技術立国ニッポンの技術貿易収支は3兆円以上の巨額な黒字

 

総務省から発表された科学技術研究調査によると、日本の「技術貿易」の黒字は年々増え続け平成27年度には3.3兆円以上と巨額なものになっています。
そこで今回は、この日本の「技術貿易」について調べてみました。

■順調に増え続けている技術貿易収支

まずこの技術貿易とは、いったい何なのかを調べてみました。
どうやら技術貿易とはモノの貿易ではなく、特許、商標、意匠などの知的財産権のロイヤルティの国家間でのやりとりのことを指し、技術(特許、商標、意匠など)を輸出すればロイヤルティを受取り、逆に輸入した時にはロイヤルティを支払うことになります。
このロイヤルティの受取(技術輸出)から支払(技術輸入)を引いた額が技術貿易収支と呼ばれています。

下のグラフはここ20年間の主要国の技術貿易収支の推移を表したものです。(出典:社会実情データ図録)


日本はここ数年米国について世界第二位の座にあります。ただ、さかのぼって数字を調べていくと1970年代初頭の日本は圧倒的な技術輸入超過国でした。しかしその後、日本のメーカーはどんどん技術力を高め、ついに1990年代半ばには、ついに輸出超過(黒字)に転じたのです。その後も日本経済そのものは停滞し続ける中、着実に「技術立国ニッポン」としての地歩を強化していたのです。

グラフにはありませんが、下の表(出典:総務省HP)のとおり、最新のデータでは平成27年度の日本の技術輸出額は39,498億円です。また、技術輸入額は6,026億円です。差し引き、33,472億円と巨額な黒字を増やし続けています。まさに、「技術立国ニッポン」ですね。

■大半は米国とのやりとり

では、日本はどの国に知財ロイヤリティを支払い、またどの国に支払っているのかを表したものが下のグラフ(出典:総務省HP)です。

グラフからわかる通り、日本の技術貿易の相手国は、輸入も輸出もダントツに米国です。
これを日本と米国間の収支という視点で見ていくと、圧倒的黒字で支払い額と受取り額の差額は、約11,700億円にもなり、日本の圧倒的な黒字です。

このように見てきた日本の技術貿易ですが、実はその多くは製造業である自動車産業界によるものです。
今後、消費者の価値観が「モノから情報」に移っていくIoT社会ではとどうなるのでしょうか? 
自分はIT先進国である米国が圧倒的に有利な気がしますが・・・。

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 神戸弘陵学園高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している神戸弘陵学園高校サッ...
  2. 親に対する感謝の気持ち

    今回は、株式会社PFUが2017年6月に実施した「感謝の気持ちに関する意識調査」の結果をご紹介します...
  3. 核兵器保有国とその保有核弾頭数は?

    1938年にドイツの物理学者オットー・ハーンが原子核分裂を発見してから数年後、ナチス...
  4. 日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。
  5. 一人での外食やレジャーは好きですか?

    「牛丼屋」(70.1%)みなさんは、たった一人で外食店やレジャー施設を利用しますか? 今回は...
  6. 屋久杉高級工芸品の高騰のうらがわに中国人

    先日、鹿児島の友人と話をしていると、「最近、良質な屋久杉工芸品が高騰している」と聞きました。
  7. 高校野球「夏の甲子園大会」、応援していますか?

    甲子園で毎日熱戦が繰り広げられている夏の高校野球。

Ad

人気の記事

  1. 中国砂漠化

ピックアップ記事

  1. 先週末から、娘がインフルエンザにかかり、1週間ほど家で寝込んでいました。
  2. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  3. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  4. みなさんは「睡眠負債」という言葉をご存知でしょうか? 1日6時間程度眠り、自分で...
  5. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...