東京都議選、18歳は投票できるか?

 

ご存知の通り、2015年6月17日に選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる「改正 公職選挙法」が成立しました。

ただ、法案成立から施行までに、1年間の周知期間があるため、実際に18、19歳の約240万人の若者が新たに有権者になるのは、2016年6月19日以降だそうです。

 

この夏の都議会選への18、19歳の若者は参加は?

小池都知事と自民党都議漣との一連の争いで、何かと注目されている東京都議会議員選挙は、今年の6月23日に告示され、7月2日が投票予定日となっています。

では、この都議会選に18、19歳の若者は参加できるのでしょうか?

結論から言いますと・・・、“Yes”です。

2017年7月3日に東京が行われる今回の都議選については、2016年6月23日以前に18歳になった人のみが投票できます。

理由は、公職選挙法の中には、

施行後、最初の国政選挙が公示されてから18歳選挙権は適用される

というくだりがあるのです。

つまり、満18歳以上の有権者は、法律施行日の2016年6月19日以降に行われる国政選挙(衆議院選or参議院選)がデビュー戦になるのです。

実は、この法律施行日の6月19日直後の、6月22日に昨年の参議院選挙が公示されているのです。当時は、「政治知識の少ない18、19歳の若者を、ネームバリューで取り込んでしおう」という、自民党のせこい選挙戦術とも言われていました。

ということで・・・、話題の都議選にも、当然参加することが可能です。

現在、全国のすべての18、19歳の若者は、選挙権を持つ有権者として、あらゆる国政選挙、地方自治体の首長や議員の選挙、さらには農業委員会委員の選挙や最高裁裁判官の国民審査、地方自治体の首長解職や議会解散請求(リコール)などを受けての住民投票の投票にも参加できるのです。

日本の厳しい将来で、本当に苦労するのは“今の若者”です。
目先のことでなく、将来のことをよーく考えて、一票を投じてもらえたらと思います。

 

  ▶▶▶ 日本の将来人口と高齢化の将来像
  ▶▶▶ 「日本の借金」は誰がつくった?
  ▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移


人気ブログランキング

Ad

意外な事実

  1. 海外在留日本人

    海外に住む日本人(海外在留邦人)の数

    以前、「日本に住んでいる外国人の数」についての記事を書きましたが、今回は逆に「海外に...
  2. キャリアアップや独立開業のために何かしてますか?

    長期低迷の世の中、毎日会社に行き仕事をしてもなかなか上がらない給料。
  3. J1・J2入れ替え戦

    J1・J2入れ替え戦が2018年より10年ぶりに復活

    Jリーグは、2018年以降の「J1・J2の昇降格決定方法」を変更し、2018年の競技成績から適用する...
  4. 北方四島

    北方四島の問題は安倍政権下で解決?

    最近、マスコミでよく目にする北方四島の領土問題。
  5. 道路ライブカメラリンク集

    全国の道路ライブカメラリンク集

    みなさんは国土交通省が、日本各地に何千というライブカメラを設置しているをご存知ですか? しかもそ...
  6. 食料自給率6

    食料自給率、日本はどの程度?

    先日テレビを見ていると、「世界の人口爆発と食糧難および日本の食料自給率」について話を...
  7. 首都東京

    戦後の日本の実質経済成長率の推移

    よくTVや新聞を見ていると、国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というも...

Ad

人気の記事

  1. 世界の人口ピラミッド_
  2. 中国北京の砂漠化
  3. シャッター街

ピックアップ記事

  1. 電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス...
  2. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...
  3. 黄斑変性症
    みなさんは、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)という目の病気をご存知でしょうか。
  4. 先日ネットをぶらぶらしていると、世界価値観調査というものに出くわしました。
  5. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。