横浜都筑区 港北の湯

 

こんにちは。

昨日、横浜の港北にある「スーパー銭湯 港北の湯」に行ってきました。

自分は、いつも斜向かいにある「イケヤ」(家具屋)に来た時、その帰りにこの「港北の湯」に立ち寄っています。

 また、バス利用か車しか来館方法がありません。周辺には「IKEA港北」、「「新横浜公園」があり、ショッピングやレジャー後の立ち寄り湯には便利な立地。

この「港北の湯」は、第三京浜港北ICすぐそばにあり、自分で車を運転して来れる人にとっては非常に便利なところにあります。また、周辺には「IKEA港北」、「新横浜公園」、「日産スタジアム」などの施設があり、ショッピングやレジャー後の立ち寄り湯としても活用できます。

しかし、近くには駅はなく、最寄り駅からの送迎サービスも無いため、車が運転できなくなってしまった今の自分には、公共バス利用しか来館方法がなく、非常に不便です。

ただ、1,000円以下のお手頃価格で、源泉掛け流しの黒湯や高濃度炭酸泉や不感温度風呂など様々な湯が楽しめるのが魅力です。

TS3D0306

建物は素っ気無い感じがしますが、館内に入ると・・・、中はなかなか上品な感じでしたが、エレベーターで2Fに上がると、窓の外には大型トレーラーがたくさん走り回り、再びガサツな世界が!

港北3

この港北の湯は、2Fがロビーと食事処やリラクゼーションスペースとなっており、
その上の3Fが女湯、4Fが男湯となっています。

ここの脱衣所は、いつも「ちょっと、狭いのでは?」と感じます。きっと14~15人もいたら、大混雑のような気がします。

まあ、自分は、平日の昼間しか来ないので、いいのですが、お休みの日などは・・・、大変だと思います。

さて、肝心のお風呂の方ですが・・・、

湯船のほとんどが40℃程度のぬるゆ湯で、自分としては、非常に満足しています。

お薦めの湯船は・・・、

不感湯(人工温泉) → 高濃度炭酸泉(人工&露天)
 → 黒湯(露天&源泉掛け流し) → シルクの湯(超微細気泡湯)

といったところです。

とにかく、露天スペースが非常に開放的で気持ちがよく、この日のように、いい天気の時は最高です。 ヽ(´▽`)/

また、高血圧の自分は医師から「サウナ禁止」されているのですが、「天然ラジウム鉱石ミストサウナ」もちょっとだけ入ってみましたが、なかなか気持ちよかったです。

 

最後に、湯上り後の休憩スペースの方ですが・・・、

正直言って、ここは、スーパー銭湯の中では、“下”だと思います。

食事をしなければ、ろくに座る場所もなく、また、食事はお世辞にも美味しいとは言えません。

また、施設の入口に貼られたPOPでは、「炭酸泉」の効果をかなり強く売りにしているのに、
「おふろの王様 大井町店」のような無料血圧計もありませんでした。

結局、ここ「港北の湯」は・・・、

“1,000円以下の低コストで、気軽に温泉や露天風呂を楽しむ場所”

と、割り切ったほうが良さそうですね。

でも、本当に「すいている時のここのお風呂」は、スーパー銭湯の中でも“上”だと思います。

 

皆さんも、平日に行ける機会があったら、一度試してみてはいかがですか。

  ▶▶▶ 東京名物“黒湯温泉”ってご存じですか?
  ▶▶▶ 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ “岩盤浴”ってどんな効果があるの?


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 日本旅行を希望する中国人のその意識は?

    一時の団体客による爆買いがおさまりまりやや目立たなくなった中国人観光客ですが、いまだ...
  2. スクランブル発進、中国の脅威アップで激増中

    先日のNHKのニュースによると、日本領空に接近した外国軍機などに対する自衛隊機のスク...
  3. あの有名スポーツ選手の体脂肪率はいくつ?

    よく「太っているか、痩せているか」という指標にされる体脂肪率。
  4. 大津高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している大津高校サッカー部。
  5. 世界最速男のボルトがサッカー界へ転身

    昨年の夏、陸上界を現役引退した世界最速男のボルト。
  6. 奨学金制度などの「教育にカネを使わない国ニッポン」

    今年も本格的な受験シーズンが始まりましたねぇ。
  7. 止まらない東京一極集中と進まない地方創生

    現在、東京都の人口は1,400万人弱。

Ad

人気の記事

  1. 都議会議員
  2. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. 女性の社会進出に伴い、女性がお酒を日常的に楽しむシーンが増えてきましたね。
  2. 今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  3. いつの季節も、TVのワイドショーや女性週刊誌をにぎあわせる芸能人の不倫ネタですが、今...
  4. ヒアリ1
    先日、神戸市の神戸港(ポートアイランド)で中国の広州からの貨物船のコンテナから、特定...
  5. 総務省から発表された科学技術研究調査によると、日本の「技術貿易」の黒字は年々増え続け...