「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」って何?

ADHD1

最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?

このADHDは英語のAttention Deficit Hyperactivity Disorderの略で、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの症状がみられる発達障害のことだそうです。

元々は子ども特有の病気と考えられてきましたが、最近は大人にも見られるそうです。

そこで今回は、「大人のADHD」について調べてみました。

■注意不足、落ち着きがない、キレやすい

このADHDの症状(注意不足、落ち着きがない、キレやすい)は、学童期の有病率は3~7%と言われ、おおむね7歳くらいまでに出現し、特に男性に多いとされています。

ADHD2

以前は成人期になると、症状が落ち着き目立たなくなるとも言われていましたが、現在では半数以上が成人期になってからも症状が続くということが分かってきたそうです。

これって、本当に病気と言っていいの?

自分も二人の子どもを育ててきましたが、こんなことはよくあることで、逆にこんな症状で子どもを病院に連れて行ったら可愛そうな気もしますが・・・。

ADHDの正確な原因は、未だに解明されてないようですが、ただ生まれつき脳内の神経伝達物質のバランスが悪く、その結果、中枢神経の機能に何らかの障害が発生するという説が有力とのこと。国内の成人のADHD有病率は1.7%と推定されています。

■ADHDって本当に病気なの?

以下は毎日新聞で紹介されていた、ADHDの患者さんにありがちな日常生活での症状です。

(1)重要なことを後回しにしてしまう。
(2)計画したことが最後まで実行できない。
(3)単純なルーティンワークにどうしてもなじめない。
(4)夜に熟睡できない。
(5)コーヒーにうまく砂糖が入れられない。
(6)はさみがうまく使えない。
(7)新しい機械の使い方を教わってもうまく作動させられない。
(8)自動車の運転中にやたらとクラクションを鳴らす、頻繁に車体をこすってしまう。
(9)運転中に車間距離がつかめない。
(10)スリッパをうまく脱ぐことができない。
(11)電気をつけっぱなしにしがちである。
(12)鍵をかけ忘れる。
(13)メールを書こうとしても文章がまとまらず何度も読み返す、送信相手を間違える。
(14)ネガティブシンキング(悲観的)になりがちである。
(15)自分を抑えることができない。

新聞では、これらのうち複数が当てはまる場合は、ADHDを疑って専門医を受診してみても良いとすすめていました。

これって、普通の人なら数個は当てはまるのでは?

躁鬱病にしろ、このADHDにしろ、精神科の病気は抽象的すぎてよくわかりません。単なる「本人の甘えからくる現実逃避」と区別が付くのでしょうか?

ようは本人の「気の持ちよう」な気もしますが・・・、
みなさんはどう思いますか?

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. マヨネーズ

    マヨネーズの消費量日本一は、なぜか鳥取県!?

    みなさんは、「一人あたりのマヨネーズの消費量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?自...
  2. 昭和40年代

    今では信じられない昭和の常識ランキング

    平成もいよいよ30年を迎えるわけですが、その1つ前の「昭和」の時代とは大きく変わっています。
  3. 世界最速ジェットコースター

    世界最速ジェットコースターは?

    先日、トリップアドバイザーは、世界各地にある高速ジェットコースターのランキングをインフォグラフィック...
  4. 安倍政権

    安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?

    阿部政権は、「景気は良くなってきている」「アベノミクスは順調に推移」と言っていますが、自分には全くそ...
  5. 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?

    先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  6. 教育にカネを使わない国ニッポン

    奨学金制度や大学授業料無償化などの教育分野にカネを使わない日本

    今年も本格的な受験シーズンが始まりましたねぇ。
  7. 渋谷

    すでに日本人の若者が減っている東京の現実!

    先日、TVを見ていると「東京の若者が消える」というタイトルの番組がありました。

Ad

人気の記事

  1. 教育にカネを使わない国ニッポン
  2. 国会議員の給与2

ピックアップ記事

  1. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  3. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  4. 所得2極化
    「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」これは石川啄木の有名な俳句ですが...
  5. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。