食料自給率、日本はどの程度?

食料自給率6

 

先日テレビを見ていると、「世界の人口爆発と食糧難および日本の食料自給率」について話をしていました。番組によれば、「主食の米以外はほとんど輸入に頼っているのに、コンビニ弁当の廃棄とか、家庭内残飯の多さなど国民の食料に対する意識が低すぎる」 とのことでした。
そこで今回は、海外と比較しながら日本の食料自給率の現状について見てみました。なお、この記事の資料の出典は農林水産省HPになります。

■食料自給率はカロリーベースで39%、金額ベースで66%

まずはじめに食料自給率とは何かですが、農林水産省によれば「国内の食料消費が、国産でどの程度賄えているかを示す指標」とのことです。裏を返せば、「日本の食料がどれだけ輸入に頼っているか」と言うことです。
その示し方については、単純に重量で計算することができる品目別自給率と、様々な食料について「カロリーや金額という共通のものさし」で単位を揃え計算する総合食料自給率の2種類があるようです。

下のグラフは、50年余の日本の総合食料自給率の推移です。

食料自給率1

これを見ると、50年前にはカロリーベースで73%、金額ベースで86%もあった自給率でしたが、ともに右肩下がりで推移し、現在はカロリーベースで39%、金額ベースで66%にまで落ち込んでいます。
ちょっと余談になりますが、カロリーベースのスコアを金額ベースが大幅に上回っているのは、国産の食材が価格が高いということを間接的に示しています。まあ食の安全性や微妙な味覚を考えるとやむを得ないような気もしますが・・・。

■西欧先進国を大きく下回る日本の食料自給率

この総合食料自給率を他国と比較してみたのが以下のグラフです。

食料自給率2

ドイツやイギリス、イタリアといった先進工業国でも 食料の自給率はかなり高く、カロリーベース・金額ベースともに50%を割っている国はありません。農業国としても有名なフランスはともかく、ドイツやイギリスは日本と変わらないだろうと思っていたので、この数字はかなり意外でした。 w(゚o゚)w

最後に品目別自給率ですが、やはりタンパク源となる品目は極めて自給率が低く、海外依存率が異常に高くなっています。

国は、平成37年度までに食料の自給率を39%→45%(カロリーベース)に引き上げようとしており、「ごはんを食べよう。和食を食べよう。」 などと下記のように一生懸命宣伝しています。
しかし、「食は個人の好み」なので今さら国民の食生活が昔のように和食中心の食生活に戻るとは考えられません。いい加減に「米に偏重」したの政策を抜本的に見直し、どんどん洋食化していく国民の食生活の変化に合わせた農業構造に変えていく必要があるのではないでしょうか?

▶▶▶ 30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?

    昨日、テレビで自民党の派閥再編のニュースを見ていた時、「麻生太郎さんや石破茂さんのよ...
  2. 内閣不信任決議案って何?

    そろそろ会期末が迫ってきた国会では、野党が加計学園問題をもとに例年通り?「内閣不信任...
  3. 米国連邦議会

    トランプ政権の運命の分かれ道である米国中間選挙

    最近、TV等で目にすることが多くなった「米国中間選挙」という言葉。
  4. 国民不在で勝手に進められる日本の原子力政策

    先日、認可法人・使用済燃料再処理機構は、青森県六ケ所村で進めているの原子力発電所から出る使用済み核燃...
  5. 男性専用車両は受容される?

    最近、「男性専用車両」の導入希望の声がニュースで取り上げられていたり、「痴漢冤罪保険」が誕生したりと...
  6. ビジット・ジャパンの効果と訪日外国人旅行者数

    最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  7. 蔵王山も火山活動

    世界の活火山の7%を占める日本の活火山とそれに対する政府の対応状況

    東北の温泉とスキーのメッカ「蔵王」。

Ad

人気の記事

  1. 神経内科
  2. 弾道ミサイル
  3. 東福岡高校
  4. 東京

ピックアップ記事

  1. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  2. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  3. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  4. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  5. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。