高さ1kmの超々高層ビル「ジッダ・タワー」

今春のサウジアラビア国王の来日で、1千人を超える王族や企業幹部らの同行に度肝を抜かれた自分でしたが、今サウジアラビアのジッタで高さ1kmの超々高層ビルが建設中と知り、ただただ驚いています。

このビルの名は「ジッダ・タワー(旧称キングダム・タワー)」、 ジッダ北部の紅海に面する地域に建設中の再開発地区「ジッダ・エコノミック・シティ」の中央部に建設中とのこと。

このビルの高さは、なんと1,008m。日本で一番高い高層ビルは「あべのハルカス」で300m。その3倍以上・・・。この1kmという信じられないような高さで、階数は167階。また、総床面積は319,000 m²で、東京ドーム6.8個分。

ほんと、アラブの人たちがやることは、ちっぽけな島国に生まれ育った私たち日本人には理解不能のことばかり。

ビルの完成は2019年に予定ですが、完成すると現在世界で一番高いドバイにある「ブルジュ・ハリファ」(約827メートル、160階建て)を200m近く抜いて世界一の高さになる。

このタワーには、超高級ホテルやペントハウス、オフィス、商業施設などが入居する予定。

なんと驚くことにビルの建設当初は高さ1,600mで計画され、その名称は「マイルハイ・タワー」(Mile-High Tower)だったそうです。しかし、土壌テストをした結果、弱い通水性の石灰石と砂岩が層になっていることが判明し、この地盤の弱さの関係から、高さが縮小されることになったそうです。

建設費の方は約12億ドル、日本円で約1300億円。東京スカイツリーの総事業費が約650億円、新国立競技場の建設費2520億円なので、かなり安いような気がします。なお、日本は工事関係者の人件費が高いため、こんな金額になるんだそうです。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. フランスの大統領の任期中の解任はできない?

    就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. 少子高齢化の進行で悲惨な末路をたどる郊外ベッドタウン

    誰にもどうすることもできない「少子高齢化の進行」ですが、そんな中で日本の高度成長を支えた東京の「...
  3. 新聞

    国民の新聞離れ、ここまで来ていた!

    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  4. 教育にカネを使わない国ニッポン

    奨学金制度や大学授業料無償化などの教育分野にカネを使わない日本

    今年も本格的な受験シーズンが始まりましたねぇ。
  5. 生涯未婚率上昇

    生涯未婚率上昇で増え続ける一人暮らし高齢者

    近年、未婚率が上昇してることが話題になっていますが、2015年の国勢調査の結果、「生涯未婚率」(50...
  6. 米国連邦議会

    トランプ政権の運命の分かれ道である米国中間選挙

    最近、TV等で目にすることが多くなった「米国中間選挙」という言葉。
  7. トランプ大統領誕生で日本はどうなる?

    11月9日に米国大統領に当選したトランプ氏。

Ad

人気の記事

  1. 国会議員の給与2
  2. 習志野高校サッカー
  3. 東京一極集中

ピックアップ記事

  1. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  2. いや~、この夏は南は沖縄から北は北海道まで、ほとんど全国で記録的な異常気象でしたね。
  3. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。
  4. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  5. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...