中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

前回に引き続き今回も、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人の国民意識に関する調査」の結果をご紹介していきます。

前半部分の調査結果を簡単にまとめますと・・・、

・日本人も中国人も、8割以上がお互いを「嫌い」と言っている。
・日本人も中国人も、お互いに相手を「傲慢で暴力的で正直でない」と考えている。

と、かなり強烈なものでした。

 ▶▶▶前半の調査結果の記事はこちら 

「戦争責任謝罪」に対する認識には大きなギャップ

今回の最初の質問は、「第二次世界対戦に対する日本の謝罪は十分なものか?」というものです。

下の帯グラフで、上の日本人の回答、下の中国人の回答になります。
またグラフ内の、橙の部分は「十分ではない」、 緑の部分は「十分である」、 灰色の部分は「謝罪は必要ない」という回答です。

この質問に対する日本人の回答と中国人の回答には、非常に大きな差があります。

日本人では、年々「十分である」と考える人が増えており、2016年には 「十分ではない 23%」、 「十分である 53%」、 「謝罪は必要ない 17%」となっています。
ただ日本人でも、1/4弱の人たちが「十分ではない」と考えているのは、興味深いことです。

一方、中国人の方はと言うと、 2006年から2016年の間ずっと8割の人が「十分ではない」と考えているのです。

この「戦争に対する日本の謝罪」 問題は、今もちょくちょくTVで取り上げられていますが、 自分はこの問題に関して詳しくないので、 日本人が正しいのか中国人が正しいのかよく分かりません。
今度機会があったら、自分も両政府の言い分について調べてみたいと思います。

中国人にとっても「領土紛争」は心配事

次の質問は「中国と近隣諸国との領土問題が、軍事的紛争にまで拡大するのではないかと心配していますか?」というものです。

下の円グラフで、上は日本人の回答、下は中国人の回答になります。
またグラフ内の色の濃い方から薄い方に向かって、「非常に心配」、「やや心配」、「あまり心配ではない」、「全く心配でない」、「わからない」という回答です。

この問題に関しては、 日本人も中国人も 半数以上の人は「心配」と答えています。

ただ、その「心配」 のレベルにはかなり差があり、「非常に心配」と答えている人が、日本人では35%もいますが、中国人では約半分の18%しかいません。

きっと、このような中国人特有の楽観主義が、国際社会でいろいろな摩擦を生んでいるのでしょう。

日本人と中国人、言葉が通じない上に、お互いの国民感情がこんな状況では、あと10年経とうが、50年経とうが、絶対に上手くやっていけないのではないでしょうか。

  ▶▶▶ 日本人は中国のことをどう思っているか?
  ▶▶▶ 中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直
  ▶▶▶ 中国人を一番信用していないのは中国人


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 中国砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  2. 東福岡高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している東福岡高校サッカー部...
  3. マグロのお寿司はお好きですか?

    最近大流行の回転寿司でも人気ナンバーワンのマグロ。
  4. 夏休みの宿題どうしてました?

    お盆も過ぎ夏休みも後半戦になりました。
  5. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  6. EU離脱候補国はフランス、ギリシャ?

    EU離脱を選択した英国民投票から約1年後、ようやく正式な英国のEU離脱交渉が先週から...
  7. ゴールデンエイジ

    運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...

Ad

人気の記事

  1. 青森山田サッカー部
  2. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. 昭和から平成へと世の中が大きく変わっていますが、この間新入社員の働くことについての意...
  2. お盆も近づき夏もあと僅か。
  3. 皆さんは、「神経内科」という診療科をご存知ですか? また、「脳神経外...
  4. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  5. お薦め銭湯ベスト10
    最近のように寒くなってくると、楽しみたくなるのが「温泉」ですね。