ネット広告費がTV広告費を抜くのは時間の問題

電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス成長となったそうです。
自分が広告代理店を辞めたのは、今から17年前の2000年でその年の総広告費は6兆1,102億円です。そうなんです、広告業界は17年間でたったの3%しか伸びていない厳しい業界です。ただ、成長こそしていませんが、インターネットの急成長によりこの間に広告業界の中身は一変してしまいました。
そこで今回は、これらの近年の広告媒体の変遷についてみていきたいと思います。

■広告業界を激変させたインタ-ネット

下のグラフは2016年の媒体別広告費です。


マス4媒体と呼ばれるテレビ、新聞、雑誌、ラジオが45.5%(そのうちテレビが31.3%)、インターネット広告が20.8%、プロモーションが 33.7%となってます。
これをもう1つ下のグラフ(2000年の媒体別広告費)と見比べると大きく変化していることに気がつきます。
2000年から2016年の間に・・・ 、
インターネット広告が1%から 21%にまで急成長し、
逆に新聞・雑誌という紙媒体が半分以下にまで急減しています。
自分のまわりでも、よく新聞社や雑誌社の友人から「苦しい!苦しい!」と悲鳴をあげているのを聞きますが、この想像以上の変化に驚きました。

次のグラフは各媒体ごとの売上を時系列で見たものです。インターネット広告が順調に売上を伸ばしてきているのがわかると思います。このペースでインターネット広告が伸びていくと2020年には、テレビの広告費とインターネットの広告費が逆転してしまうのです。

長年広告業界にいた自分としては、考えさせられるものがあります。
自分が会社を辞めた時にはたった1%のシェアしかなかったインターネット広告が、 マスの世界で長年王者として君臨してきたあのテレビ広告を抜くのです。

改めて「時代の大きな流れ」というものには、誰もが逆らうことができないと感じました。
ちなみに、電通によれば全世界の広告費では来年2018年にはインターネット広告がテレビ広告を抜いてしまうそうです。
なんか、一つの時代が終わったような気がします。

  ▶▶▶  ここまで来てたか、国民の新聞離れ!
  ▶▶▶ 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?
  ▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
  ▶▶▶ 2020東京オリンピックの全体経費の内訳

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 高級ハンバーガーが人気の外食

    年々人気が高まる牛肉&牛肉料理の外食店。
  2. スクランブル発進、中国の脅威アップで激増中

    先日のNHKのニュースによると、日本領空に接近した外国軍機などに対する自衛隊機のスク...
  3. 神戸弘陵学園高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している神戸弘陵学園高校サッ...
  4. 食料自給率6

    食料自給率、日本はどの程度?

    先日テレビを見ていると、「世界の人口爆発と食糧難および日本の食料自給率」について話を...
  5. 動き出していたリニア中央新幹線

    出典)山梨県立リニア見学センターHP 子供の頃「時速500km/hで走行する夢の超特急...
  6. 中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

    前回に引き続き今回も、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人...
  7. 中国砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...

Ad

人気の記事

  1. スティーブン・バノン
  2. 中国砂漠化

ピックアップ記事

  1. EEZ7
    最近、新聞やテレビの報道番組等で「領海」「接続水域」「排他的経済水域(EEZ)」などの難しい言葉をた...
  2. ずっと同じ字を見続けていたら、なぜか文字に見えなくなってきた……そんな経験はあ...
  3. 子供たちは夏休み真っ盛り、すでに真っ黒に日焼けした子も。
  4. 日本人なら誰でも大好きなお寿司。
  5. 最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。