中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直

 

早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
この間に、両国間の人や経済の交流は大幅に拡大してきましが、 互いの国民感情には深い溝が残ったままです。

そこで今回は、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人の国民意識に関する調査」の結果をご紹介していきます。

互いに8割以上の国民が「嫌いだ」と回答

この調査を実施したのは、「ピュー・リサーチ・センター」は、クリントン政権時に米国初の女性国務長官を務めたオルブライト氏と前国連大使のダンフォース氏により運営されています。
調査のサンプル数は、日本が1,000、中国が3,154、ともに全国に住む18歳以上の男女が対象となっています。

 

まず最初の質問は、「日本(中国)を好意的に思っていますか?」というものです。

上のグラフは日本人に聞いた結果で、下のグラフが中国人に聞いた結果です。
また、緑線が「好意的に思っている」と答えた人の比率で、橙線が「非好意的に思っている」と答えた人の比率です。

この質問については、 10年前の2006年から継続的に行われているため、横軸が時系列推移になっています。

結果をみてみると・・・、

中国人の81%日本を非好意的に思っており、逆に日本人の86%中国を非好意的に思っていると回答しています。
つまり、街で日本人と中国人がすれ違ったら、大半の人が互いに「嫌なやつ」と思っていることになります。
こんな国民感情を持つ国同士が、仲良くやっていけるわけがありません。

また、時系列で見ると、最近は日本人も中国人も、非好意的な人が増えてきています。

きっと、国交回復を記念して中国からパンダのカンカン・ランランが贈られたころは、お互いに今とは全く違った国民感情だったような気がします。

一体いつ頃から、こんなに両国の国民感情がもつれてしまったのでしょうか?

下の表は、 太平洋地域の主要4カ国である、日本・中国・インド・オーストラリアのそれぞれの国の国民の中で、他の国に対して好意を持っている人の割合です。
表の見方の例を一つあげると、「オーストラリア人の79%は、日本に対して好意的」ということです。

これ表をじっくりと見ていると、 「日中間の国民感情もつれ」がいかに特異なものであるかが分かりますね。

日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直

次は、お互いの国にどんなイメージを持っているかを聞いたものです。

グラフの緑色が日本人が抱いている中国人のイメージで、逆に橙色が中国人が抱いている日本人のイメージです。

*傲慢(Arrogant)、国家主義的(Nationalistic)、暴力的(Violent)、勤勉(Hardworking )、現代的(modern)、正直(Honest)

どうやら、大半の日本人は中国人のことを、傲慢国家主義的暴力的正直でないと捉えているようです 。

逆に大半の中国人は日本人のことを、傲慢暴力的正直でないと捉えているようです 。

完全にお互いを否定的に捉えています。これでは、いつまでたっても平行線であるのは、やむを得ないことでしょう。
日本人である自分には、日本人が傲慢で暴力的とはとても思えませんが・・・、
まあ、中国人の目にそう映っているならば、「ちょっと考えもの」のような気がします。

この調査には、以下のような質問項目もありますが、これらについては次回にまわしたいと思います。

 ● 第二次世界対戦に対する日本の謝罪に関する質問
 ● 領土問題に対する関心度合いの質問

  ▶▶▶ 日本人は中国のことをどう思っているか?
  ▶▶▶ 中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」
  ▶▶▶ 中国人を一番信用していないのは中国人

 


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 甲子園(高校野球)優勝校予想アンケート

    ネットを見ていたら「第99回全国高校野球選手権大会/優勝校予想アンケート」なるものを...
  2. 青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している青森山田高校サッカー...
  3. 夏休みの宿題どうしてました?

    お盆も過ぎ夏休みも後半戦になりました。
  4. 男性専用車両は受容される?

    最近、「男性専用車両」の導入希望の声がニュースで取り上げられていたり、「痴漢冤罪保険」が誕生したりと...
  5. スクランブル発進、中国の脅威アップで激増中

    先日のNHKのニュースによると、日本領空に接近した外国軍機などに対する自衛隊機のスク...
  6. 米国の白人比率は2050年には47%まで減少

    ご存知の通り、先月トランプ米大統領は、メキシコとの国境沿いに3,200kmの壁を建設...
  7. 2020東京オリンピック

    2020東京オリンピックの全体経費の内訳

    2020東京オリンピックとパラリンピック、開催まで3年半。

Ad

人気の記事

  1. 2000年の日本の人口ピラミッド

ピックアップ記事

  1. 最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  2. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  3. 国の3連休を増やす政策で、飛躍的に3連休が増えましたが、皆さんは何して過ごしていますか? 今回は...
  4. コーヒー通の方はよくご存知かもしれませんが、みなさんはよくコーヒーショップのメニューで見かける「カフ...
  5. みなさんはどうですか? そこで今回は、ギフト総合研究所が2016年9月に実施した「披露宴でのご祝...