世界価値観調査からみた日本人の特異性

 

先日ネットをぶらぶらしていると、世界価値観調査というものに出くわしました。
この調査は、世界の異なる国の人々の社会文化的、道徳的、宗教的、政治的価値観を調査するために、欧州の学術機関が中心となり世界プロジェクトとして20年以上も前から実施しているものです。
今回はその結果の中で、日本人の価値観の特徴があらわれているものをいくつかご紹介します。

■「人生は自由にならない」と考える日本人

下のグラフは、「ご自分の人生をどの程度自由に動かすことが出来ると思いますか 」という質問に対する回答(10段階回答の平均点)です。  (出所)社会実情データ図録

寂しいかな・・・、
日本人は世界で最も「自分の人生が自分で自由にならない」と考えている国民でした。
逆に「自由になる」と考えているのは、ラテン系民族や東南アジア・オセアニアの国民などが多いようです。

では、なぜ日本人は「自由にならない」と考えているのでしょうか?
自分が考えるには、きっと多くの日本人には農耕民族特有の集団主義が体にしみ付いており、「自分の自由よりも周りとの協調」を重視する考え方が根底にあるからではないでしょうか?

同様に下のグラフは、「創造的であること、自分のやり方で行うことは大切だ」という質問に対する回答(5段階回答の平均点)です。

やはりこちらの質問でも、日本は最下位。日本人はこんな価値観で現代のようにグローバル化した世の中で、本当にやっていけるのでしょうか? 不安でなりません。

■特異な日本人の閉鎖性

最後に、労働に関する8項目の価値観質問の回答もとに、因子分析をおこなった結果が下のマトリックスです。

横軸は,OPEN⇔CLOSE 軸で、OPEN から CLOSE に向けて,スウェーデン,フィンランド,カナダ,USA,中国,ドイツ,インドネシア,韓国,日本,タイ,インドという並びとなっています。

縦軸は,DEVELOP(仕事に貪欲で積極的)⇔MATURE(仕事以外の生活重視) 軸で、DEVELOP から MATURE に向けて,インド,中国,インドネシア,タイ,韓国,ドイツ,カナダ,USA,フィンランド,スウェーデン,日本という並びとなっています。

つまり、国の経済成長と共に右下から左上に上昇していくという世界のトレンドラインから、日本人は大きく右側(CLOSE側)に外れ、「仕事以外の生活重視派だが、仕事に関しては閉鎖的(排他的)」というポジションです。
おいおい、これから少子高齢化社会を迎え、人手不足で苦しむ日本は、広く労働力を受け入れていかなけはいけないはずなのに・・・、こんな価値観で本当に大丈夫なのでしょうか?

自分の保身しか考えない無能政治家と無責任行政のもとでの経済の長い停滞・低迷により、「日本人の活力・生気は完全に失われてしまった」ことが浮き彫りになった、衝撃の調査結果でした。

  ▶▶▶ 子育てママの飲酒状況は?
  ▶▶▶ 東日本大震災の時、首都圏の住民はどうだった?
  ▶▶▶ ストレスどう解消?
  ▶▶▶ 有給休暇取得に罪悪感をおぼえる日本人

 

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. ゴールデンエイジ

    運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...
  2. エネルギー革命で、ドイツは2022年には原発ゼロ!

    みなさんは、ドイツで押し進められている「エネルギー革命」ってご存知ですか?自分は...
  3. くつろぎの時間に何をしてますか?

    今回は、アサヒビールが2010年9月に実施した「くつろぎの時間に関するアンケート」の...
  4. 核兵器保有国とその保有核弾頭数は?

    1938年にドイツの物理学者オットー・ハーンが原子核分裂を発見してから数年後、ナチス...
  5. 長期低迷で日本社会が抱えた大きな問題点

    先日ネットである中国人ジャーナリストのコラムを読んでいると、そのコラムの中で彼は次の...
  6. 若者の結婚離れ進行中

    いまどきの若者は、“結婚にメリットがないと感じており、若者の結婚離れが進んでいると言...
  7. 高さ1kmの超々高層ビル「ジッダ・タワー」

    今春のサウジアラビア国王の来日で、1千人を超える王族や企業幹部らの同行に度肝を抜かれ...

Ad

人気の記事

  1. 2000年の日本の人口ピラミッド
  2. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. 先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  2. 女性の社会進出に伴い、女性がお酒を日常的に楽しむシーンが増えてきましたね。
  3. お盆も近づき夏もあと僅か。
  4. 最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  5. 2000年の日本の人口ピラミッド
    来年の2017年には、あの「団塊世代」(1947-1949年生まれ)も、いよいよ70...