北方四島に対するロシア人の意識

 

昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。いったい今はどうなっているのでしょうか?
外務省HPを見ていたら、昨年の春に実施されたロシア国民を対象としたアンケート結果があったので、今回はその一部をご紹介します。
ロシア国民の日本に対する意識や領土に対する捉え方がわかるなかなか珍しいアンケートです。

■日本は「友好関係にあるが信頼度は今ひとつ!」

この調査は、「ロシアにおける対日世論調査」として数年に1回定期的に行われている調査ので、その調査概要は以下の通りです。

【調査の概要】

調査対象: 18 歳以上のロシア国民 の男女
回答者数: 3,600 人
     (多段抽出層化地域別無作為サンプリングによりロシアの人口を代表)
調査地域:ロシア全域
実査時期:2016年3-4月

まずは、日本とロシアの関係についての質問ですが・・・、
「友好関係にある、どちらかというと友好関係にある」と回答した人が78%と非常に多い。
そうなんです、戦後70年を経て、ロシア人の多くは日本に対して友好的なんです。

次に「友好国としての信頼度」についての質問ですが・・・、
「信頼できる」が52%、「信頼できない」が42%となっています。
友好国とはしているが、信頼度については疑問視する人も半数弱いるのが現状。これでは、北方四島返還交渉など難しい気もしますが・・・。

また、以下の質問の回答を見ても、ロシア人にとって日本は「それほど重要なパートナー」と思われていないようです。
つまり、北方四島の領土問題で日本サイドが難儀なことを言ってくるなら、実効支配しているロシアサイドは「無視」もありうるのでは・・・。

■多くのロシア人にとって「北方四島帰属問題」は関心外

以下は、北方四島についての質問ですが、「帰属交渉」そのものの存在を知らない人が31%もいます。
北方四島帰属に関する質問では、「ロシアに帰属する」との意見が53%、「日本に帰属する」との意見はたったの1%と極めて厳しい結果です。
ロシア国民の意識がこれじゃ、北方四島の問題など交渉のテーブルにすらのらないでしょう。安倍さんは、プーチン大統領との会談のあとの記者会見ではいいことばかり言っていましたが・・・。

これらのアンケート結果を見る限りでは、多くのロシア国民にとって「北方四島帰属問題」は日本サイドが勝手に持ち上げている問題で、ロシアサイドとしては極めて関心が薄いと思われます。

会談後の記者会見でプーチンさんの言った通り、ロシアにとっては「取り組むにしてもまだ時期尚早な課題」が正しい認識なのではないでしょうか。
半年前の安倍さんは「北方四島返還交渉スタート!」とあんなに騒いでいたのに、一向に鳴かず飛ばずで音沙汰なし。
本当に安倍さんの外交は、いつも税金の無駄遣いで成果なし!

  ▶▶▶ 北方領土問題は安倍政権下で解決?

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 日本人の中国イメージは大きく変化

    先日総理府のHPを見ていたら、日本と中国の関係を見ていく上で面白いデータを発見したので、今回は...
  2. 一人での外食やレジャーは好きですか?

    「牛丼屋」(70.1%)みなさんは、たった一人で外食店やレジャー施設を利用しますか? 今回は...
  3. CO2排出量9

    地球温暖化問題と中国等のCO2排出の現状

    ニュース報道によると、トランプ米大統領が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱する方針を決...
  4. 原発事故処理費用は、昨年の世界中の自然災害の被害額計と同じ

    まもなく、東京電力福島第一原発事故発生から、丸6年が経ちます。
  5. 若者の結婚離れ進行中

    いまどきの若者は、“結婚にメリットがないと感じており、若者の結婚離れが進んでいると言...
  6. インドの人口は2070年には脅威の23.0億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  7. 安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?

    阿部政権は、景気は良くなってきていると言っていますが、自分には全くその実感がありません。

Ad

人気の記事

  1. スティーブン・バノン
  2. 高齢ドライバー事故

ピックアップ記事

  1. ご存知の通り、2015年6月17日に選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる...
  2. そろそろ会期末が迫ってきた国会では、野党が加計学園問題をもとに例年通り?「内閣不信任...
  3. 女性の社会進出に伴い、女性がお酒を日常的に楽しむシーンが増えてきましたね。
  4. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  5. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...