所得の二極化が進み中間層が崩壊

 

「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」
これは石川啄木の有名な俳句ですが、まさに今の日本の庶民の現状を表しているような気がしませんか?
そこで今回は、厚生労働省が毎年実施している国民生活基礎調査の結果から、所得にフォーカスして見てました。  

■この20年で2割も減った国民の平均所得

下のグラフは、ここ30年余りの「一世帯あたりの平均所得の推移」です。
そうなんです、平成6年にピーク(664.2万円)を打ってからは平均所得は徐々に減少していき、平成27年には541.9万円になっているのです。実に20年間で約2割の減少です。
まさに「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」状態です。


次に、平均所得541.9万円の内訳を、どれぐらいの所得金額の世帯がどのくらいいるのかで見てみます。
下のグラフは平成27年度の「所得金額階級別の相対度数分布」です。

平均所得は541.9万円と言っても、国民の61.2%はこの平均所得以下の世帯なのです。さらに驚くのは、所得金額が100万-400万円未満の世帯が全体の約4割もいるのです。

このグラフと下の平成7年度の相対度数分布を比較すると・・・、
明らかに中所得層が減少し、低所得層が増加しているのがわかると思います。
そうなんです、ここ20年余りの間に中間所得層が崩壊し、低所得層と高所得者層にどんどんに2極化されているのです。

「一億総中流」と言われた1970年代から、バブルとバブルの崩壊そして低成長時代、実はこの間に日本の所得分布構造は低所得層と高所得者層の2極化へと大きく変わっていたのです。
街で見かける車も、軽自動車や高級車ばかりだと思いませんか?

■ここ10年、国民の6割が生活苦

下のグラフは「生活状況」を聞いたものです。ここ10年もの間、国民の6割が「生活が苦しい」と言い、「普通」と言っているは1/3程度です。
先進国でこんなに「国民が貧しい国」が、あり得るのでしょうか?

森友学園や加計学園は所詮お金持ちのための学校です。それを安倍さんのような世間常識を知らないお金持ち連中と、安倍さんに対して完全にヒラメである役人がやったことです。
日々の生活で精一杯の我々庶民には関係のない話なのに、 レベルが低いマスコミ連中がただ騒ぎ立てていただけではないでしょうか?

政治家や行政の本当にやるべきことは、少子高齢化社会の到来でますます苦しくなるこの国をどうするのかを議論することではないのでしょうか?

  ▶▶▶ 有給休暇取得に罪悪感をおぼえる日本人

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 和食・日本料理のイメージは?

    私たち日本人が毎日食べている和食。外国人からも「ヘルシー」と非常に人気ですね。
  2. 地震に対する備えは大丈夫?

    もうすぐ関東大震災が起こった9/1の防災の日ですね。
  3. 温泉の種類について調べてみました

    今回は、“温泉の種類”について調べてみました。
  4. FIFAワールドカップの過去の最多優勝国は?

    早いものでブラジル開催、ドイツ優勝で湧いたFIFAワールドカップから3年が経ちました...
  5. 2020東京オリンピック

    2020東京オリンピックの全体経費の内訳

    2020東京オリンピックとパラリンピック、開催まで3年半。
  6. 屋久杉高級工芸品の高騰のうらがわに中国人

    先日、鹿児島の友人と話をしていると、「最近、良質な屋久杉工芸品が高騰している」と聞きました。
  7. チーズの生産量日本一はなぜか神奈川県!?

    みなさんは、「チーズの生産量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?きっと多くの人は、...

Ad

人気の記事

  1. 2000年の日本の人口ピラミッド
  2. 国会議員の給与2
  3. 青森山田サッカー部

ピックアップ記事

  1. 都会に暮らす現代人にストレスはつきものの。
  2. 日本人なら誰でも大好きなお寿司。
  3. 人それぞれ誕生日や結婚記念日など様々な記念日がありますが、その記念日をどう過ごしてま...
  4. 地球温暖化の影響でさんざん苦しめられた日本ですが、10月に入りさすがに東京でも、朝晩...
  5. 最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...