インドの人口は2070年には脅威の23.0億人!

世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
しかし、5年後の2022年にはインドが中国と並び、その後はインドが世界一になり続けるそうです。

そこで今回は、インドや中国、そして世界の人口の動向について調べていました。

人口数№1の国は2022年からは中国からインドへ

まずは、中国とインドの人口の推移を見てみました。

人口爆発1

データ出典) 国連人口基金東京事務所

第二次大戦後の1950年の時点での両国の人口は、中国5.4億人インド3.7億人となっていました。
しかし、その後両国の人口は急速に増加してゆき、30年後の1980年には中国は9.9億人インドは6.9億人と両国とも2倍弱まで爆発的に増えました。

その後、中国は1979年から2015年まで「一人っ子政策」で厳格な人口抑制策をとったため、人口増加ペースにブレーキがかかり、35年後の2015年には中国は13.8億人に対して、インドは以前と同じように爆発的なペースで増え続け、13.1億人と中国に急接近しました。

現在の世界全体の人口は70億人といわれているので、冷静に考えると中国人とインド人で世界の人口の約4割弱を占めるということになります。
驚きますね。

現在も、チベット問題であまり関係がよくない中国とインド。もし、両国が戦争でも始めたら、大量の難民で世界は崩壊してしまうのでは・・・。

人口爆発2

話を戻しますと、最近発表された国連予測によれば・・・、

インドの人口は2022年までに約14億人に達して中国と同水準となり、その後もさらに増え続け、中国を上回っていくそうです。
一方の中国の人口は2030年にはピークの14.2億人に達し、その後は減少に転じるそうです。

恐ろしいですね 、人口というものは放っておくと、30年足らずで約2倍にまで増えてしまうとは。

■2050年の世界人口は100億人弱にまで爆発

目を世界全体の人口に向けてみますと・・・、

データ出典) 国連人口基金東京事務所

国連予測では、世界全体の人口は現在の70億人から、2030年までに約85億人2050年までには、2100年ごろには約112億人にまで爆発的に増加し続けるとのことです。

また、国連では2030年時点での人口を上位10カ国を下記のように予想しています。     

1位 インド 15.3億人
2位 中国 14.5億人
3位 米国 3.6億人
4位 インドネシア 3.0億人
5位 ナイジェリア 2.6億人
6位 パキスタン 2.5億人
7位 ブラジル 2.3億人
8位 バングラデシュ 1.9億万人
9位 メキシコ 1.5億人
10位 ロシア 1.4億人

やはり、中国とインドが飛び抜けていますね。
ちなみにインドの人口は、2070年の23.0億人まで増え続け、その後やっと減少に転じるそうです。

現在の安倍首相のように、米国や西ヨーロッパ先進国のご機嫌ばかりを取っている外交政策で本当にいいのでしょうか・・・。

  ▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
  ▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
  ▶▶▶ 日本の将来人口と高齢化の将来像
  ▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    毎年秋になると、マスコミは「ノーベル賞」の話題で持ち切りになりますが、この「ノーベル賞」って何なのだ...
  2. 和食・日本料理のイメージは?

    私たち日本人が毎日食べている和食。外国人からも「ヘルシー」と非常に人気ですね。
  3. 中国人は関西ではなく東京になぜ住むのか?

    以前も「日本に住んでいる外国人の数は?」という記事で触れましたが、現在、日本居住の外国人は220万人...
  4. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  5. スポーツ観戦や2020東京オリンピックに興味がありますか?

    毎日毎日世の中に様々な話題を提供してくれた夏の甲子園大会も、埼玉の花咲徳栄の優勝で幕...
  6. 長期低迷で日本社会が抱えた大きな問題点

    先日ネットである中国人ジャーナリストのコラムを読んでいると、そのコラムの中で彼は次の...
  7. ひとり旅で日頃のストレスを解消しリフレッシュ

    もうすぐ秋の行楽シーズンですね。

Ad

人気の記事

  1. 高齢ドライバー事故
  2. 青森山田サッカー部

ピックアップ記事

  1. もうすぐ妻の誕生日。毎年何を贈ろうか迷っています。
  2. IT専門調査会社として世界的に有名なIDCによれば、2017年の世界のスマートフォン...
  3. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  4. 地球温暖化の影響でさんざん苦しめられた日本ですが、10月に入りさすがに東京でも、朝晩...
  5. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...