有給休暇取得に罪悪感をおぼえる日本人

有給休暇

早いものでもう7月、ヨーロッパではバカンスシーズンの到来ですね。

そこで今回は、エクスペディア・ジャパンが毎年実施している「有給休暇の国際比較調査(世界28ヶ国18歳以上の有職者男女計9,424名対象)」の回答結果の一部をご紹介していきます。

■有給休暇の取得率、日本は最下位!

国により有給休暇の支給数に差がありますが、「有給休暇取得率」は、ほとんどの国が80-100%と非常に高くなっています。では、日本はというと・・・、わずか50%で世界最下位です。

このような日本の有給休暇取得率の低さは、10年ほど前からほとんど変わっていないのが現状です。

各国の有給休暇取得率

有給休暇取得率推移

下のグラフは「休みが不足していると感じるか?」という質問に対する回答です。

有給休暇取得率

日本人は有給休暇取得率が世界一低いにも関わらず、「休み不足」と感じる人は34%で、またしても世界最下位。

ということは、日本人は「世界一休みを欲しがらない国民」ということですかねぇ。

ちなみに、休み不足と感じる人が7割近くで最も多かったスペインは、有給休暇が30日も付与されている上にその取得率は100%なのですが、現状の支給日数にも満足していないようです。

ラテン系は「怠け者が多い」とよく言われますが・・・、まあ、勤勉が美徳と子供の頃から教わってきた日本人とは、確実に「休み」に対する感覚・意識が明らかに違うようですね。

■日本人は「休み」を取ることに「罪悪感」

下のグラフは「休みを取ることに罪悪感があるか?」という質問に対する回答です。

有給休暇を取ることに罪悪感

「罪悪感がある」と考える日本人の割合は59%にものぼり、韓国に次いで世界で2番目。

また、日本人が休みを取らない理由は・・・、

1位 「人手不足」

2位 「同僚が休んでいない」

3位 「お金がない」

ということです。なんか、寂しくなるような結果ですね。

石川啄木の有名な俳句「働けど働けどなお我が暮らし楽にならざりじっと手を見る」が頭に浮かびませんか?

中間所得層が崩壊し、富裕層と貧民層にどんどん二極化が進んでいる日本社会の現実ですかね。

このような日本の実情を変えていくために、政府では「第4次男女共同参画基本計画」のなかで、「2020年までに、有給休暇の取得率を70%にする」という目標を掲げています。さらに、労働者が有給休暇を取得することを企業の義務とする法案も検討されています。

まあ、このアンケートの結果を見ると、日本国内で「有給休暇取得の義務化」など法改正の話が出てくるのは、むしろ当然かもしれませんね。

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. 深刻な日本の空き家問題

    最近テレビや新聞では、日本各地で「空き家の急増」が社会問題化していると報じています。
  2. ボルトがサッカー界へ転身

    世界最速男のボルトがサッカー界へ転身

    昨年の夏、陸上界を現役引退した世界最速男のボルト。
  3. 日本のはじまり「飛鳥時代」ってどんな時代?

    よく日本人は「自分の国の歴史を知らない変わった民族」と言われていますが、もともと理科系出身の自分もま...
  4. 豪華観光列車の旅

    あこがれの豪華観光列車の旅

    今回は、東急が2016年11月に実施した「観光列車に関するアンケート」の結果をご紹介します。
  5. 長友選手のFC東京時代の若い頃のブログを発見

    出典:Nikkei.com昨日、日本代表の「長友選手」のFC東京時代のことを調べていたら、面白い...
  6. 「ポスト安倍」候補の石破茂は自己中なオタク

    様々な問題でガタガタしている安倍内閣ですが、マスコミ各社の4月の世論調査の結果を見る限り、かなり危険...
  7. 原発事故処理

    原発事故処理費用と世界の自然災害被害総額は同じ

    まもなく、東京電力福島第一原発事故発生から、丸6年が経ちます。

Ad

人気の記事

  1. 関東第一高校サッカー
  2. 高齢ドライバー事故
  3. 青森山田
  4. 新国立競技場

ピックアップ記事

  1. この夏の8月2日に女性初の新都知事に就任した 「小池百合子」都知事。
  2. 子供の運動神経
    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  3. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  4. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  5. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。