世界価値観調査からみた日本人の特異性

 

先日ネットをぶらぶらしていると、世界価値観調査というものに出くわしました。
この調査は、世界の異なる国の人々の社会文化的、道徳的、宗教的、政治的価値観を調査するために、欧州の学術機関が中心となり世界プロジェクトとして20年以上も前から実施しているものです。
今回はその結果の中で、日本人の価値観の特徴があらわれているものをいくつかご紹介します。

■「人生は自由にならない」と考える日本人

下のグラフは、「ご自分の人生をどの程度自由に動かすことが出来ると思いますか 」という質問に対する回答(10段階回答の平均点)です。  (出所)社会実情データ図録

寂しいかな・・・、
日本人は世界で最も「自分の人生が自分で自由にならない」と考えている国民でした。
逆に「自由になる」と考えているのは、ラテン系民族や東南アジア・オセアニアの国民などが多いようです。

では、なぜ日本人は「自由にならない」と考えているのでしょうか?
自分が考えるには、きっと多くの日本人には農耕民族特有の集団主義が体にしみ付いており、「自分の自由よりも周りとの協調」を重視する考え方が根底にあるからではないでしょうか?

同様に下のグラフは、「創造的であること、自分のやり方で行うことは大切だ」という質問に対する回答(5段階回答の平均点)です。

やはりこちらの質問でも、日本は最下位。日本人はこんな価値観で現代のようにグローバル化した世の中で、本当にやっていけるのでしょうか? 不安でなりません。

■特異な日本人の閉鎖性

最後に、労働に関する8項目の価値観質問の回答もとに、因子分析をおこなった結果が下のマトリックスです。

横軸は,OPEN⇔CLOSE 軸で、OPEN から CLOSE に向けて,スウェーデン,フィンランド,カナダ,USA,中国,ドイツ,インドネシア,韓国,日本,タイ,インドという並びとなっています。

縦軸は,DEVELOP(仕事に貪欲で積極的)⇔MATURE(仕事以外の生活重視) 軸で、DEVELOP から MATURE に向けて,インド,中国,インドネシア,タイ,韓国,ドイツ,カナダ,USA,フィンランド,スウェーデン,日本という並びとなっています。

つまり、国の経済成長と共に右下から左上に上昇していくという世界のトレンドラインから、日本人は大きく右側(CLOSE側)に外れ、「仕事以外の生活重視派だが、仕事に関しては閉鎖的(排他的)」というポジションです。
おいおい、これから少子高齢化社会を迎え、人手不足で苦しむ日本は、広く労働力を受け入れていかなけはいけないはずなのに・・・、こんな価値観で本当に大丈夫なのでしょうか?

自分の保身しか考えない無能政治家と無責任行政のもとでの経済の長い停滞・低迷により、「日本人の活力・生気は完全に失われてしまった」ことが浮き彫りになった、衝撃の調査結果でした。

  ▶▶▶ 有給休暇取得に罪悪感をおぼえる日本人

 

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 一人での外食やレジャーは好きですか?

    「牛丼屋」(70.1%)みなさんは、たった一人で外食店やレジャー施設を利用しますか? 今回は...
  2. 中国砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  3. EU離脱候補国はフランス、ギリシャ?

    EU離脱を選択した英国民投票から約1年後、ようやく正式な英国のEU離脱交渉が先週から...
  4. 大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?

    昨日、テレビで自民党の派閥再編のニュースを見ていた時、「麻生太郎さんや石破茂さんのよ...
  5. 甲子園(高校野球)優勝校予想アンケート

    ネットを見ていたら「第99回全国高校野球選手権大会/優勝校予想アンケート」なるものを...
  6. トランプ大統領誕生で日本はどうなる?

    11月9日に米国大統領に当選したトランプ氏。
  7. イスラム教徒数とキリスト教徒数が接近中

    テロだとか難民問題だとかで、世界中のマスコミを日々騒がせているイスラム教徒。

Ad

人気の記事

  1. 高齢ドライバー事故
  2. 青森山田サッカー部

ピックアップ記事

  1. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  2. EEZ7
    最近、新聞やテレビの報道番組等で「領海」「接続水域」「排他的経済水域(EEZ)」などの難しい言葉をた...
  3. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  4. 最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  5. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...