ネット広告費がTV広告費を抜くのは時間の問題

電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス成長となったそうです。
自分が広告代理店を辞めたのは、今から17年前の2000年でその年の総広告費は6兆1,102億円です。そうなんです、広告業界は17年間でたったの3%しか伸びていない厳しい業界です。ただ、成長こそしていませんが、インターネットの急成長によりこの間に広告業界の中身は一変してしまいました。
そこで今回は、これらの近年の広告媒体の変遷についてみていきたいと思います。

■広告業界を激変させたインタ-ネット

下のグラフは2016年と2000年の媒体別広告費です。


マス4媒体と呼ばれるテレビ、新聞、雑誌、ラジオが45.5%(そのうちテレビが31.3%)、インターネット広告が20.8%、プロモーションが 33.7%となってます。
これをもう1つ下のグラフ(2000年の媒体別広告費)と見比べると大きく変化していることに気がつきます。
2000年から2016年の間に・・・ 、
インターネット広告が1%から 21%にまで急成長し、
逆に新聞・雑誌という紙媒体が半分以下にまで急減しています。
自分のまわりでも、よく新聞社や雑誌社の友人から「苦しい!苦しい!」と悲鳴をあげているのを聞きますが、この想像以上の変化に驚きました。

間もなくTV広告費とネット広告費が逆転!

次のグラフは各媒体ごとの売上を時系列で見たものです。インターネット広告が順調に売上を伸ばしてきているのがわかると思います。このペースでインターネット広告が伸びていくと2020年には、テレビの広告費とインターネットの広告費が逆転してしまうのです。

長年広告業界にいた自分としては、考えさせられるものがあります。
自分が会社を辞めた時にはたった1%のシェアしかなかったインターネット広告が、 マスの世界で長年王者として君臨してきたあのテレビ広告を抜くのです。

改めて「時代の大きな流れ」というものには、誰もが逆らうことができないと感じました。
ちなみに、電通によれば全世界の広告費では来年2018年にはインターネット広告がテレビ広告を抜いてしまうそうです。
なんか、一つの時代が終わったような気がします。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 愛煙家はどこまで追い詰められるのか?

    愛煙家かつ足の不自由な自分としては、ゆっくりと座りながら喫煙できる場所がどんどん減っ...
  2. 流通経済大学付属柏

    流通経済大学付属柏高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している流通経済大学付属柏高...
  3. 前橋育英高校サッカー部

    前橋育英高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    今年の1月に行われた第96回全国高等学校サッカー選手権大会は前橋育英高校の初優勝で幕を閉じましたが、...
  4. 駒澤大学体育会サッカー部

    駒澤大学体育会サッカー部の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグに属し、1931年に創部され90年近い歴...
  5. 東京オリンピック日本代表チームとW杯日本代表チームはどう違うの?

    森保一監督の元、大幅に若返った現在のサッカー日本代表チームですが、先日のキリンチャレンジカップ201...
  6. 在留外国人と移民はどう違う?

    最近、少子高齢化による日本の労働力不足と外国人労働者の受け入れ拡大が大きな話題になっていますね。
  7. B級グルメの激辛どろソースってご存知ですか?

    先日、テレビのバラエティ番組で神戸市長田区のB級グルメとして地元の人や食通の人に親し...

Ad

人気の記事

  1. トランプ政権と東アジア問題
  2. 2000年の日本の人口ピラミッド

ピックアップ記事

  1. 訪問日:2014年8月19日こんばんは。
  2. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  3. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  4. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  5. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。