有給休暇取得に罪悪感をおぼえる日本人

有給休暇

早いものでもう7月、ヨーロッパではバカンスシーズンの到来ですね。

そこで今回は、エクスペディア・ジャパンが毎年実施している「有給休暇の国際比較調査(世界28ヶ国18歳以上の有職者男女計9,424名対象)」の回答結果の一部をご紹介していきます。

■有給休暇の取得率、日本は最下位!

国により有給休暇の支給数に差がありますが、「有給休暇取得率」は、ほとんどの国が80-100%と非常に高くなっています。では、日本はというと・・・、わずか50%で世界最下位です。

このような日本の有給休暇取得率の低さは、10年ほど前からほとんど変わっていないのが現状です。

各国の有給休暇取得率

有給休暇取得率推移

下のグラフは「休みが不足していると感じるか?」という質問に対する回答です。

有給休暇取得率

日本人は有給休暇取得率が世界一低いにも関わらず、「休み不足」と感じる人は34%で、またしても世界最下位。

ということは、日本人は「世界一休みを欲しがらない国民」ということですかねぇ。

ちなみに、休み不足と感じる人が7割近くで最も多かったスペインは、有給休暇が30日も付与されている上にその取得率は100%なのですが、現状の支給日数にも満足していないようです。

ラテン系は「怠け者が多い」とよく言われますが・・・、まあ、勤勉が美徳と子供の頃から教わってきた日本人とは、確実に「休み」に対する感覚・意識が明らかに違うようですね。

■日本人は「休み」を取ることに「罪悪感」

下のグラフは「休みを取ることに罪悪感があるか?」という質問に対する回答です。

有給休暇を取ることに罪悪感

「罪悪感がある」と考える日本人の割合は59%にものぼり、韓国に次いで世界で2番目。

また、日本人が休みを取らない理由は・・・、

1位 「人手不足」

2位 「同僚が休んでいない」

3位 「お金がない」

ということです。なんか、寂しくなるような結果ですね。

石川啄木の有名な俳句「働けど働けどなお我が暮らし楽にならざりじっと手を見る」が頭に浮かびませんか?

中間所得層が崩壊し、富裕層と貧民層にどんどん二極化が進んでいる日本社会の現実ですかね。

このような日本の実情を変えていくために、政府では「第4次男女共同参画基本計画」のなかで、「2020年までに、有給休暇の取得率を70%にする」という目標を掲げています。さらに、労働者が有給休暇を取得することを企業の義務とする法案も検討されています。

まあ、このアンケートの結果を見ると、日本国内で「有給休暇取得の義務化」など法改正の話が出てくるのは、むしろ当然かもしれませんね。

  ▶▶▶ 3連休は何して過ごす?
  ▶▶▶ ストレスどう解消?
  ▶▶▶ 中間所得層が崩壊し、二極化が進んでいる日本社会

Ad

意外な事実

  1. カールマン・キング1

    世界で最も高価なSUV「カールマン・キング」

    ベントレー「ベンテイガ」やロールスロイス「カリナン」といったラグジュアリーSUVが続々と発表される中...
  2. 政治家や公務員の高すぎる給料と一般庶民の低すぎる給料

    優良上場企業サラリーマンよく「海外の先進国比べ、日本人の所得は低すぎる」、また逆に「海外の先進国...
  3. 日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    毎年秋になると、マスコミは「ノーベル賞」の話題で持ち切りになりますが、この「ノーベル賞」って何なのだ...
  4. 石破茂1

    次期自民党総裁候補の石破茂は自己中なオタク

    様々な問題でガタガタしている安倍内閣ですが、マスコミ各社の4月の世論調査の結果を見る限り、かなり危険...
  5. 都議会議員

    都議会議員の給与ってご存知?

    最近、東京都議選まで1か月を切り、都内を歩いていても色々な所で選挙演説が聞かれるよう...
  6. ブランド価値上位御三家

    アマゾン、アップル、グーグルが勝ち組御三家

    今現在、世界で最も大きな会社といったらどこだろうか? ふと先日、そんなことを...
  7. 原発事故処理

    原発事故処理費用と世界の自然災害被害総額は同じ

    まもなく、東京電力福島第一原発事故発生から、丸6年が経ちます。

Ad

人気の記事

  1. 米国大統領のスキャンダル
  2. シャッター街
  3. 教育にカネを使わない国ニッポン
  4. 白人比率の低下

ピックアップ記事

  1. 世間でよく言われる「日本三名城」は、名古屋城、大阪城、熊本城です。
  2. 最近、高齢ドライバーによる「ブレーキとアクセルの踏み間違え」等の事故が増えているため...
  3. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  4. 総務省から発表された科学技術研究調査によると、日本の「技術貿易」の黒字は年々増え続け平成27年度には...
  5. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...