大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?

 

昨日、テレビで自民党の派閥再編のニュースを見ていた時、「麻生太郎さんや石破茂さんのような大物政治家は、なぜ顔が歪んでいるんだろうか?」と、ふと疑問に感じました。

もちろん人間の顔が厳密に左右対称であることは稀でしょうが、顔が明らかに歪んでいる人の話は信じられないような気がします。

確か自分の記憶では、昔の日本の大物政治家には顔の歪んでる人はなかったような気がします。また、欧米の政治家でも皆無だと思います。

そこで今回は、「顔の歪み」について調べてみました。

■感情が表れやすい人の左顔

ご存知の通り、人間の脳には右脳と左脳があり、それぞれの主な役割は大きく違い、一般的には下記のように言われています。

左脳:読み書き、文字の認識や会話、計算と数理的推理、論理的思考
右脳:図形や映像の認識、イメージの記憶、直感・ひらめき

そのため、左脳はよく「理性の脳」とか「理論脳」と呼ばれ、一方の右脳は「感性の脳」とか「感覚脳」と呼ばれています。

さて肝心の顔の話に戻りますが・・・、
人間の「右顔」は左脳がコントロールし、逆の「左顔」は右脳がコントロールしているそうです。
そのため、左顔には感情が表れやすく、ウソをつくときなどは無意識に左顔の表情が変わるそうです。

一般的に人間の心理は、本音が左顔に、建前が右顔に現れるそうです。そのため、右顔を「よそゆきの顔」、左顔は「ホンネの顔」と呼び、心理カウンセラーなどが相手の表情から感情を見抜く時は、相手の顔の左半分に注目するそうです。

また、普段から「本音と建前が違う発言」ばかりしていると、どんどん顔が歪んでいってしまうそうです。

あの有名な「高須クリニック」の高須克弥院長は・・・、
強い政治家っていうのは、顔も崩れないんだよ。昔でいったら中曽根康弘元首相とかね。歪みもなくしっかりしてたでしょ? 小泉純一郎元首相も顔が崩れてないもんな。」と言っています。

ということは、顔が歪んでいる麻生太郎さんや石破茂さんは、
いつも「本音と建前が違う発言」ばかりしているのでしょうか???

みなさんはどう思います?

関連記事

意外な事実

  1. 2017.5.19

    北朝鮮の保有する弾道ミサイルの種類は?

    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  2. 2017.5.16

    米国大統領(政権)が起こした大スキャンダルの内容とその結末

     現在、FBIがトランプ氏周辺とロシアとの不透明な関係を調べている最中なのに、先日突...
  3. 2017.5.15

    国会議員(衆議院議員)の平均年齢は?

    テレビのニュースで国会中継を見ていると、いつも後ろの方の席に座っている議員は寝ている...
  4. 2017.5.12

    大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?

    昨日、テレビで自民党の派閥再編のニュースを見ていた時、「麻生太郎さんや石破茂さんのよ...
  5. 2017.5.10

    動き出していたリニア中央新幹線

    出典)山梨県立リニア見学センターHP 子供の頃「時速500km/hで走行する夢の超特急...
  6. 2017.5.9

    2070年のインドの人口は脅威の23.0億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  7. 2017.5.8

    急増している世界のイスラム教徒

    テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒。
  8. 2017.3.8

    中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

    前回に引き続き今回も、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人...
  9. 2017.3.6

    中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
  10. 2017.3.1

    北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

    時が経つのは早いもので、マレーシアのクアラルンプールで、金正男氏が毒殺されてから、半...

人気の記事

  1. 今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  2. 最近、マスコミでよく目にする北方領土問題。
  3. 訪問日:2014年8月19日こんばんは。
  4. 2000年の日本の人口ピラミッド
    来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70...
  5. 高齢ドライバー事故
    集団登校の小学生の列や街の商店に車が突っ込んだり、高速道路を気づかずに逆走したり、...

ピックアップ記事

  1. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン
    この夏頃から、毎日のように世界中のマスコミをにぎわせている「アメリカ大統領選」。
  3. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  4. ご存知の通り、2015年6月17日に選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる...
  5. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。