ゲシュタルト崩壊って何?

 

ずっと同じ字を見続けていたら、なぜか文字に見えなくなってきた……そんな経験はありませんか? 
これは誰にでも起こる「ゲシュタルト崩壊」と呼ばれる不思議な現象だそうです。
そこで今回は、この不思議な「ゲシュタルト崩壊」について調べてみました。

「ゲシュタルト」自体は、ドイツ語で「形態・姿」というまとまりのある構造を意味し、「ゲシュタルト崩壊」は姿かたちが壊れ、個々の構成部品に切り離されて認識されてしまう現象全般のことを表す心理学用語だそうです。

どんな人でも、一定時間同じ文字を注視し続けると、その文字がばらばらに分裂して見え、記号や絵のように見えてくるはずです。

このゲシュタルト崩壊は、なぜ起こるのでしょうか?
医学関係者の話では、「対象を長時間見続けることで、全体のかたちを把握するパターン認知機能が低下するためにおこる現象」だそうです。

最後に、ご自身の目で実際にゲシュタルト崩壊を確かめたい!…という方のために、Youtubeにあったビデオをのせておきます。

  ▶▶▶ 寝不足で重大疾病のリスクが増していく睡眠負債って何?
  ▶▶▶ 都議会議員の給与ってご存知?
  ▶▶▶ 中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直
  ▶▶▶ ストレスどう解消?


関連記事

Ad

意外な事実

  1. 日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    毎年秋になると、マスコミは「ノーベル賞」の話題で持ち切りになりますが、この「ノーベル賞」って何なのだ...
  2. CO2排出量9

    地球温暖化問題と中国等のCO2排出の現状

    ニュース報道によると、トランプ米大統領が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱する方針を決...
  3. インドの人口は2070年には脅威の23.0億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  4. 市立船橋高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している市立船橋高校サッカー...
  5. 中国砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  6. 親に対する感謝の気持ち

    今回は、株式会社PFUが2017年6月に実施した「感謝の気持ちに関する意識調査」の結果をご紹介します...
  7. 全国の道路ライブカメラリンク集

    みなさんは国土交通省が、日本各地に何千というライブカメラを設置しているをご存知ですか? しかもそ...

Ad

人気の記事

  1. 2020東京オリンピック
  2. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

ピックアップ記事

  1. 早いもので東日本大震災から6年半。この地震により人生を変えられてしまった方も大勢いると思います。
  2. 空梅雨が明けたと思ったら、今度は台風の季節。
  3. 世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  4. みなさんは、「療養泉」って、聞いたことありますか?漢字を見れば想像できるように・...
  5. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。