2020年東京オリンピックの経済波及効果

オリンピックの経済波及効果

 

 今年の3月、東京都は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う2030年までの経済波及効果が、全国で約32兆円となり、また約194万人の雇用が生まれると発表しています。
ほんまかいな? 

そこで今回は、この東京オリンピック・パラリンピック経済波及効果について調べてみました。

■経済波及効果32兆円のうち27.1兆円がレガシー効果?

東京都が発表した内容を詳しく見ていくと、 施設整備費や大会運営費やマスコミ関連費などの直接的効果5.2兆円、いくら読んでも実体がよくわからないレガシー効果27.1兆円で85%を占めています。

また、東京都に限ってみると直接的効果が3.3兆円、レガシー効果が17.0兆円、計20.4兆円で全体の6割強を占めています。

レガシーは日本語に訳すと「遺産」ですが・・・、
東京都によるとこのレガシー効果27.1兆円は、2020年東京大会が終わった後も2030年まで続く(残る)と考えられる有形・無形の経済波及効果の合計金額のようです。

■いったい何がレガシー効果なの?

そこで、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が2016 年7月に発表した「東京 2020アクション&レガシープラン 2016」をみてみました。

このプランの内容は、オリンピック終了後もオリンピックレガシーを創り遺すために、様々なことをして経済波及効果につなげていくための政策案です。

この100頁にもおよぶプランの中から、プランの核となる部分を以下に引用しました。

組織委員会は、関係団体をはじめとする様々な主体と連携して、レガシーを残すためのアクションを、オールジャパン体制で推進していきます。(中略)
さて、組織委員会は広がりあるアクション&レガシープランを策定するため、5 本の柱を立てそれぞれの検討を進める 5 つの専門委員会を設置しました。
「スポーツ・健康」はオリンピック・パラリンピックがスポーツのイベントである、「街づくり・持続可能性」は各競技場の後利用や環境等への配慮の観点、「文化・教育」はオリンピック憲章にも掲げられている不可欠の分野、「経済・テクノロジー」は世界に誇る日本の技術を PR していくものとなっています。また、「復興・オールジャパン・世界への発信」は震災からの復興との結びつきに加え、5 本の柱で多岐に渡る分野をカバーするための受け皿となっています。

このあとも「お題目だけでなんの中身のない内容」が延々と続いています。

まず始めに「政策」ということは、関係省庁や都庁、及び関係者が「お金を使う」ということです。
引用部分の“レガシーを残すためのアクションを、オールジャパン体制で推進していきます。”=“オリンピック終了後も10年間はお金を使います”と国民に宣言しているのです。

結局自分には、“レガシー効果”をエサにし、
「オリンピック終了後も、たくさんお金を使うといいことあるよ」と、
開催前の今から国民を騙している(洗脳)としか思えないのですが・・・。

  ▶▶▶ 2020東京オリンピックの全体経費の内訳
  ▶▶▶ 東京オリンピックに向け、タトゥーの人も温泉入浴OKへ?
  ▶▶▶ 2020東京オリンピックは失敗に終わる?
  ▶▶▶ 東京オリンピックで新設する都立競技施設6つ

Ad

意外な事実

  1. 北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

    時が経つのは早いもので、マレーシアのクアラルンプールで、金正男氏が毒殺されてから、半...
  2. 米国の貿易赤字削減政策と人民元の行末は?

    昨日、ウォールストリートジャーナルHPを見ていると、「世界の投資家、中国買い控える。
  3. ヒアリ1

    猛毒を持つ「ヒアリ」の日本上陸は時間の問題?

    先日、神戸市の神戸港(ポートアイランド)で中国の広州からの貨物船のコンテナから、特定外来生物にも指定...
  4. ゴールデンエイジ

    運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...
  5. 教育にカネを使わない国ニッポン

    奨学金制度や大学の授業料無償化などの教育分野にカネを使わない日本

    今年も本格的な受験シーズンが始まりましたねぇ。
  6. 原発

    世界の国別原発の数と今後の原発動向

    2011年3月の東日本大震災の福島原発事故以来、日本にある原発はいったん運転を停止し...
  7. スクランブル発進、中国の脅威アップで激増中

    先日のNHKのニュースによると、日本領空に接近した外国軍機などに対する自衛隊機のスク...

Ad

人気の記事

  1. 白人比率の低下
  2. 中国の街の雑踏
  3. 教育にカネを使わない国ニッポン
  4. 青森山田
  5. 蔵王山も火山活動

ピックアップ記事

  1. 先週末から、娘がインフルエンザにかかり、1週間ほど家で寝込んでいました。
  2. ヒアリ1
    先日、神戸市の神戸港(ポートアイランド)で中国の広州からの貨物船のコンテナから、特定外来生物にも指定...
  3. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  4. IT専門調査会社として世界的に有名なIDCによれば、2017年の世界のスマートフォン...
  5. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...