北方四島に対するロシア人の意識

 

昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。いったい今はどうなっているのでしょうか?
外務省HPを見ていたら、昨年の春に実施されたロシア国民を対象としたアンケート結果があったので、今回はその一部をご紹介します。
ロシア国民の日本に対する意識や領土に対する捉え方がわかるなかなか珍しいアンケートです。

■日本は「友好関係にあるが信頼度は今ひとつ!」

この調査は、「ロシアにおける対日世論調査」として数年に1回定期的に行われている調査ので、その調査概要は以下の通りです。

【調査の概要】

調査対象: 18 歳以上のロシア国民 の男女
回答者数: 3,600 人
     (多段抽出層化地域別無作為サンプリングによりロシアの人口を代表)
調査地域:ロシア全域
実査時期:2016年3-4月

まずは、日本とロシアの関係についての質問ですが・・・、
「友好関係にある、どちらかというと友好関係にある」と回答した人が78%と非常に多い。
そうなんです、戦後70年を経て、ロシア人の多くは日本に対して友好的なんです。

次に「友好国としての信頼度」についての質問ですが・・・、
「信頼できる」が52%、「信頼できない」が42%となっています。
友好国とはしているが、信頼度については疑問視する人も半数弱いるのが現状。これでは、北方四島返還交渉など難しい気もしますが・・・。

また、以下の質問の回答を見ても、ロシア人にとって日本は「それほど重要なパートナー」と思われていないようです。
つまり、北方四島の領土問題で日本サイドが難儀なことを言ってくるなら、実効支配しているロシアサイドは「無視」もありうるのでは・・・。

■多くのロシア人にとって「北方四島帰属問題」は関心外

以下は、北方四島についての質問ですが、「帰属交渉」そのものの存在を知らない人が31%もいます。
北方四島帰属に関する質問では、「ロシアに帰属する」との意見が53%、「日本に帰属する」との意見はたったの1%と極めて厳しい結果です。
ロシア国民の意識がこれじゃ、北方四島の問題など交渉のテーブルにすらのらないでしょう。安倍さんは、プーチン大統領との会談のあとの記者会見ではいいことばかり言っていましたが・・・。

これらのアンケート結果を見る限りでは、多くのロシア国民にとって「北方四島帰属問題」は日本サイドが勝手に持ち上げている問題で、ロシアサイドとしては極めて関心が薄いと思われます。

会談後の記者会見でプーチンさんの言った通り、ロシアにとっては「取り組むにしてもまだ時期尚早な課題」が正しい認識なのではないでしょうか。
半年前の安倍さんは「北方四島返還交渉スタート!」とあんなに騒いでいたのに、一向に鳴かず飛ばずで音沙汰なし。
本当に安倍さんの外交は、いつも税金の無駄遣いで成果なし!

  ▶▶▶ 北方領土問題は安倍政権下で解決?

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 第96回全国高校サッカー選手権の代表校

    毎年、年末年始に行われる高校サッカー選手権。
  2. キャビンアテンダント

    キャビンアテンダント(客室乗務員)の出身大学は?

    今も昔も女性の花形職業の一つで、かってはスチュワーデスと呼ばれた、キャビンアテンダント=CA(客室乗...
  3. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  4. 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

    皆さんは、「炭酸泉」というものをご存知ですか?自分は、東京の大井町駅前にある、“...
  5. 情報源としての2強媒体はTVとNET

    日ごろの皆さんの情報源とは何でしょうか? ここ数年のスマホの普及とそれに伴う新聞や雑誌などの紙媒体の...
  6. 日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。
  7. 全国の道路ライブカメラリンク集

    みなさんは国土交通省が、日本各地に何千というライブカメラを設置しているをご存知ですか? しかもそ...

Ad

人気の記事

  1. 2000年の日本の人口ピラミッド
  2. 国会議員の給与2
  3. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

ピックアップ記事

  1. そろそろお盆が近づいてきましたが、お休みは取れそうですか? 今回は資料JPが実施した「お盆休みに...
  2. ようやく梅雨も開け夏本番。夏の風物詩とも言える食べ物、スイカ。
  3. 最近テレビや新聞では、日本各地で「空き家の急増」が社会問題化していると報じています。
  4. 早いものでもう7月、ヨーロッパではバカンスシーズンの到来ですね。
  5. ご存知の通り、2015年6月17日に選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる...