技術立国ニッポンの技術貿易収支は3兆円以上の巨額な黒字

 

総務省から発表された科学技術研究調査によると、日本の「技術貿易」の黒字は年々増え続け平成27年度には3.3兆円以上と巨額なものになっています。
そこで今回は、この日本の「技術貿易」について調べてみました。

■順調に増え続けている技術貿易収支

まずこの技術貿易とは、いったい何なのかを調べてみました。
どうやら技術貿易とはモノの貿易ではなく、特許、商標、意匠などの知的財産権のロイヤルティの国家間でのやりとりのことを指し、技術(特許、商標、意匠など)を輸出すればロイヤルティを受取り、逆に輸入した時にはロイヤルティを支払うことになります。
このロイヤルティの受取(技術輸出)から支払(技術輸入)を引いた額が技術貿易収支と呼ばれています。

下のグラフはここ20年間の主要国の技術貿易収支の推移を表したものです。(出典:社会実情データ図録)


日本はここ数年米国について世界第二位の座にあります。ただ、さかのぼって数字を調べていくと1970年代初頭の日本は圧倒的な技術輸入超過国でした。しかしその後、日本のメーカーはどんどん技術力を高め、ついに1990年代半ばには、ついに輸出超過(黒字)に転じたのです。その後も日本経済そのものは停滞し続ける中、着実に「技術立国ニッポン」としての地歩を強化していたのです。

グラフにはありませんが、下の表(出典:総務省HP)のとおり、最新のデータでは平成27年度の日本の技術輸出額は39,498億円です。また、技術輸入額は6,026億円です。差し引き、33,472億円と巨額な黒字を増やし続けています。まさに、「技術立国ニッポン」ですね。

■大半は米国とのやりとり

では、日本はどの国に知財ロイヤリティを支払い、またどの国に支払っているのかを表したものが下のグラフ(出典:総務省HP)です。

グラフからわかる通り、日本の技術貿易の相手国は、輸入も輸出もダントツに米国です。
これを日本と米国間の収支という視点で見ていくと、圧倒的黒字で支払い額と受取り額の差額は、約11,700億円にもなり、日本の圧倒的な黒字です。

このように見てきた日本の技術貿易ですが、実はその多くは製造業である自動車産業界によるものです。
今後、消費者の価値観が「モノから情報」に移っていくIoT社会ではとどうなるのでしょうか? 
自分はIT先進国である米国が圧倒的に有利な気がしますが・・・。

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 日本代表U17メンバー表(2017年招集選手)

    【GK】高田 侑真 2000.01.10、181cm/70kg、東山高青木 心 20...
  2. 高級ハンバーガーが人気の外食

    年々人気が高まる牛肉&牛肉料理の外食店。
  3. Jクラブチームの収入源とその収入は?

    クラブチームの収入源Jリーグ所属チームには、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、ガンバ...
  4. Jリーグのクラブライセンス制度って何?

    Jリーグでは、2012年から「クラブライセンス制度」を導入しており、仮にJ2でリーグ優勝してもそのチ...
  5. 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?

    毎日毎日、新聞やTVニュースでは、安倍首相の森友学園疑惑と加計学園疑惑のとりとめのない報...
  6. 各国の国会における女性議員比率

    安倍政権は最重要課題のひとつとして「すべての女性が活躍する社会」を実現を目指しており...
  7. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。

Ad

人気の記事

  1. スティーブン・バノン
  2. 都議会議員
  3. 青森山田サッカー部

ピックアップ記事

  1. そろそろお盆が近づいてきましたが、お休みは取れそうですか? 今回は資料JPが実施した「お盆休みに...
  2. みなさんは「睡眠負債」という言葉をご存知でしょうか? 1日6時間程度眠り、自分で...
  3. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  4. まだ7月の初旬、梅雨も明けていないのに毎日毎日鬼のような猛暑が続きますね。
  5. 女性の社会進出に伴い、女性がお酒を日常的に楽しむシーンが増えてきましたね。