中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

前回に引き続き今回も、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人の国民意識に関する調査」の結果をご紹介していきます。

前半部分の調査結果を簡単にまとめますと・・・、

・日本人も中国人も、8割以上がお互いを「嫌い」と言っている。
・日本人も中国人も、お互いに相手を「傲慢で暴力的で正直でない」と考えている。

と、かなり強烈なものでした。

 ▶▶▶前半の調査結果の記事はこちら 

「戦争責任謝罪」に対する認識には大きなギャップ

今回の最初の質問は、「第二次世界対戦に対する日本の謝罪は十分なものか?」というものです。

下の帯グラフで、上の日本人の回答、下の中国人の回答になります。
またグラフ内の、橙の部分は「十分ではない」、 緑の部分は「十分である」、 灰色の部分は「謝罪は必要ない」という回答です。

この質問に対する日本人の回答と中国人の回答には、非常に大きな差があります。

日本人では、年々「十分である」と考える人が増えており、2016年には 「十分ではない 23%」、 「十分である 53%」、 「謝罪は必要ない 17%」となっています。
ただ日本人でも、1/4弱の人たちが「十分ではない」と考えているのは、興味深いことです。

一方、中国人の方はと言うと、 2006年から2016年の間ずっと8割の人が「十分ではない」と考えているのです。

この「戦争に対する日本の謝罪」 問題は、今もちょくちょくTVで取り上げられていますが、 自分はこの問題に関して詳しくないので、 日本人が正しいのか中国人が正しいのかよく分かりません。
今度機会があったら、自分も両政府の言い分について調べてみたいと思います。

中国人にとっても「領土紛争」は心配事

次の質問は「中国と近隣諸国との領土問題が、軍事的紛争にまで拡大するのではないかと心配していますか?」というものです。

下の円グラフで、上は日本人の回答、下は中国人の回答になります。
またグラフ内の色の濃い方から薄い方に向かって、「非常に心配」、「やや心配」、「あまり心配ではない」、「全く心配でない」、「わからない」という回答です。

この問題に関しては、 日本人も中国人も 半数以上の人は「心配」と答えています。

ただ、その「心配」 のレベルにはかなり差があり、「非常に心配」と答えている人が、日本人では35%もいますが、中国人では約半分の18%しかいません。

きっと、このような中国人特有の楽観主義が、国際社会でいろいろな摩擦を生んでいるのでしょう。

日本人と中国人、言葉が通じない上に、お互いの国民感情がこんな状況では、あと10年経とうが、50年経とうが、絶対に上手くやっていけないのではないでしょうか。

  ▶▶▶ 中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直
  ▶▶▶ 中国人を一番信用していないのは中国人



人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 今の日本社会そのものが抱える大きな問題点

    先日ネットである中国人ジャーナリストのコラムを読んでいると、そのコラムの中で彼は次の...
  2. 国会議員の給与2

    国会議員の給与・年収はいくら?

    相変わらず国会では、加計学園だとか森友学園だとかって、まるでテレビのバラエティー番組...
  3. 中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

    前回に引き続き今回も、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人...
  4. 日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。
  5. 急増している世界のイスラム教徒

    テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒。
  6. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

    アメリカ大統領を途中解任(罷免)ってできるの?

    この夏頃から、毎日のように世界中のマスコミをにぎわせている「アメリカ大統領選」。
  7. 中国に対する日本人の国民感情は20年で一転

    先日総理府のHPを見ていたら、日本と中国の関係を見ていく上で面白いデータを発見したので、今回は...

Ad

人気の記事

  1. 中国砂漠化

ピックアップ記事

  1. 脳
    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...
  2. 電通によれば、2016年の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス成長と...
  3. 最近テレビとか新聞で、日本各地で「空き家の急増」が社会問題化していると報じています。
  4. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  5. こんばんは。