スマートフォン世界出荷台数15億台突破

 

IT専門調査会社として世界的に有名なIDCによれば、2017年の世界のスマートフォンの予想出荷台数は15億3480万台だそうです。
世界人口が約70億であることを考えると、1/5以上の人がスマートフォンを購入する計算です。
すごい数ですね。ちなみに、TVの世界の出荷台数は2.5億台程度でスマホの1/6です。
そこで今回は、この超巨大マーケットであるスマートフォン市場を見ていきます。

■スマートフォン市場はたった6年で倍増

ここ数年、日本だけではなく世界中で急拡大しているスマートフォン市場。
その出荷台数は2012 年の7億2250万台から2017年には15億3480万台と、わずか6年で倍増しているのです。これまでに、こんなに巨大で、かつ急成長した商品は世の中に存在しなかったのではないでしょうか。IDCの予想では、この巨大なスマートフォン市場はしばらくの間は同じようなペースで拡大し続けるそうです。

次にOS別出荷台数を見てみると・・・、
Androidが13億500万台と市場シェアの85.0%を占め寡占状態、続いてiOS(iPhone)が2億2600万台(同14.7%)、Windowsが180万台(同0.1%)となっています。
日本はというと、出荷台数2,923万台(世界のわずか2%)のうち、iPhoneが5割以上のシェアをもち、続いてAndroid勢のSONY、SHARP、KYOSERA・・・と、世界の趨勢とかけ離れてた市場構造となっています。
もしかすると数年もしたら、「ガラケイ」と同じように、iPhoneも「ガラスマ」と呼ばれる時代が来るかもしれませんね。

■日本メーカーのスマホ市場撤退は時間の問題!?

さて、データソースが「IDC」から台湾の調査会社「集邦諮詢(TrendForce)」に変わるのですが、スマートフォンのメーカー別シェアを見てきます。

2015年も2016年もトップはサムソン、2位はアップル、3位は中国のファーウェイ(華為技術、Huawei Technologies)で、この3社で市場シェアの5割を占めています。4位以下はOPPO (広東欧珀移動通信、OPPO Mobile Telecommunications)、vivo(維沃移動通信、Vivo Mobile Communications)といった中国や韓国メーカーなどが、激しいシェア争いをしています。

一見すると、なんか「ぐちゃ」としているように見えますが、冷静に考えると、仮にシェアが5%でもその出荷台数の方は、15億台✕5%=7,500万台もあるのです。
日本の市場でのSONYを考えると、2,900台✕13%=377万台しかないのです。これではとても勝負になりませんね。

こう考えると、寂しいかなスマートフォン市場からも、日本メーカーが撤退せざる負えなくなるのは時間の問題なのでしょうか?

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 市立船橋高校サッカー部選手の出身チームは?(2019年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している市立船橋高校サッカー...
  2. 2025年問題

    避けて通れない「2025年問題」

    みなさんは、「2025年問題」というものをご存知ですか? 最近はこの「2025年問題」という言葉...
  3. 高齢者のインターネット利用状況は?

    先日、総務省の方から平成29年版「情報通信白書」が発表されました。
  4. マヨネーズ

    マヨネーズの消費量日本一は、なぜか鳥取県!?

    みなさんは、「一人あたりのマヨネーズの消費量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?自...
  5. 日本のはじまり「飛鳥時代」ってどんな時代?

    よく日本人は「自分の国の歴史を知らない変わった民族」と言われていますが、もともと理科系出身の自分もま...
  6. トランプ大統領とレーガン元大統領の政策は似てる?

    トランプアメリカ大統領が、政策的に評価しているのが、同じ共和党のレーガン元大統領だそ...
  7. 高さ1kmの超々高層ビル「ジッダ・タワー」

    今春のサウジアラビア国王の来日で、1千人を超える王族や企業幹部らの同行に度肝を抜かれた自分でしたが、...

Ad

人気の記事

  1. トランプ政権と東アジア問題
  2. 2020東京オリンピック
  3. 中国の街の雑踏

ピックアップ記事

  1. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  2. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。
  3. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。
  4. 子供の運動神経
    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  5. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...