屋久杉高級工芸品の高騰のうらがわに中国人

先日、鹿児島の友人と話をしていると、「最近、良質な屋久杉工芸品が高騰している」と聞きました。

もともと、日本の工芸品に興味があった自分は「なぜだろう?」と思い、いろいろ調べてみました。

■スギと日本人の深ーい関係

スギは、スギ科スギ属の樹木で、日本では南の屋久島から北は津軽半島にかけて広く分布している日本の特産種と言われています。
最近では、「スギ =スギ花粉=花粉症」とどうしてもマイナスイメージが強いのですが、実はこのスギと日本人の関係は長く、昔から日々の暮らしの中で御神木や並木などとして親しまれていました。

また、スギの幹はまっすぐで軽く加工しやすいため、広く全国で家や様々な家具などの原材料として利用されてきました。
ただ、長年の伐採の結果、日本にはスギの自然林はほとんど残っていません。そんな中で、屋久杉は貴重な自然林のスギの一つなのです。

■屋久杉ってどんな特徴があるの?

一般的に、スギの寿命は500年余りと言われていますが、屋久杉は、屋久島に自生するスギの中で樹齢1000年以上のものを言いますが、中には樹齢2,000年を超える巨木もあります。

では、なぜ屋久杉だけがそんなに長寿なのでしょうか?

その理由は、屋久杉は新鮮な水に恵まれながら(屋久島は日本でも有数の多雨地帯)、栄養が乏しい花崗岩の山地で非常にゆっくりと育つため、その木目はぎっしりと詰まっていて、同時に防腐・防虫・抗菌効果のある樹脂分も多いため、腐ること無く長生きすると考えられています。

実際に、日光の杉並木では、樹齢360年程でも直径が150cmを越えるものが多数ありますがすが、屋久杉の場合、樹齢500年でも直径が40cm程しかないそうです。

■高騰する屋久杉工芸品

風雨に耐え抜き数千年も生き続ける屋久杉の生命力は、「長寿」の代名詞であると同時に、厄が過ぎる「厄過ぎ」という語呂の良さもあり、昔から屋久杉工芸品は縁起物とされていました。
しかし、その屋久杉工芸品を作るための屋久杉伐採は、すでに2001年に終了しており、 また今後も伐採が開始されることはまず考えにくい状況です。
そのため、わずかに今も流通している屋久杉は、土埋木とよばれる台風などの影響で自然倒木した二流品が中心なのです。ただでさえ稀少価値の高い屋久杉工芸品なんですが、今後はますます価値が上がると予想されているようです。

屋久杉1何百万円の値で取引される屋久杉工芸品

聞くところによると、中国から鹿児島への団体ツアーの中には、「屋久杉工芸品買い付けツアー」なるものが存在し、毎回一人数千万から数億円も購入していくそうです。

骨董品や希少品好きな中国人らしい行動ですが、これが屋久杉工芸品の異常な値上がりを引き起こしている原因との声も・・・。

  ▶▶▶ 日本人は中国のことをどう思っているか?
  ▶▶▶ 中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直
  ▶▶▶ 中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

 

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. イスラム教徒数とキリスト教徒数が接近中

    テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒。
  2. 夏の風物詩ビアガーデンは超人気!

    ビール好きでなくとも、独特の開放感の中で都会の夜景や雰囲気を楽しみたくて、ついつい仲...
  3. 中国砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  4. 青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している青森山田高校サッカー...
  5. なぜか同姓の人が多い中国

    中国人には同じ姓の人が多いのですが、今回はどんな苗字の人がどれ位いるのか調べてみまし...
  6. 健康やストレス解消に良い人気の習い事は?

    みなさんは何か習い事をしていますか? 今回は、アサヒビールが2015年3月に実施した「習い事に関...
  7. 屋久杉高級工芸品の高騰のうらがわに中国人

    先日、鹿児島の友人と話をしていると、「最近、良質な屋久杉工芸品が高騰している」と聞きました。

Ad

人気の記事

ピックアップ記事

  1. 私たちは核兵器と聞くと広島、長崎の惨禍のように核爆発で生じる熱線、爆風そして放射線に...
  2. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  3. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  4. 北方四島
    最近、マスコミでよく目にする北方四島の領土問題。
  5. 最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...