ネット広告費がTV広告費を抜くのは時間の問題

電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス成長となったそうです。
自分が広告代理店を辞めたのは、今から17年前の2000年でその年の総広告費は6兆1,102億円です。そうなんです、広告業界は17年間でたったの3%しか伸びていない厳しい業界です。ただ、成長こそしていませんが、インターネットの急成長によりこの間に広告業界の中身は一変してしまいました。
そこで今回は、これらの近年の広告媒体の変遷についてみていきたいと思います。

■広告業界を激変させたインタ-ネット

下のグラフは2016年の媒体別広告費です。


マス4媒体と呼ばれるテレビ、新聞、雑誌、ラジオが45.5%(そのうちテレビが31.3%)、インターネット広告が20.8%、プロモーションが 33.7%となってます。
これをもう1つ下のグラフ(2000年の媒体別広告費)と見比べると大きく変化していることに気がつきます。
2000年から2016年の間に・・・ 、
インターネット広告が1%から 21%にまで急成長し、
逆に新聞・雑誌という紙媒体が半分以下にまで急減しています。
自分のまわりでも、よく新聞社や雑誌社の友人から「苦しい!苦しい!」と悲鳴をあげているのを聞きますが、この想像以上の変化に驚きました。

次のグラフは各媒体ごとの売上を時系列で見たものです。インターネット広告が順調に売上を伸ばしてきているのがわかると思います。このペースでインターネット広告が伸びていくと2020年には、テレビの広告費とインターネットの広告費が逆転してしまうのです。

長年広告業界にいた自分としては、考えさせられるものがあります。
自分が会社を辞めた時にはたった1%のシェアしかなかったインターネット広告が、 マスの世界で長年王者として君臨してきたあのテレビ広告を抜くのです。

改めて「時代の大きな流れ」というものには、誰もが逆らうことができないと感じました。
ちなみに、電通によれば全世界の広告費では来年2018年にはインターネット広告がテレビ広告を抜いてしまうそうです。
なんか、一つの時代が終わったような気がします。

  ▶▶▶  ここまで来てたか、国民の新聞離れ!
  ▶▶▶ 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?
  ▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来
  ▶▶▶ 2020東京オリンピックの全体経費の内訳

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 若者の結婚離れ進行中

    いまどきの若者は、“結婚にメリットがないと感じており、若者の結婚離れが進んでいると言...
  2. FIFAワールドカップの過去の最多優勝国は?

    早いものでブラジル開催、ドイツ優勝で湧いたFIFAワールドカップから3年が経ちました...
  3. トランプ大統領とレーガン元大統領の政策は似てる?

    トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそ...
  4. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  5. 神戸弘陵学園高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している神戸弘陵学園高校サッ...
  6. 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

    皆さんは、「炭酸泉」というものをご存知ですか?自分は、東京の大井町駅前にある、“...
  7. 国会議員の給与2

    国会議員の給与・年収ってご存知?

    相変わらず国会では、加計学園だとか森友学園だとかって、まるでテレビのバラエティー番組...

Ad

人気の記事

  1. 青森山田サッカー部
  2. 国会議員の給与2

ピックアップ記事

  1. 女性の社会進出に伴い、女性がお酒を日常的に楽しむシーンが増えてきましたね。
  2. 以前、日本国内に在留(住んでいる)している外国人の数を調べてみましたが、今回はその第...
  3. 最近、街を歩いていると、「整骨院」や「接骨院」と書かれた看板を、やたらたくさん見かけ...
  4. 和食のジャンルの中に「懐石料理」と「会席料理」というものがありますが、同じ読み方をするこの2つ、どこ...
  5. 空梅雨が明けたと思ったら、今度は台風の季節。