食料自給率、日本はどの程度?

食料自給率6

 

先日テレビを見ていると、「世界の人口爆発と食糧難および日本の食料自給率」について話をしていました。番組によれば、「主食の米以外はほとんど輸入に頼っているのに、コンビニ弁当の廃棄とか、家庭内残飯の多さなど国民の食料に対する意識が低すぎる」 とのことでした。
そこで今回は、海外と比較しながら日本の食料自給率の現状について見てみました。なお、この記事の資料の出典は農林水産省HPになります。

■食料自給率はカロリーベースで39%、金額ベースで66%

まずはじめに食料自給率とは何かですが、農林水産省によれば「国内の食料消費が、国産でどの程度賄えているかを示す指標」とのことです。裏を返せば、「日本の食料がどれだけ輸入に頼っているか」と言うことです。
その示し方については、単純に重量で計算することができる品目別自給率と、様々な食料について「カロリーや金額という共通のものさし」で単位を揃え計算する総合食料自給率の2種類があるようです。

下のグラフは、50年余の日本の総合食料自給率の推移です。

食料自給率1

これを見ると、50年前にはカロリーベースで73%、金額ベースで86%もあった自給率でしたが、ともに右肩下がりで推移し、現在はカロリーベースで39%、金額ベースで66%にまで落ち込んでいます。
ちょっと余談になりますが、カロリーベースのスコアを金額ベースが大幅に上回っているのは、国産の食材が価格が高いということを間接的に示しています。まあ食の安全性や微妙な味覚を考えるとやむを得ないような気もしますが・・・。

■西欧先進国を大きく下回る日本の食料自給率

この総合食料自給率を他国と比較してみたのが以下のグラフです。

食料自給率2

ドイツやイギリス、イタリアといった先進工業国でも 食料の自給率はかなり高く、カロリーベース・金額ベースともに50%を割っている国はありません。農業国としても有名なフランスはともかく、ドイツやイギリスは日本と変わらないだろうと思っていたので、この数字はかなり意外でした。 w(゚o゚)w

最後に品目別自給率ですが、やはりタンパク源となる品目は極めて自給率が低く、海外依存率が異常に高くなっています。

国は、平成37年度までに食料の自給率を39%→45%(カロリーベース)に引き上げようとしており、「ごはんを食べよう。和食を食べよう。」 などと下記のように一生懸命宣伝しています。
しかし、「食は個人の好み」なので今さら国民の食生活が昔のように和食中心の食生活に戻るとは考えられません。いい加減に「米に偏重」したの政策を抜本的に見直し、どんどん洋食化していく国民の食生活の変化に合わせた農業構造に変えていく必要があるのではないでしょうか?

▶▶▶ 30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. キャビンアテンダントの出身大学

    キャビンアテンダント(客室乗務員)の出身大学は?

    今も昔も女性の花形職業の一つで、かってはスチュワーデスと呼ばれた、キャビンアテンダント=CA(客室乗...
  2. インドの人口は2070年には脅威の23億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  3. 高額役員報酬

    高額な役員報酬を支払っている企業は?

    64億円。
  4. 脳

    脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?

    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...
  5. 平成元年ってどんな年だったんだろう?

    あと3ヶ月もすれば「平成時代」が終わり、新しい元号がスタートします。
  6. 日本の技術貿易収支は3兆円以上の巨額な黒字

    総務省から発表された科学技術研究調査によると、日本の「技術貿易」の黒字は年々増え続け平成27年度には...
  7. 急速に進む中国の高齢化と労働力不足

    なにかと世界を騒がす中国ですが、実は日本同様に2020年以降は高齢化と労働力不足が大きな問題になると...

Ad

人気の記事

  1. 2025年問題
  2. 食料自給率6
  3. 白人比率の低下

ピックアップ記事

  1. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  2. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  3. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  4. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新し...
  5. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。