レーガン元大統領とトランプ大統領の政策は似てる?

 

トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそうです
自分のような50過ぎのオヤジなら、「ハリウッド出のアメリカ大統領」と、そこまではすぐに思い出せるのですが・・・、「どんなことをやったか?」となると・・・、正直ほとんど忘れていました。
そこで、今回はそのレーガン元大統領が、「どんなことをしたのか」を調べてみました。

 

レーガン元大統領ってどんな人?

レーガン元大統領は、ハリウッド俳優&TV番組MC出身の共和党員で、カルフォルニア州知事を14年務めた後、1981年に第40代アメリカ大統領になった。1985年には再選を果たし1989年まで8年間就任。アイゼンハワー以来久々に、2期8年の任期を満了した大統領。

そんなレーガン元大統領、顔も口調も非常に温厚なんですが・・・、
実は、かなり強烈なタカ派(力で問題を解決しようとする立場の人)。

レーガン元大統領の大統領の就任演説でもいきなり・・・、
「現在の危機において、政府は問題の解決ではない。政府が問題だ」とワシントン(=日本なら議会&中央行政)批判をしています。

毎日、官僚の書いた国会答弁メモを丸読みしている、安倍さんのレベルではないですね。

 

「強いアメリカ」への回帰を掲げ、タカ派的な外交政策を展開

前任のカーター外交を軟弱と批判し、70年代の融和的な対ソ連政策を一転、ソ連を堂々と「悪の帝国」と呼びSDI構想(宇宙空間でミサイルを撃墜する)を推進など、対ソ連強硬路線をとりました。さらに、「レーガン・ドクトリン」を標榜し、英独日などの西側諸国と連携しながら、世界中の反共主義運動を支援した。

実際に、1983年にはキューバの軍事的影響力を危惧して、カリブ海の小国グレナダに侵攻、わずか数日で政権を転覆させます。
さらにレーガン元大統領は、この力の「グレナダ侵攻」後も、カリブ海の親米勢力(コントラ)への武器支援を支援し続けました。

レーガン3

また、1986年にはリビアを「テロ支援国家」として、空爆という武力で制裁を加えます。

しかし、85年にソ連にゴルバチョフが出現し、ペレストロイカが始まると姿勢を変えて対話路線に転換。87年には、中距離核戦力(INF)全廃条約に調印しています。

レーガン

このようなレーガン元大統領による、非常に強気の外交と実際の武力による問題解決という政策が、後々のソ連解体、ベルリンの壁崩壊、そして冷戦の平和的な終結に大きく貢献したと言われています。

 

「小さな政府」によるアメリカ経済の回復政策

アメリカ経済の回復を政策目標に掲げていたレーガン元大統領は、「レーガノミックス」と呼ばれる大幅減税と積極的財政政策を実施し、一方で社会福祉関係の予算を大幅に削減しました。

しかし、「強いアメリカ」回帰のために国防費は削減されず、結局財政赤字は解消されませんでした。
それどころか、アメリカの高金利を背景にした「ドルの独歩高」の影響で、輸出も伸びず貿易収支も赤字に転じ、財政赤字と貿易赤字のいわゆる「双子の赤字」にアメリカは苦しむようになってしまったのです。

下のグラフは「アメリカの貿易赤字額の推移」ですが、確かにレーガン政権の1980年代に急増しています。しかし、最近の赤字額に比べたら可愛いものですねぇ。

レーガン4

結局、1985年にドル高是正のために米国の呼びかけで、先進国5カ国(G5)蔵相会議が開催された会議で合意された「プラザ合意」によって、ドル安に是正されて救済された。

このプラザ合意の具体的内容は・・・、

「基軸通貨であるドルに対して、参加各国の通貨を一律10〜12%幅で切り上げ、そのための方法として参加各国は外国為替市場で協調介入をおこなう」

というもの。このプラザ合意の実際の狙いは、「ドル安によって米国の輸出競争力を高め、貿易赤字を減らすこと」にあったと言われています。

 

こう見てくると、レーガン元大統領の就任していた冷戦末期と現在の世界情勢は大きくことなりますが、あえて「エイ、ヤー」で言ってしまうと・・・、

『レーガン政策』-『世界の警察』+『保護貿易』=『トランプ政策』

なのですかねぇ。

まあ、軍人としても大尉までいったレーガン、一方これまで企業家一本できたトランプ氏。
レーガンさんのような過激な軍事行動は取らないことを願います。

  ▶▶▶ アメリカ大統領を途中解任ってできるの?
  ▶▶▶ トランプ大統領誕生で日本はどうなる?
  ▶▶▶ 在日米軍の駐留費用負担っていくら?



人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 中国砂漠化

    中国の知られざるアキレス腱、砂漠化問題!

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  2. スティーブン・バノン

    トランプ大統領の参謀スティーブン・バノンは危険人物?

    最近、トランプ政権関係のニュースで記事で、ちょくちょく目や耳にするスティーブン・バノ...
  3. イタリア国民は、チェルノブイリ事故で脱原発を決意

    みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  4. 2020年東京オリンピックの経済波及効果

     今年の3月、東京都は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う2030...
  5. 2020東京オリンピック

    2020東京オリンピックの全体経費の内訳

    2020東京オリンピックとパラリンピック、開催まで3年半。
  6. 高級屋久杉工芸品の高騰のうらがわ

    先日、鹿児島の友人と話をしていると、「最近、良質な屋久杉工芸品が高騰している」と聞きました。
  7. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

    アメリカ大統領を途中解任(罷免)ってできるの?

    この夏頃から、毎日のように世界中のマスコミをにぎわせている「アメリカ大統領選」。

Ad

人気の記事

ピックアップ記事

  1. 今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  2. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  3. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  4. ご存知の通り、2015年6月17日に選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる...
  5. IT専門調査会社として世界的に有名なIDCによれば、2017年の世界のスマートフォン...