大田区 第一相模湯

 

こんばんは。

先日、大田区仲六郷にある“第一相模湯”さんに行ってきました。

実は、この「第一相模湯」、黒湯と炭酸泉がある貴重な銭湯なのです。

そのため、以前から行ってみたいと思っていたのですが・・・、
やや交通の便が悪いため、ずっと後回しになっていました。

電車だと、京急の雑色駅から約徒歩10分ですが、
自分は、蒲田駅西口からバスで行きました。

バスに乗ると約10分で、最寄りのバス停に到着。
そこからは、徒歩1分でした。

お目当ての「第一相模湯」は、住宅街にあるマンションの1Fにありました。

「第一相模湯」は、極普通のマンションの1Fに。
コインランドリーがなければ、通りすぎてしまいそう。

相模湯1

相模湯2
お隣さんが、渋い! なんと「民謡道場」という「民謡の習い場」でした。

早速、中に入ってみると・・・、

開いた自動ドアの1.5m先には、いきなり、番台が。 (^-^;
予想もしなかった自分、大慌てで小銭入れを取り出し、支払い!

最近の銭湯には珍しく、自販機がない番台払いでした。

また、見たところ、休憩スペースもほとんどなく、
「こりゃ、脱衣所で十分涼んでから出ないと・・・」
と、思いながら、脱衣所の方へ入っていきました。

意外や意外。脱衣所は、かなりゆったりしており、
ソファーもありました。
やはり、みんなここで十分涼んでから出ているようですね。

さて、お風呂の方は・・・。

湯舟は3つ。黒湯、高濃度炭酸泉、そして白湯です。

高濃度炭酸泉は、座って4-5人が入れる程度の大きさで、
温度はぬる湯。また、炭酸の濃度が薄いため?なのか、
体には、炭酸泉固有の泡は、ほとんどつきませんでした。

ただ、半身浴で10分も浸かると・・・、
額から汗がたらたらと。
15分ほど昼寝気分でつかり、湯から上がると、
皮膚は、ほんのりピンク色に。
やっぱり、炭酸泉はすごい。

一方、黒湯の方ですが・・・、

かなり、“濃い”のですが、やや“熱い”。
43度ぐらいはありそうです。
しかも、“96cmもある深湯”。
しゃがみながら入るしか方法はなく、長湯は無理そう!
※淺湯もあるのですが、狭く、しかも電気風呂。

最後の白湯の方には、ジェット風呂もついていましたが、
ごく普通でした。

ここ「第一相模湯」さんには、残念ながら、露天風呂がないので、
涼む場所がありません。

結局、炭酸泉と脱衣所(涼みに一度上がる)を往復しました。

自分は、1時間半ほど入っていましたが、
ここのお客さん、15-20分ほどで、“ささっと”上がる人と、
自分のように1時間以上も「炭酸泉」を“ゆっくりと”楽しむ人に、
完全に二分されていたような感じがしました。

なお、ここは“風呂あがりの一杯!”はなく、
この銭湯の近くにも、楽しめるようなお店で見当たりませんでした。

  ▶▶▶ 「黒湯」がある銭湯リスト(東京23区)
  ▶▶▶ 都内で味わえる黒湯温泉、お薦め銭湯ベスト7
  ▶▶▶ 「駐車場」がある東京23区の温泉銭湯リスト
  ▶▶▶ 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

Ad

意外な事実

  1. 深刻な日本の空き家問題

    最近テレビや新聞では、日本各地で「空き家の急増」が社会問題化していると報じています。
  2. EU離脱候補国はフランス、ギリシャ?

    EU離脱を選択した英国民投票から約1年後、ようやく正式な英国のEU離脱交渉が先週から...
  3. 動き出していたリニア中央新幹線

    子供の頃「時速500km/hで走行する夢の超特急」と言われていたリニアモーターカー。
  4. 親に感謝

    親に対する感謝の気持ち

    今回は、株式会社PFUが2017年6月に実施した「感謝の気持ちに関する意識調査」の結果をご紹介します...
  5. 新聞

    国民の新聞離れ、ここまで来ていた!

    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  6. 白人比率の低下

    米国の白人比率は2050年には47%まで減少

    ご存知の通り、先月トランプ米大統領は、メキシコとの国境沿いに3,200kmの壁を建設...
  7. B級グルメの激辛どろソースってご存知ですか?

    先日、テレビのバラエティ番組で神戸市長田区のB級グルメとして地元の人や食通の人に親し...

Ad

人気の記事

  1. 東京一極集中
  2. トランプ政権と東アジア問題
  3. 弾道ミサイル
  4. 桐光学園高校サッカー

ピックアップ記事

  1. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  3. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  4. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。
  5. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。