技術立国ニッポンの技術貿易収支は3兆円以上の巨額な黒字

総務省から発表された科学技術研究調査によると、日本の「技術貿易」の黒字は年々増え続け平成27年度には3.3兆円以上と巨額なものになっています。

そこで今回は、この日本の「技術貿易」について調べてみました。

■順調に増え続けている技術貿易収支

まずこの技術貿易とは、いったい何なのかを調べてみました。

どうやら技術貿易とはモノの貿易ではなく、特許、商標、意匠などの知的財産権のロイヤルティの国家間でのやりとりのことを指し、技術(特許、商標、意匠など)を輸出すればロイヤルティを受取り、逆に輸入した時にはロイヤルティを支払うことになります。

このロイヤルティの受取(技術輸出)から支払(技術輸入)を引いた額が技術貿易収支と呼ばれています。

下のグラフはここ20年間の主要国の技術貿易収支の推移を表したものです。(出典:社会実情データ図録)

日本はここ数年米国について世界第二位の座にあります。ただ、さかのぼって数字を調べていくと1970年代初頭の日本は圧倒的な技術輸入超過国でした。しかしその後、日本のメーカーはどんどん技術力を高め、ついに1990年代半ばには、ついに輸出超過(黒字)に転じたのです。その後も日本経済そのものは停滞し続ける中、着実に「技術立国ニッポン」としての地歩を強化していたのです。

グラフにはありませんが、下の表(出典:総務省HP)のとおり、最新のデータでは平成27年度の日本の技術輸出額は39,498億円です。また、技術輸入額は6,026億円です。差し引き、33,472億円と巨額な黒字を増やし続けています。まさに、「技術立国ニッポン」ですね。

■大半は米国とのやりとり

では、日本はどの国に知財ロイヤリティを支払い、またどの国に支払っているのかを表したものが下のグラフ(出典:総務省HP)です。

グラフからわかる通り、日本の技術貿易の相手国は、輸入も輸出もダントツに米国です。

これを日本と米国間の収支という視点で見ていくと、圧倒的黒字で支払い額と受取り額の差額は、約11,700億円にもなり、日本の圧倒的な黒字です。

このように見てきた日本の技術貿易ですが、実はその多くは製造業である自動車産業界によるものです。

今後、消費者の価値観が「モノから情報」に移っていくIoT社会ではとどうなるのでしょうか?

自分はIT先進国である米国が圧倒的に有利な気がしますが・・・。

  ▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
  ▶▶▶ 日本の将来人口と高齢化の将来像
  ▶▶▶ でたらめ政策アベノミクスは日本をダメにする
  ▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
  ▶▶▶ 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

Ad

意外な事実

  1. 空母

    軍隊も核も持たないはずの日本が世界7位の軍事力評価

    アメリカの軍事力評価機関、グローバル・ファイヤーパワー(Global Firepow...
  2. スクランブル発進、中国の脅威アップで激増中

    先日のNHKのニュースによると、日本領空に接近した外国軍機などに対する自衛隊機のスク...
  3. ブランド価値上位御三家

    アマゾン、アップル、グーグルが勝ち組御三家

    今現在、世界で最も大きな会社といったらどこだろうか? ふと先日、そんなことを...
  4. 都職員の年収や退職金

    人の年収は気になるものですよねぇ~! そこで今回は、築地市場移転問題の責任の所在...
  5. 医師

    人口10万人あたりの現役医師数日本一は、なぜか徳島県!?

    みなさんは、「人口10万人あたりの現役医師数が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?自...
  6. 社会インフラの老朽化問題

    日本の社会インフラの老朽化問題を考える

    私たちの日々の生活を支えている道路、橋、鉄道、上下水. 港湾、堤防、学校、公園・・・...
  7. トランプ大統領誕生で日本はどうなる?

    11月9日に米国大統領に当選したトランプ氏。

Ad

人気の記事

  1. シャッター街
  2. 2000年の日本の人口ピラミッド
  3. 市立船橋
  4. 教育にカネを使わない国ニッポン
  5. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

ピックアップ記事

  1. 大学
    最近、TVのニュース解説番組を見ていると、解説者として様々な分野の専門家が出演していますが、彼らの肩...
  2. 先日、テレビのバラエティ番組で神戸市長田区のB級グルメとして地元の人や食通の人に親し...
  3. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  4. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  5. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。