レーガン元大統領とトランプ大統領の政策は似てる?

 

トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそうです
自分のような50過ぎのオヤジなら、「ハリウッド出のアメリカ大統領」と、そこまではすぐに思い出せるのですが・・・、「どんなことをやったか?」となると・・・、正直ほとんど忘れていました。
そこで、今回はそのレーガン元大統領が、「どんなことをしたのか」を調べてみました。

 

レーガン元大統領ってどんな人?

レーガン元大統領は、ハリウッド俳優&TV番組MC出身の共和党員で、カルフォルニア州知事を14年務めた後、1981年に第40代アメリカ大統領になった。1985年には再選を果たし1989年まで8年間就任。アイゼンハワー以来久々に、2期8年の任期を満了した大統領。

そんなレーガン元大統領、顔も口調も非常に温厚なんですが・・・、
実は、かなり強烈なタカ派(力で問題を解決しようとする立場の人)。

レーガン元大統領の大統領の就任演説でもいきなり・・・、
「現在の危機において、政府は問題の解決ではない。政府が問題だ」とワシントン(=日本なら議会&中央行政)批判をしています。

毎日、官僚の書いた国会答弁メモを丸読みしている、安倍さんのレベルではないですね。

 

「強いアメリカ」への回帰を掲げ、タカ派的な外交政策を展開

前任のカーター外交を軟弱と批判し、70年代の融和的な対ソ連政策を一転、ソ連を堂々と「悪の帝国」と呼びSDI構想(宇宙空間でミサイルを撃墜する)を推進など、対ソ連強硬路線をとりました。さらに、「レーガン・ドクトリン」を標榜し、英独日などの西側諸国と連携しながら、世界中の反共主義運動を支援した。

実際に、1983年にはキューバの軍事的影響力を危惧して、カリブ海の小国グレナダに侵攻、わずか数日で政権を転覆させます。
さらにレーガン元大統領は、この力の「グレナダ侵攻」後も、カリブ海の親米勢力(コントラ)への武器支援を支援し続けました。

レーガン3

また、1986年にはリビアを「テロ支援国家」として、空爆という武力で制裁を加えます。

しかし、85年にソ連にゴルバチョフが出現し、ペレストロイカが始まると姿勢を変えて対話路線に転換。87年には、中距離核戦力(INF)全廃条約に調印しています。

レーガン

このようなレーガン元大統領による、非常に強気の外交と実際の武力による問題解決という政策が、後々のソ連解体、ベルリンの壁崩壊、そして冷戦の平和的な終結に大きく貢献したと言われています。

 

「小さな政府」によるアメリカ経済の回復政策

アメリカ経済の回復を政策目標に掲げていたレーガン元大統領は、「レーガノミックス」と呼ばれる大幅減税と積極的財政政策を実施し、一方で社会福祉関係の予算を大幅に削減しました。

しかし、「強いアメリカ」回帰のために国防費は削減されず、結局財政赤字は解消されませんでした。
それどころか、アメリカの高金利を背景にした「ドルの独歩高」の影響で、輸出も伸びず貿易収支も赤字に転じ、財政赤字と貿易赤字のいわゆる「双子の赤字」にアメリカは苦しむようになってしまったのです。

下のグラフは「アメリカの貿易赤字額の推移」ですが、確かにレーガン政権の1980年代に急増しています。しかし、最近の赤字額に比べたら可愛いものですねぇ。

レーガン4

結局、1985年にドル高是正のために米国の呼びかけで、先進国5カ国(G5)蔵相会議が開催された会議で合意された「プラザ合意」によって、ドル安に是正されて救済された。

このプラザ合意の具体的内容は・・・、

「基軸通貨であるドルに対して、参加各国の通貨を一律10〜12%幅で切り上げ、そのための方法として参加各国は外国為替市場で協調介入をおこなう」

というもの。このプラザ合意の実際の狙いは、「ドル安によって米国の輸出競争力を高め、貿易赤字を減らすこと」にあったと言われています。

 

こう見てくると、レーガン元大統領の就任していた冷戦末期と現在の世界情勢は大きくことなりますが、あえて「エイ、ヤー」で言ってしまうと・・・、

『レーガン政策』-『世界の警察』+『保護貿易』=『トランプ政策』

なのですかねぇ。

まあ、軍人としても大尉までいったレーガン、一方これまで企業家一本できたトランプ氏。
レーガンさんのような過激な軍事行動は取らないことを願います。

  ▶▶▶ アメリカ大統領を途中解任ってできるの?
  ▶▶▶ トランプ大統領誕生で日本はどうなる?
  ▶▶▶ 在日米軍の駐留費用負担っていくら?

関連記事

意外な事実

  1. 2017.5.19

    北朝鮮の保有する弾道ミサイルの種類は?

    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  2. 2017.5.16

    米国大統領(政権)が起こした大スキャンダルの内容とその結末

     現在、FBIがトランプ氏周辺とロシアとの不透明な関係を調べている最中なのに、先日突...
  3. 2017.5.15

    国会議員(衆議院議員)の平均年齢は?

    テレビのニュースで国会中継を見ていると、いつも後ろの方の席に座っている議員は寝ている...
  4. 2017.5.12

    大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?

    昨日、テレビで自民党の派閥再編のニュースを見ていた時、「麻生太郎さんや石破茂さんのよ...
  5. 2017.5.10

    動き出していたリニア中央新幹線

    出典)山梨県立リニア見学センターHP 子供の頃「時速500km/hで走行する夢の超特急...
  6. 2017.5.9

    2070年のインドの人口は脅威の23.0億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  7. 2017.5.8

    急増している世界のイスラム教徒

    テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒。
  8. 2017.3.8

    中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

    前回に引き続き今回も、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人...
  9. 2017.3.6

    中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
  10. 2017.3.1

    北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

    時が経つのは早いもので、マレーシアのクアラルンプールで、金正男氏が毒殺されてから、半...

人気の記事

  1. 最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  2. 今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  3. みなさんは、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)という目の病気をご存知でしょうか。
  4. 世界中が「ビッククリ」し、おお騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  5. 先週、財務省から発表された2016年6月末時点での「日本政府の借金」は1,053兆円...

ピックアップ記事

  1. ご存知の通り、2015年6月17日に選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる...
  2. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  3. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  4. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の平塚市。自分の小中高時代は、ほとんど東京とは関係ない世界。
  5. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新しい薬を飲み始めま...