エネルギー革命で、ドイツは2022年には原発ゼロ!

 

みなさんは、ドイツで押し進められている「エネルギー革命」ってご存知ですか?

自分は、「欧州では風力発電などの再生可能エネルギーの利用が進んでいる」ぐらいしか知らず、「エネルギー革命」という具体的な政策が、ここまで進んでいるとはまったく知りませんでした。

そこで、今回は「ドイツのエネルギー革命」が何なのか、どのくらい進んでいるのか、を調べてみました。

 

2010年秋にスタート、福島原発事故で加速

2010年秋、ドイツのメルケル首相は地球温暖化対策の一貫として、「2050年までの長期国家エネルギー戦略」を発表しました。メディアではこの戦略のことを「ドイツのエネルギー革命」と呼んでいるのです。

具体的には・・・、
2050年までに再生可能エネルギーによる発電比率を80%に増やし、同時にエネルギー消費量そのものを削減、その結果、温室効果ガスの排出量を1990年に比べて80%減らすという非常に大胆なものです。

   データ出典) http://www.de-info.net/

この「エネルギー革命」は、翌年2011年3月に起きた福島第一原子力発電所事故が起こったことで、ドイツ国民の意識も一気に高まり、
福島の事故発生後わずか3ヶ月後には、国内にある17基の原子炉を2022年までに全廃するとメルケル首相は宣言したのです。

現在では、半数以上の原発は閉鎖され、またそれを補う電力を再生可能エネルギーで確保してきているのです。

このように、世界の工業大国の先陣を切り、この「エネルギー革命」に着手したドイツでは、発電量に占める風力・太陽光など再生可能エネルギーの割合が急増2016年にはなんと電力総消費量の29.5%にまで高まっているのです。

   データ出典) http://www.de-info.net/

 

大幅に遅れている日本の再生可能エネルギー導入

日本の2015年度の総発電量に占める再生可能エネルギーの割合は、わずか4.7%で、さきのドイツの1/6です。

また、日本のエネルギー政策をつかさどる経済産業省が2017年7月に発表した長期エネルギー政策では・・・、

  • 徹底した省エネルギー(節電)の推進
  • 再生可能エネルギーの最大限の導入
  • 火力発電の効率化等を進める
  • 原子力発電への依存度を可能な限り低減する

となっていますが、2030年度の原子力発電の割合は依然として高く、20~22%となっています。

2022年には原発ゼロのドイツ、一方原発事故の当事国である日本は2030年でも原発依存率2割以上!

さらに、ドイツの2030年の電力総消費量に占める再生可能エネルギーの割合目標は50%以上です

自分は原発再稼働反対派なので、安倍政権のこのような中途半端なエネルギー政策には反対です。

 

逃げの政策の連続では、いつかは破綻するのでは?

確かに、太陽光・風力発電などの再生可能エネルギーを有効利用するカギは、蓄電池で現在はまだコストが高いかもしれません。でも、日本は今現在でも、世界一の蓄電池技術を持っているはずです。(電気自動車がいい例!)
そこへ、政府が本気で研究開発援助をすれば、すぐにクリアーできるのではないでしょうか?

また、それ以外にも再生可能エネルギーという新エネルギーに切り替えていくには、いくつもの課題はあると思います。
ただ、福島原発事故の賠償・廃炉費用は20兆円以上であることを考えれば、課題克服のための投資なんて、微々たるもののような気がします。

原発の代替エネルギー源が無いのではなく、再生可能エネルギーに対する投資をドイツのように本気でする決意がないだけのような気がします。

下のグラフは、日本の発電電力量の推移ですが・・・、

1955年には水力が78.8%ですが、18年後の1973年には水力は17.2%で逆に石油等が73.2%になっています。
さらに17年後の1990年には、石油等は28.6%まで低下しています。

過去の例を見る限り、政府さえ本気になれば、日本でも「エネルギー革命」は十分可能なはずです。

安倍政権も早く過去の原子力政策の失敗を認めて、グチャくちゃな原子力行政を諦め、早く「エネルギー革命」に本気で着手した方が、真の国民のためではないでしょうか?

みなさんは、どう思いますか?

   ▶▶▶ 原発事故処理費用は、昨年の世界中の自然災害の被害額計と同じ
   ▶▶▶ イタリア国民は、チェルノブイリ事故で脱原発を決意


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 核兵器保有国とその保有核弾頭数は?

    1938年にドイツの物理学者オットー・ハーンが原子核分裂を発見してから数年後、ナチス...
  2. 日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。
  3. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  4. チェルノブイリ事故で脱原発を決意したイタリア国民

    みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  5. 一人での外食やレジャーは好きですか?

    「牛丼屋」(70.1%)みなさんは、たった一人で外食店やレジャー施設を利用しますか? 今回は...
  6. 「温泉ソムリエ」って何?

    ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、「温泉ソムリエ」なる人物が登場してませんか?この「温...
  7. 信用できる健康に関する情報源は?

    最近は、健康とか病気をテーマにしたTV番組がたくさん放映されています。

Ad

人気の記事

  1. 中国砂漠化

ピックアップ記事

  1. 和食のジャンルの中に「懐石料理」と「会席料理」というものがありますが、同じ読み方をするこの2つ、どこ...
  2. 地球温暖化の影響でさんざん苦しめられた日本ですが、10月に入りさすがに東京でも、朝晩...
  3. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン
    この夏頃から、毎日のように世界中のマスコミをにぎわせている「アメリカ大統領選」。
  4. まだ7月の初旬、梅雨も明けていないのに毎日毎日鬼のような猛暑が続きますね。
  5. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。