日本の将来人口と高齢化の将来像

シャッター街

 

今回は、日本の将来人口の推移高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。

実は、日本の人口はすでに、10年以上前の2008年に 1億2808万人でピーク を打っていたのをご存知ですか。

総務省が発表した2019年8月1日現在(概算値)の総人口は1億2623万人。
ということは、すでに185万人もの人口減少が起きているのです。これは、神戸市や福岡市の人口よりも多いのです。

今後30年弱で兵庫以西の人口に匹敵する数が減少!

下のグラフは、国立社会保障・人口問題研究所の平成24年1月推計値をもとに、内閣府が作成したものです。(クリックで拡大)

簡単にグラフの説明をしますと・・・・、
   棒グラフ全体の高さ=日本の総人口の推移
   棒グラフの模様=世代別の人口の推移構成
   赤い折れ線グラフ=高齢化率つまり65歳以上の人口の割合の推移
を表しています。

日本の総人口の推移出典) 内閣府 平成28年版高齢社会白書

さて、グラフ内の数字をよく見ると・・・、

2045年の総人口は、1億220万人です。前述の2019年の総人口は1億2623万人。
そう、これからさきの26年間で総人口の約2割に当たる2,403万人も減少してしまうのです。実はこの数字・・・、

 北海道+東北+北関東をあわせた人口(2,131万人)よりも多く、
 沖縄・九州+四国+中国をあわせた人口(2,579万人)に迫るものです。

驚くべき事実だと思いませんか?

「超高齢化社会 一人暮らし」の画像検索結果

2045年の高齢化率は驚くことに37.7%!

逆に、今から28年前(1993年)と言えば、皮肉にも「バブル崩壊」直後です。この時の高齢化率(65歳以上の人口の割合)は、13%程度でまだまだ「高齢社会」の始まりだったのです。
ちなみに、国連の定義では以下のようになっています。
 高齢化率7%以上14%未満→高齢化社会
 高齢化率14%以上21%未満→高齢社会
 高齢化率21%以上→ 超高齢社会

現在の日本の高齢化率は28%なので、すでに完全な「超高齢社会」なんですね。しかし2045年の高齢化率は37.7%

現在でも日本は、世界で最も高い高齢化率なのです。2045年には、いったいどんな社会になっているのでしょうか?

 

最後に、ご参考までに以前記事で紹介した、「国の借金」の推移と「実質GDPの推移」グラフを再掲します。

国の借金の推移と実質GDPの推移

過去記事:「国の借金」が実質GDPの2.4倍もある日本

みなさん、どう思います?

▶▶▶ 30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
▶▶▶ ここ50年で日本の一人当たり国民総所得(名目GNI)はどう変わった?
▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. CO2排出量9

    トランプ大統領が疑う地球温暖化問題とCO2排出削減目標

    ニュース報道によると、トランプ米大統領が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱する方針を決...
  2. 中国人

    中国人は関西ではなく、なぜ東京に住むのか?

    以前も「日本に住んでいる外国人の数は?」という記事で触れましたが、現在、日本居住の外国人は220万人...
  3. 高さ1kmの超々高層ビル「ジッダ・タワー」

    今春のサウジアラビア国王の来日で、1千人を超える王族や企業幹部らの同行に度肝を抜かれた自分でしたが、...
  4. 日本三名城、名古屋城・大阪城・熊本城

    世間でよく言われる「日本三名城」は、名古屋城、大阪城、熊本城です。
  5. 激甚災害

    激甚災害って何?

    最近、TVや新聞で度々目にすることが多くなった「激甚災害指定」という言葉ですが、いったい「激甚災害」...
  6. 社長は日本大学卒

    日本で一番多い社長は日本大学卒?

    先日ネットを見ていたら「社長の出身大学ランキング」という記事を見かけました。
  7. 大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?

    昨日、テレビで自民党の派閥再編のニュースを見ていた時、「麻生太郎さんや石破茂さんのよ...

Ad

人気の記事

  1. 大学
  2. 弾道ミサイル
  3. スティーブン・バノン
  4. 食料自給率6

ピックアップ記事

  1. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  2. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  3. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  4. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  5. 脳
    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...