大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?

 

昨日、テレビで自民党の派閥再編のニュースを見ていた時、「麻生太郎さんや石破茂さんのような大物政治家は、なぜ顔が歪んでいるんだろうか?」と、ふと疑問に感じました。

もちろん人間の顔が厳密に左右対称であることは稀でしょうが、顔が明らかに歪んでいる人の話は信じられないような気がします。

確か自分の記憶では、昔の日本の大物政治家には顔の歪んでる人はなかったような気がします。また、欧米の政治家でも皆無だと思います。

そこで今回は、「顔の歪み」について調べてみました。

■感情が表れやすい人の左顔

ご存知の通り、人間の脳には右脳と左脳があり、それぞれの主な役割は大きく違い、一般的には下記のように言われています。

左脳:読み書き、文字の認識や会話、計算と数理的推理、論理的思考
右脳:図形や映像の認識、イメージの記憶、直感・ひらめき

そのため、左脳はよく「理性の脳」とか「理論脳」と呼ばれ、一方の右脳は「感性の脳」とか「感覚脳」と呼ばれています。

さて肝心の顔の話に戻りますが・・・、
人間の「右顔」は左脳がコントロールし、逆の「左顔」は右脳がコントロールしているそうです。
そのため、左顔には感情が表れやすく、ウソをつくときなどは無意識に左顔の表情が変わるそうです。

一般的に人間の心理は、本音が左顔に、建前が右顔に現れるそうです。そのため、右顔を「よそゆきの顔」、左顔は「ホンネの顔」と呼び、心理カウンセラーなどが相手の表情から感情を見抜く時は、相手の顔の左半分に注目するそうです。

また、普段から「本音と建前が違う発言」ばかりしていると、どんどん顔が歪んでいってしまうそうです。

あの有名な「高須クリニック」の高須克弥院長は・・・、
強い政治家っていうのは、顔も崩れないんだよ。昔でいったら中曽根康弘元首相とかね。歪みもなくしっかりしてたでしょ? 小泉純一郎元首相も顔が崩れてないもんな。」と言っています。

中曽根康弘

小泉純一郎

石破茂

ということは、顔が歪んでいる麻生太郎さんや石破茂さんは、
いつも「本音と建前が違う発言」ばかりしているのでしょうか???

みなさんはどう思います?

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. トランプ大統領とレーガン元大統領の政策は似てる?

    トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそ...
  2. カップラーメン

    インスタントラーメン消費量日本一は、なぜか青森県!?

    みなさんは、「一人あたりのインスタントラーメン消費量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか...
  3. ネイマール メッシ ロナウド

    W杯で活躍するロナウドやメッシの年収は?

    連日熱戦が繰り広げられているW杯が、そこで活躍しているメッシやロナウドなどのスーパースター選手たちの...
  4. 関西大北陽高校サッカー部

    関西大北陽高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    関西大北陽高校サッカー部は、1926年に創部され90年以上の伝統を誇ります。
  5. 女性議員比率

    各国の国会における女性議員比率

    安倍政権は最重要課題のひとつとして「すべての女性が活躍する社会」を実現を目指しており...
  6. 米国防戦略

    米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

    先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国...
  7. 世界のGDPシェアの変遷 ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

    米国のトランプ政権が誕生して1年半が過ぎ、米国の保護主義経済政策はますます加速しています。

Ad

人気の記事

  1. 教育にカネを使わない国ニッポン
  2. 習志野高校サッカー

ピックアップ記事

  1. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  3. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。
  4. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  5. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。