トランプ大統領とレーガン元大統領の政策は似てる?

 

トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそうです
自分のような50過ぎのオヤジなら、「ハリウッド出のアメリカ大統領」と、そこまではすぐに思い出せるのですが・・・、「どんなことをやったか?」となると・・・、正直ほとんど忘れていました。
そこで、今回はそのレーガン元大統領が、「どんなことをしたのか」を調べてみました。

 

レーガン元大統領ってどんな人?

レーガン元大統領は、ハリウッド俳優&TV番組MC出身の共和党員で、カルフォルニア州知事を14年務めた後、1981年に第40代アメリカ大統領になった。1985年には再選を果たし1989年まで8年間就任。アイゼンハワー以来久々に、2期8年の任期を満了した大統領。

そんなレーガン元大統領、顔も口調も非常に温厚なんですが・・・、
実は、かなり強烈なタカ派(力で問題を解決しようとする立場の人)。

レーガン元大統領の大統領の就任演説でもいきなり・・・、
「現在の危機において、政府は問題の解決ではない。政府が問題だ」とワシントン(=日本なら議会&中央行政)批判をしています。

毎日、官僚の書いた国会答弁メモを丸読みしている、安倍さんのレベルではないですね。

 

「強いアメリカ」への回帰を掲げ、タカ派的な外交政策を展開

前任のカーター外交を軟弱と批判し、70年代の融和的な対ソ連政策を一転、ソ連を堂々と「悪の帝国」と呼びSDI構想(宇宙空間でミサイルを撃墜する)を推進など、対ソ連強硬路線をとりました。さらに、「レーガン・ドクトリン」を標榜し、英独日などの西側諸国と連携しながら、世界中の反共主義運動を支援した。

実際に、1983年にはキューバの軍事的影響力を危惧して、カリブ海の小国グレナダに侵攻、わずか数日で政権を転覆させます。
さらにレーガン元大統領は、この力の「グレナダ侵攻」後も、カリブ海の親米勢力(コントラ)への武器支援を支援し続けました。

レーガン3

また、1986年にはリビアを「テロ支援国家」として、空爆という武力で制裁を加えます。

しかし、85年にソ連にゴルバチョフが出現し、ペレストロイカが始まると姿勢を変えて対話路線に転換。87年には、中距離核戦力(INF)全廃条約に調印しています。

レーガン

このようなレーガン元大統領による、非常に強気の外交と実際の武力による問題解決という政策が、後々のソ連解体、ベルリンの壁崩壊、そして冷戦の平和的な終結に大きく貢献したと言われています。

 

「小さな政府」によるアメリカ経済の回復政策

アメリカ経済の回復を政策目標に掲げていたレーガン元大統領は、「レーガノミックス」と呼ばれる大幅減税と積極的財政政策を実施し、一方で社会福祉関係の予算を大幅に削減しました。

しかし、「強いアメリカ」回帰のために国防費は削減されず、結局財政赤字は解消されませんでした。
それどころか、アメリカの高金利を背景にした「ドルの独歩高」の影響で、輸出も伸びず貿易収支も赤字に転じ、財政赤字と貿易赤字のいわゆる「双子の赤字」にアメリカは苦しむようになってしまったのです。

下のグラフは「アメリカの貿易赤字額の推移」ですが、確かにレーガン政権の1980年代に急増しています。しかし、最近の赤字額に比べたら可愛いものですねぇ。

レーガン4

結局、1985年にドル高是正のために米国の呼びかけで、先進国5カ国(G5)蔵相会議が開催された会議で合意された「プラザ合意」によって、ドル安に是正されて救済された。

このプラザ合意の具体的内容は・・・、

「基軸通貨であるドルに対して、参加各国の通貨を一律10〜12%幅で切り上げ、そのための方法として参加各国は外国為替市場で協調介入をおこなう」

というもの。このプラザ合意の実際の狙いは、「ドル安によって米国の輸出競争力を高め、貿易赤字を減らすこと」にあったと言われています。

 

こう見てくると、レーガン元大統領の就任していた冷戦末期と現在の世界情勢は大きくことなりますが、あえて「エイ、ヤー」で言ってしまうと・・・、

『レーガン政策』-『世界の警察』+『保護貿易』=『トランプ政策』

なのですかねぇ。

まあ、軍人としても大尉までいったレーガン、一方これまで企業家一本できたトランプ氏。
レーガンさんのような過激な軍事行動は取らないことを願います。

  ▶▶▶ アメリカ大統領を途中解任ってできるの?
  ▶▶▶ トランプ大統領誕生で日本はどうなる?
  ▶▶▶ 在日米軍の駐留費用負担っていくら?


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 国会議員の給与2

    国会議員の給与・年収ってご存知?

    相変わらず国会では、加計学園だとか森友学園だとかって、まるでテレビのバラエティー番組...
  2. 中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

    前回に引き続き今回も、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人...
  3. 神戸弘陵学園高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している神戸弘陵学園高校サッ...
  4. 安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?

    阿部政権は、景気は良くなってきていると言っていますが、自分には全くその実感がありません。
  5. 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?

    毎日毎日、新聞やTVニュースでは、安倍首相の森友学園疑惑と加計学園疑惑のとりとめのない報...
  6. FIFAワールドカップの過去の最多優勝国は?

    早いものでブラジル開催、ドイツ優勝で湧いたFIFAワールドカップから3年が経ちました...
  7. 北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

    時が経つのは早いもので、マレーシアのクアラルンプールで、金正男氏が毒殺されてから、半...

Ad

人気の記事

  1. 2000年の日本の人口ピラミッド
  2. 2020東京オリンピック
  3. 都議会議員

ピックアップ記事

  1. そろそろお盆が近づいてきましたが、お休みは取れそうですか? 今回は資料JPが実施した「お盆休みに...
  2. みなさんは「睡眠負債」という言葉をご存知でしょうか? 1日6時間程度眠り、自分で...
  3. 空梅雨が明けたと思ったら、今度は台風の季節。
  4. 北方四島
    最近、マスコミでよく目にする北方四島の領土問題。
  5. 先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...