「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」って何?

ADHD1

最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?

このADHDは英語のAttention Deficit Hyperactivity Disorderの略で、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの症状がみられる発達障害のことだそうです。

元々は子ども特有の病気と考えられてきましたが、最近は大人にも見られるそうです。

そこで今回は、「大人のADHD」について調べてみました。

■注意不足、落ち着きがない、キレやすい

このADHDの症状(注意不足、落ち着きがない、キレやすい)は、学童期の有病率は3~7%と言われ、おおむね7歳くらいまでに出現し、特に男性に多いとされています。

ADHD2

以前は成人期になると、症状が落ち着き目立たなくなるとも言われていましたが、現在では半数以上が成人期になってからも症状が続くということが分かってきたそうです。

これって、本当に病気と言っていいの?

自分も二人の子どもを育ててきましたが、こんなことはよくあることで、逆にこんな症状で子どもを病院に連れて行ったら可愛そうな気もしますが・・・。

ADHDの正確な原因は、未だに解明されてないようですが、ただ生まれつき脳内の神経伝達物質のバランスが悪く、その結果、中枢神経の機能に何らかの障害が発生するという説が有力とのこと。国内の成人のADHD有病率は1.7%と推定されています。

■ADHDって本当に病気なの?

以下は毎日新聞で紹介されていた、ADHDの患者さんにありがちな日常生活での症状です。

(1)重要なことを後回しにしてしまう。
(2)計画したことが最後まで実行できない。
(3)単純なルーティンワークにどうしてもなじめない。
(4)夜に熟睡できない。
(5)コーヒーにうまく砂糖が入れられない。
(6)はさみがうまく使えない。
(7)新しい機械の使い方を教わってもうまく作動させられない。
(8)自動車の運転中にやたらとクラクションを鳴らす、頻繁に車体をこすってしまう。
(9)運転中に車間距離がつかめない。
(10)スリッパをうまく脱ぐことができない。
(11)電気をつけっぱなしにしがちである。
(12)鍵をかけ忘れる。
(13)メールを書こうとしても文章がまとまらず何度も読み返す、送信相手を間違える。
(14)ネガティブシンキング(悲観的)になりがちである。
(15)自分を抑えることができない。

新聞では、これらのうち複数が当てはまる場合は、ADHDを疑って専門医を受診してみても良いとすすめていました。

これって、普通の人なら数個は当てはまるのでは?

躁鬱病にしろ、このADHDにしろ、精神科の病気は抽象的すぎてよくわかりません。単なる「本人の甘えからくる現実逃避」と区別が付くのでしょうか?

ようは本人の「気の持ちよう」な気もしますが・・・、
みなさんはどう思いますか?

  ▶▶▶ 寝不足で重大疾病のリスクが増していく睡眠負債って何?
  ▶▶▶ 都議会議員の給与ってご存知?
  ▶▶▶ 中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直
  ▶▶▶ 
ストレスどう解消?

 

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 日本代表U15メンバー表(2017年招集選手)

    【GK】 6名山田 大樹 2002.01.08、186cm/72kg、鹿島アントラーズユース...
  2. トランプ大統領誕生で日本はどうなる?

    11月9日に米国大統領に当選したトランプ氏。
  3. 高円宮杯U18やプレミアリーグ昇格戦ってなに?

    サッカーにそれほど詳しくない人でも、この時期になると「高円宮杯U18」という言葉をよく耳にすると思い...
  4. 日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。
  5. 喜ばれる出産祝いは何?

    今回は、ギフト総合研究所が2016年12月に実施した「出産祝いに関するアンケート」の...
  6. キャビンアテンダント

    キャビンアテンダント(客室乗務員)の出身大学は?

    今も昔も女性の花形職業の一つで、かってはスチュワーデスと呼ばれた、キャビンアテンダント=CA(客室乗...
  7. フランスの大統領の任期中の解任はできない?

    就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。

Ad

人気の記事

ピックアップ記事

  1. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  2. 今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  3. 最近、受動喫煙の関係から、街なかでゆっくりと座ってタバコを吸える場所がどんどん少なく...
  4. 最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  5. 人それぞれ誕生日や結婚記念日など様々な記念日がありますが、その記念日をどう過ごしてま...