寝不足で重大疾病リスクが増していく睡眠負債

 

みなさんは「睡眠負債」という言葉をご存知でしょうか?
1日6時間程度眠り、自分では睡眠に問題はないと思っている人でも、実はわずかに睡眠が足りておらず、その影響がまるで借金(負債)のように蓄積していくそうです。そのマイナス分の合計ことを「睡眠負債」と言うそうです。

そこで今回は、この「睡眠負債」について調べてみました。

■実は、こわーい睡眠負債

毎日の寝不足で睡眠負債がたまってくると、自分では気がつかないうちに日々の仕事や家事のパフォーマンスが落ちてしまったり、「がん」「糖尿病」「心臓病」といった命にかかわるような重大疾病のリスクが高まってしまう可能性があると考えられています。

下のグラフは、米ペンシルバニア大学などの研究チームが行った実験(被験者を徹夜グループと、睡眠時間6時間グループに分け、注意力や集中力がどう変化するのかを調べる)の結果です。

グラフを見ると、徹夜グループは、初日、2日目と成績が急激に下降(=脳の働きが急激低下)しています。
一方、6時間睡眠グループでは、最初の2日間はほとんど変化はありませんが、その後…徐々に脳の働きが低下していき、2週間後には、徹夜グループの2晩経過後とほぼ同じレベルになっています。つまり、「6時間睡眠を2週間続けた脳は、2晩徹夜したのとほぼ同じ状態」ともいえるのです。

また、6時間睡眠グループは、脳の働きの衰えを必ずしも自覚していませんでした。徹夜と違い、わずかな睡眠不足が徐々に蓄積していった場合には、なかなかその影響について自覚できないということです。

■睡眠負債はこまめな返済がポイント

睡眠負債もお金と同様、しっかりこまめに返済し、脳活動と健康のためのバランスを保っていくことが重要なのです。
ただ、睡眠負債は「眠る」以外の方法で返済することはできません。そこで、7時間の睡眠が必要な人が、平日は忙しく6時間しか眠れなかったら、週末にたっぷり眠たり、20分程度の短い昼寝をとったりすることで不足分を補う(借金の返済)のです。

睡眠負債の額が大きければ大きいほど返済不能な状況に陥ることになり、健康リスクも増大するといいます。
「布団へ向かう前にソファで寝てしまう」
「お酒を飲むとすぐ酔っぱらってしまう」
「イージーミスやうっかり忘れが多い」
などの兆候が現れたら、それは睡眠負債が蓄積されはじめている可能性が高いので、早めに返済することを考えましょう。

  ▶▶▶ 高血圧治療に良い「温泉」ってどんな湯?
  ▶▶▶ 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?
  ▶▶▶ 脳卒中、脳溢血、脳梗塞、脳出血って・・・どう違うの?

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?

    毎日毎日、新聞やTVニュースでは、安倍首相の森友学園疑惑と加計学園疑惑のとりとめのない報...
  2. 市立船橋高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している市立船橋高校サッカー...
  3. 中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

    前回に引き続き今回も、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人...
  4. スティーブン・バノン

    トランプ大統領の参謀スティーブン・バノンは危険人物?

    最近、トランプ政権関係のニュースで記事で、ちょくちょく目や耳にするスティーブン・バノ...
  5. 甲子園(高校野球)優勝校予想アンケート

    ネットを見ていたら「第99回全国高校野球選手権大会/優勝校予想アンケート」なるものを...
  6. 男性専用車両は受容される?

    最近、「男性専用車両」の導入希望の声がニュースで取り上げられていたり、「痴漢冤罪保険」が誕生したりと...
  7. 東福岡高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している東福岡高校サッカー部...

Ad

人気の記事

  1. 都議会議員
  2. 中国砂漠化
  3. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

ピックアップ記事

  1. 中国砂漠化
    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  2. 最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  3. 人それぞれ誕生日や結婚記念日など様々な記念日がありますが、その記念日をどう過ごしてま...
  4. もうすぐ妻の誕生日。毎年何を贈ろうか迷っています。
  5. 都会に暮らす現代人にストレスはつきものの。