スマートフォン世界市場、出荷台数15億台突破

 

IT専門調査会社として世界的に有名なIDCによれば、2017年の世界のスマートフォンの予想出荷台数は15億3480万台だそうです。
世界人口が約70億であることを考えると、1/5以上の人がスマートフォンを購入する計算です。
すごい数ですね。ちなみに、TVの世界の出荷台数は2.5億台程度でスマホの1/6です。
そこで今回は、この超巨大マーケットであるスマートフォン市場を見ていきます。

■スマートフォン市場はたった6年で倍増

ここ数年、日本だけではなく世界中で急拡大しているスマートフォン市場。
その出荷台数は2012 年の7億2250万台から2017年には15億3480万台と、わずか6年で倍増しているのです。これまでに、こんなに巨大で、かつ急成長した商品は世の中に存在しなかったのではないでしょうか。IDCの予想では、この巨大なスマートフォン市場はしばらくの間は同じようなペースで拡大し続けるそうです。

次にOS別出荷台数を見てみると・・・、
Androidが13億500万台と市場シェアの85.0%を占め寡占状態、続いてiOS(iPhone)が2億2600万台(同14.7%)、Windowsが180万台(同0.1%)となっています。
日本はというと、出荷台数2,923万台(世界のわずか2%)のうち、iPhoneが5割以上のシェアをもち、続いてAndroid勢のSONY、SHARP、KYOSERA・・・と、世界の趨勢とかけ離れてた市場構造となっています。
もしかすると数年もしたら、「ガラケイ」と同じように、iPhoneも「ガラスマ」と呼ばれる時代が来るかもしれませんね。

■日本メーカーのスマホ市場撤退は時間の問題!?

さて、データソースが「IDC」から台湾の調査会社「集邦諮詢(TrendForce)」に変わるのですが、スマートフォンのメーカー別シェアを見てきます。

2015年も2016年もトップはサムソン、2位はアップル、3位は中国のファーウェイ(華為技術、Huawei Technologies)で、この3社で市場シェアの5割を占めています。4位以下はOPPO (広東欧珀移動通信、OPPO Mobile Telecommunications)、vivo(維沃移動通信、Vivo Mobile Communications)といった中国や韓国メーカーなどが、激しいシェア争いをしています。

一見すると、なんか「ぐちゃ」としているように見えますが、冷静に考えると、仮にシェアが5%でもその出荷台数の方は、15億台✕5%=7,500万台もあるのです。
日本の市場でのSONYを考えると、2,900台✕13%=377万台しかないのです。これではとても勝負になりませんね。

こう考えると、寂しいかなスマートフォン市場からも、日本メーカーが撤退せざる負えなくなるのは時間の問題なのでしょうか?

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 米国大統領が起こした大スキャンダルの結末

     現在、FBIがトランプ氏周辺とロシアとの不透明な関係を調べている最中なのに、先日突...
  2. 情報源としての2強媒体はTVとNET

    日ごろの皆さんの情報源とは何でしょうか? ここ数年のスマホの普及とそれに伴う新聞や雑誌などの紙媒体の...
  3. チェルノブイリ事故で脱原発を決意したイタリア国民

    みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  4. 和食・日本料理のイメージは?

    私たち日本人が毎日食べている和食。外国人からも「ヘルシー」と非常に人気ですね。
  5. イスラム教徒数とキリスト教徒数が接近中

    テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒。
  6. 世界最速ジェットコースターは?

    先日、トリップアドバイザーは、世界各地にある高速ジェットコースターのランキングをインフォグラフィック...
  7. ネット時代の新聞の現状

    最近は、インターネットやスマホの普及とともに新聞を読む人が減ってきているという話を耳...

Ad

人気の記事

  1. 都議会議員

ピックアップ記事

  1. 最近テレビや新聞では、日本各地で「空き家の急増」が社会問題化していると報じています。
  2. 最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  3. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  4. 人それぞれ誕生日や結婚記念日など様々な記念日がありますが、その記念日をどう過ごしてま...
  5. 以前、日本国内に在留(住んでいる)している外国人の数を調べてみましたが、今回はその第...