大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?

 

昨日、テレビで自民党の派閥再編のニュースを見ていた時、「麻生太郎さんや石破茂さんのような大物政治家は、なぜ顔が歪んでいるんだろうか?」と、ふと疑問に感じました。

もちろん人間の顔が厳密に左右対称であることは稀でしょうが、顔が明らかに歪んでいる人の話は信じられないような気がします。

確か自分の記憶では、昔の日本の大物政治家には顔の歪んでる人はなかったような気がします。また、欧米の政治家でも皆無だと思います。

そこで今回は、「顔の歪み」について調べてみました。

■感情が表れやすい人の左顔

ご存知の通り、人間の脳には右脳と左脳があり、それぞれの主な役割は大きく違い、一般的には下記のように言われています。

左脳:読み書き、文字の認識や会話、計算と数理的推理、論理的思考
右脳:図形や映像の認識、イメージの記憶、直感・ひらめき

そのため、左脳はよく「理性の脳」とか「理論脳」と呼ばれ、一方の右脳は「感性の脳」とか「感覚脳」と呼ばれています。

さて肝心の顔の話に戻りますが・・・、
人間の「右顔」は左脳がコントロールし、逆の「左顔」は右脳がコントロールしているそうです。
そのため、左顔には感情が表れやすく、ウソをつくときなどは無意識に左顔の表情が変わるそうです。

一般的に人間の心理は、本音が左顔に、建前が右顔に現れるそうです。そのため、右顔を「よそゆきの顔」、左顔は「ホンネの顔」と呼び、心理カウンセラーなどが相手の表情から感情を見抜く時は、相手の顔の左半分に注目するそうです。

また、普段から「本音と建前が違う発言」ばかりしていると、どんどん顔が歪んでいってしまうそうです。

あの有名な「高須クリニック」の高須克弥院長は・・・、
強い政治家っていうのは、顔も崩れないんだよ。昔でいったら中曽根康弘元首相とかね。歪みもなくしっかりしてたでしょ? 小泉純一郎元首相も顔が崩れてないもんな。」と言っています。

中曽根康弘

小泉純一郎

石破茂

ということは、顔が歪んでいる麻生太郎さんや石破茂さんは、
いつも「本音と建前が違う発言」ばかりしているのでしょうか???

みなさんはどう思います?

  ▶▶▶ とてもエリートと見えないが、実は超エリートの麻生太郎
  ▶▶▶ 次期自民党総裁候補の石破茂は自己中なオタク
  ▶▶▶ 次期自民党総裁候補の石破茂は自己中なオタク「ポスト安倍」のダークホース 自民党の異端児 河野太郎のまとめ!
  ▶▶▶ 国会議員の給与・年収ってご存知?
  ▶▶▶ 安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?
  ▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
  ▶▶▶ 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

Ad

意外な事実

  1. FIFAワールドカップの過去の最多優勝国は?

    早いものでブラジル開催、ドイツ優勝で湧いたFIFAワールドカップから3年が経ちました...
  2. 弾道ミサイル

    北朝鮮の保有する弾道ミサイルの種類は?

    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  3. 唐辛子

    とうがらしの生産量日本一は、まさかの東京都!?

    最近の東京は、梅雨明けとともに猛暑が続き夏バテ気味の人も多いのでは? そんな時にはとうがら...
  4. 河野太郎

    「ポスト安倍」のダークホース 自民党の異端児 河野太郎のまとめ!

    この秋に予定されている自民党総裁選。
  5. ブランド価値上位御三家

    アマゾン、アップル、グーグルが勝ち組御三家

    今現在、世界で最も大きな会社といったらどこだろうか? ふと先日、そんなことを...
  6. 東福岡高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している東福岡高校サッカー部...
  7. 世界のGDPシェアの変遷 ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

    米国のトランプ政権が誕生して1年半が過ぎ、米国の保護主義経済政策はますます加速しています。

Ad

人気の記事

  1. 2000年の日本の人口ピラミッド
  2. 2020東京オリンピック
  3. 教育にカネを使わない国ニッポン
  4. 弾道ミサイル
  5. 東福岡高校

ピックアップ記事

  1. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新しい薬を飲み始めま...
  2. 神経内科
    皆さんは、「神経内科」という診療科をご存知ですか? また、「脳神経外...
  3. 先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  4. 最近、高齢ドライバーによる「ブレーキとアクセルの踏み間違え」等の事故が増えているため...
  5. 最近は高齢ドライバーによる交通事故の増加とともに、今話題のAI(人工知能)の代表格で...