猛毒を持つ危険生物「ヒアリ」の日本上陸は時間の問題?

ヒアリ1

先日、神戸市の神戸港(ポートアイランド)で中国の広州からの貨物船のコンテナから、特定外来生物にも指定されている強い毒を持つ「ヒアリ」という蟻が見つかり、大騒ぎになりました。

どうやら今回の「ヒアリ」の日本上陸は、コンテナヤードという水際でなんとか阻止できたようです。

そこで今回は、この「ヒアリ」について調べてみました。

■大人でも死に至るヒアリの毒

南米大陸が原産で「殺人アリ」と恐れられているヒアリ。体は赤茶色で体長はわずか2.5-6ミリ程度と、私たちが普段よく見る黒いアリは1cmぐらいですからそれと比べるとかなり小ぶりです。

しかし、このヒアリはお尻に毒針が持ち、極めて攻撃的で、節足動物や爬虫類、小型哺乳類をも集団で攻撃し捕食することが知られています。

人が刺されると、火のついた線香で突かれたような激しいやけどのような痛みとかゆみや動悸などが引き起こされ、最悪の場合、アレルギー反応であるアナフィラキシーショックで死亡してしまうこともあるそうです。

ちなみに、ヒアリの漢字名は「火蟻」、英語名は「Fire Ant」です。そのまんまですね。

このヒアリの生息地域は、中南米、アメリカ南部、フィリピン、台湾、中国南部、オーストラリアとどんどん広がってきているため、日本では2005年にこのヒアリを特定外来生物に指定し、それ以来日本上陸に厳重な警戒をしているそうです。

ヒアリ

■ヒアリの日本上陸は時間の問題?

環境庁では、このヒアリの日本上陸をなんとしても阻止すると言っていますが、専門家の話を引用すると、

これだけグローバリゼーションが進み、毎日大量の貨物が港に入ってくる現在、一つ一つの貨物すべてをチェックするのは不可能。ここ数年でこのアリは原産地南米から太平洋沿岸諸国を次々に席巻し、今では中国、台湾にまで来ており、日本に辿り着くのは時間の問題

・・・つまり、現実的には防ぎきれないと言っているのです。

現在、北米では毎年8万人ほどがこのヒアリに刺されケガをし、100人が死亡していると報告されているそうです。

日本も同じようになってしまうのでしょうか? 恐ろしいことですね。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 道路ライブカメラリンク集

    全国の道路ライブカメラリンク集

    みなさんは国土交通省が、日本各地に何千というライブカメラを設置しているをご存知ですか? しかもそ...
  2. 女性議員比率

    各国の国会における女性議員比率

    安倍政権は最重要課題のひとつとして「すべての女性が活躍する社会」を実現を目指しており...
  3. 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

    皆さんは、「炭酸泉」というものをご存知ですか?自分は、東京の大井町駅前にある、“...
  4. ブランド価値上位御三家

    アマゾン、アップル、グーグルが勝ち組御三家

    今現在、世界で最も大きな会社といったらどこだろうか? ふと先日、そんなことを...
  5. 順天堂大学サッカー部

    順天堂大学サッカー部(蹴球部)の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグに属し、 1957年に創部され60年近い...
  6. 中国共産党

    中国共産党員、膨れ上がったその数

    自分が初めて中国(上海)に行ったのは、30年前の1987年。
  7. PC、タブレットPC、スマートフォンの利用状況

    今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...

Ad

人気の記事

  1. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン
  2. 高齢ドライバー事故
  3. 桐光学園高校サッカー
  4. 黒湯
  5. 中国北京の砂漠化

ピックアップ記事

  1. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  2. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  3. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  4. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  5. 脳
    自分は自身が脳出血で倒れるまでは・・・、 「脳卒中」と「脳梗塞」の違いも、ほとんどわかって...