有給休暇取得に罪悪感をおぼえる日本人

早いものでもう7月、ヨーロッパではバカンスシーズンの到来ですね。
そこで今回は、エクスペディア・ジャパンが毎年実施している「有給休暇の国際比較調査(世界28ヶ国18歳以上の有職者男女計9,424名対象)」の回答結果の一部をご紹介していきます。

■有給休暇の取得率、日本は最下位!

国により有給休暇の支給数に差がありますが、「有給休暇取得率」は、ほとんどの国が80-100%と非常に高くなっています。では、日本はというと・・・、わずか50%で世界最下位です。
このような日本の有給休暇取得率の低さは、10年ほど前からほとんど変わっていないのが現状です。


下のグラフは「休みが不足していると感じるか?」という質問に対する回答です。


日本人は有給休暇取得率が世界一低いにも関わらず、「休み不足」と感じる人は34%で、またしても世界最下位。
ということは、日本人は「世界一休みを欲しがらない国民」ということですかねぇ。

ちなみに、休み不足と感じる人が7割近くで最も多かったスペインは、有給休暇が30日も付与されている上にその取得率は100%なのですが、現状の支給日数にも満足していないようです。
ラテン系は「怠け者が多い」とよく言われますが・・・、まあ、勤勉が美徳と子供の頃から教わってきた日本人とは、確実に「休み」に対する感覚・意識が明らかに違うようですね。

■日本人は「休み」を取ることに「罪悪感」

下のグラフは「休みを取ることに罪悪感があるか?」という質問に対する回答です。


「罪悪感がある」と考える日本人の割合は59%にものぼり、韓国に次いで世界で2番目。
また、日本人が休みを取らない理由は・・・、
 1位 「人手不足」
 2位 「同僚が休んでいない」
 3位 「お金がない」
ということです。なんか、寂しくなるような結果ですね。
石川啄木の有名な俳句「働けど働けどなお我が暮らし楽にならざりじっと手を見る」が頭に浮かびませんか? 
中間所得層が崩壊し、富裕層と貧民層にどんどん二極化が進んでいる日本社会の現実ですかね。

このアンケートの結果を見ると、日本国内で「有給休暇取得の義務化」など法改正の話が出てくるのは、むしろ当然かもしれませんね。

  ▶▶▶ 3連休は何して過ごす?
  ▶▶▶ ストレスどう解消?
  ▶▶▶ 中間所得層が崩壊し、二極化が進んでいる日本社会

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 情報源としての2強媒体はTVとNET

    日ごろの皆さんの情報源とは何でしょうか? ここ数年のスマホの普及とそれに伴う新聞や雑誌などの紙媒体の...
  2. 驚きのグローバルトップ企業の変遷

    今現在、世界で最も大きな会社といったらどこだろうか?ふと先日、そんなことを思ったので色々調べてみ...
  3. 若者の結婚離れ進行中

    いまどきの若者は、“結婚にメリットがないと感じており、若者の結婚離れが進んでいると言...
  4. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  5. どんな習い事に興味がありますか?

    今回は、アサヒビールが2015年3月に実施した「習い事に関するアンケート」の結果をご...
  6. 便秘への対応策をみんなに聞いてみた

    現代日本では、若い女性の半数以上が便秘で悩んでいるそうです。
  7. ひとり旅で日頃のストレスを解消しリフレッシュ

    もうすぐ秋の行楽シーズンですね。

Ad

人気の記事

  1. 中国砂漠化
  2. 国会議員の給与2

ピックアップ記事

  1. ご存知の通り、2015年6月17日に選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる...
  2. 女性の社会進出に伴い、女性がお酒を日常的に楽しむシーンが増えてきましたね。
  3. 早いもので東日本大震災から6年半。この地震により人生を変えられてしまった方も大勢いると思います。
  4. みなさんは、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)という目の病気をご存知でしょうか。
  5. みなさんは「睡眠負債」という言葉をご存知でしょうか? 1日6時間程度眠り、自分で...