地球温暖化問題と中国等のCO2排出の現状

CO2排出量9

ニュース報道によると、トランプ米大統領が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱する方針を決めたとのこと。
世界の大半の国が批准しているこのパリ協定ですが、世界2位の温室効果ガス排出国(CO2排出)の米国が自分勝手に離脱すれば、協定自体がガタガタになり、国際的な温暖化対策は大きく後退するのでは?
自分も二人の子を持つ親、やはり地球温暖化問題には非常に関心があります。そこで今回は、地球温暖化問題とパリ協定について色々調べてみました。

■地球温暖化の現状と将来予測

CO2など温室効果ガスの増加で、地球の平均気温は上がり続けており、1880~2012年の間で世界平均気温は0.85℃上昇、同様に海面のほうも1901~2010年の間で、19cm上昇しているそうです。

温暖化2

また今後、世界が厳しい対策を取らなければ、地球の平均気温は2100年には、最大4.8度上昇し、海面は海水温の上昇による熱膨張と氷河などの融解によって、2100年までに最大82cm上昇すると予測されています。
そうなった時の異常気象については様々語られていますが、きっと恐ろしい世界になっているのでしょう。

■「パリ協定」とは?

パリ協定は2020年以降の地球温暖化対策の新しい国際ルールとして、2015年12月に結ばれた多国間の国際的な協定です。
この協定は罰則を伴うものではなく、あくまでも各国相互の努力目標の形をとっており、具体的内容は以下の通りです。

1,世界の平均気温上昇を、産業革命から2.0度未満、できれば1.5度に押さえる
2.今世紀後半に温室効果ガスの排出を実質ゼロにする
3.参加国は削減目標をたて、5年ごとに見直し、国連に報告する
4.温暖化被害への対応、いわゆる適応策にも取り組む
5.途上国への資金支援を先進国に義務つける     等

なんか、これだけだと非常に抽象的でゆるゆるのような気がしますが・・・。

■主要国のCO2排出の現状

2013年時点の全世界の CO2排出量は33,573億tで、なんと中国と米国の2ヶ国だけでで全世界の排出量の46%を占めています。

CO2排出量1
CO2排出量上位国(2013年)

このあとには、16位 オーストラリア、17位 イタリア、18位 フランスと欧米先進国が並んでいます。

以下のグラフは、主要国の1980年からのCO2排出量の推移です。

CO2排出量2

CO2排出量3

CO2排出量4

CO2排出量5

CO2排出量6

CO2排出量7CO2排出量8

この間の経済成長が著しいかった「中国」「インド」はしょうがないような気がしますが、欧米先進国に比べ、日本が全然減少していないのは驚きました。
阿部首相はテレビで、あれだけ「地球温暖化対策推進!、CO2削減の実行!」と喋りまくっているのに、結果がこれでは、世界中から白い目で見られるのではないんでしょうか?

すでに世界中に発表している日本の目標は「2030年度までに、2013年度比で温室効果ガスの排出を26%削減2050年には、80%削減」です。
阿部さんのいつものような小手先騙し政策で、本当に目標を達成できるのでしょうか?

  ▶▶▶ 猛毒を持つ「ヒアリ」の日本上陸は時間の問題?
  ▶▶▶ 中国の知られざるアキレス腱、砂漠化問題!
  ▶▶▶ 
「地球温暖化問題」、女より男の方が関心が高い!

 

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 親に対する感謝の気持ち

    今回は、株式会社PFUが2017年6月に実施した「感謝の気持ちに関する意識調査」の結果をご紹介します...
  2. くつろぎの時間に何をしてますか?

    今回は、アサヒビールが2010年9月に実施した「くつろぎの時間に関するアンケート」の...
  3. トランプ大統領とレーガン元大統領の政策は似てる?

    トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそ...
  4. マグロのお寿司はお好きですか?

    最近大流行の回転寿司でも人気ナンバーワンのマグロ。
  5. スティーブン・バノン

    トランプ大統領の参謀スティーブン・バノンは危険人物?

    最近、トランプ政権関係のニュースで記事で、ちょくちょく目や耳にするスティーブン・バノ...
  6. ネット時代の新聞の現状

    最近は、インターネットやスマホの普及とともに新聞を読む人が減ってきているという話を耳...
  7. 日本旅行を希望する中国人のその意識は?

    一時の団体客による爆買いがおさまりまりやや目立たなくなった中国人観光客ですが、いまだ...

Ad

人気の記事

  1. 中国砂漠化
  2. 高齢ドライバー事故
  3. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

ピックアップ記事

  1. 総務省から発表された科学技術研究調査によると、日本の「技術貿易」の黒字は年々増え続け...
  2. もうすぐ妻の誕生日。毎年何を贈ろうか迷っています。
  3. コーヒー通の方はよくご存知かもしれませんが、みなさんはよくコーヒーショップのメニューで見かける「カフ...
  4. ようやく梅雨も開け夏本番。夏の風物詩とも言える食べ物、スイカ。
  5. 最近の東京は「熱中症厳重注意」が毎日のように続いています。