
  3. 日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。
  4. 若者の結婚離れ進行中

    いまどきの若者は、“結婚にメリットがないと感じており、若者の結婚離れが進んでいると言...
  5. 安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?

    阿部政権は、景気は良くなってきていると言っていますが、自分には全くその実感がありません。
  6. 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

    皆さんは、「炭酸泉」というものをご存知ですか?自分は、東京の大井町駅前にある、“...
  7. 北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

    時が経つのは早いもので、マレーシアのクアラルンプールで、金正男氏が毒殺されてから、半...

Ad

人気の記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんは、「神経内科」という診療科をご存知ですか? また、「脳神経外...
  2. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  3. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  4. 2000年の日本の人口ピラミッド
    来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70...
  5. 中国砂漠化
    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...