経済の長期低迷で日本社会が抱えた大きな問題点

 

先日ネットである中国人ジャーナリストのコラムを読んでいると、そのコラムの中で彼は次のように主張してました。

日本は20年にも渡る経済と社会の長い低迷と高齢化社会の到来により、社会そのものが非常に大きな問題を抱え込んでいる。

1つ目の問題として、「日本の消費産業モデルが長きにわたり閉鎖的かつ単調だったために、もはやスピーディーに高い収益をあげるインターネットの時代についていけない」。

2つ目は、「社会の閉塞性と経済の停滞により、日本人の新しい物を受け入れる力が低下し続けている」。

3つ目は、「高齢化社会の深刻化に伴うイノベーション活力の欠如」。日本社会自体が「高齢化」していて先進のものを受け入れられないうえ、若者世代も社会の発展、国民生活、経済の動向、産業の発展に対する関心と情熱を失っていることが問題。

そして4つ目には、「日本政府による関連産業インフラ作りやサービスへの力の入れ具合が明らかに不足している」点を挙げている。

まさにその通りだと思う。

社会の高齢化とともに人手不足が深刻化し、日本社会そのものが新しいモノ・コトを受け入れる余裕がなくなってきていると感じます。同時に日本人自体が、新しいモノ・コトに対して「余裕がない、めんどくさい」と背を向けているような気がします。

最大の問題点は、上の3番目の指摘にあるように、これからの日本の高齢化社会を背負っていく若者世代が、「社会の発展、国民生活、経済の動向、産業の発展」といったマクロ的なことに対して関心と情熱を失っていることです。今現在、変化を望まない行政の言いなりにやりたい放題にやっている年老いた政治家たちは、何の責任もとらずにこっそり消えていくのです。

下のグラフは、左側が日本から海外への留学生の推移、右側は海外から日本にやってきた留学生の数を推移です。日本からの留学生は、グローバリゼーションという大きな時代の流れに反して、平成16(2004)年をピークに減少傾向にあるのです。

留学がすべてとは言いませんが、少なくても留学中の異文化体験や同世代の外国人の多様な価値観に触れることは、国際的な視野を持ちグローバル社会で活躍し、今のどん詰まりの日本を何とかしてくれるような人材が育成するのではないでしょうか。

まあ、このような状態にある日本ですが、政府はこの20年間相も変わらず失敗を恐れる行政の言いなりになり「重箱の隅をつつくような細かい政策ばかり」を並べてやってきました。しかし、世の中は何も変わりませんでした。今の日本は失敗を恐れず大なたを振るわなければ老衰してしまうのです。

オリンピックは東京がやるのであって、日本がやるものではありません。それなのに、 今の政府は「オリンピックというお祭りのこと」で頭の中がいっぱいです。
祭りのあとのニッポンが心配です。\(*`∧´)/

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. 日本版CCRC構想

    日本版CCRC構想は非現実的な政策では?

    みなさんは、「CCRC」っていう言葉を聞いたことはありますか?政府はいま、地方創生と高齢化社会へ...
  2. 世界最速ジェットコースター

    世界最速ジェットコースターは?

    先日、トリップアドバイザーは、世界各地にある高速ジェットコースターのランキングをインフォグラフィック...
  3. 本田圭佑

    本田選手の精神的強さの基礎は中高校生時代にあった

    本田圭佑選手、凄いですねぇ。 あの瞬間にゴール前のあそこにいるとは・・・、神がかっていますね。
  4. 青森山田

    青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTの常連メンバーである青森山田高校サ...
  5. 外国人の住民が多い東京の区は?

    以前、日本国内に在留(住んでいる)している外国人の数を調べてみましたが、今回はその第2弾として、その...
  6. トランプ政権と東アジア問題

    トランプ政権や東アジア問題に対する日米間の意識の違いは?

    今回は、NHKが去年11月27日から12月3日にかけて、日本とアメリカの18歳以上の...
  7. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

    アメリカ大統領を途中解任ってできるの?

    この夏頃から、毎日のように世界中のマスコミをにぎわせている「アメリカ大統領選」。

Ad

人気の記事

  1. 弾道ミサイル
  2. 青森山田
  3. 安倍総理の外遊
  4. 教育にカネを使わない国ニッポン
  5. 東福岡高校

ピックアップ記事

  1. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新し...
  2. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  3. 訪問日:2014年8月19日こんばんは。
  4. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  5. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。