新入社員の働くことについての意識はどう変化?

 

昭和から平成へと世の中が大きく変わっていますが、この間新入社員の働くことについての意識はどう変わってきているのだろうか?
今回は新入社員を対象とした「働くことの意識」アンケートの結果推移を紹介していきます。
データソースは、日本生産性本部の「職業のあり方研究会」と日本経済青年協議会が、毎年新入社員を対象にした「働くことの意識」調査です!

■「能力をためす」というアグレッシブな人は減少傾向

下のグラフは、「働く目的は?」という質問に対する回答です。

平成29年の結果は、「楽しい生活をしたい」が43%と一番多く、次いで「経済的に豊かになる」が27%で、この2項目が7割を占めました。

経年の変化を見てみると・・・、
昭和55年あたりから平成11年あたりまでは、「楽しい生活をしたい」から「経済的に豊かになる」「自分の能力をためす」の3項目がそれぞれ3割前後で拮抗していました。しかしその後、「楽しい生活をしたい」が増加し、「自分の能力をためす」が急落していきました。

この転機となっている平成11年ころから高速データ通信網やインターネットの進化が加速しはじめ、まさにこのIT革命で世の中や若者生活は急速に変化を始めたのです。その中で、「自分の能力をためす」という“体育会的な考え方”は萎んでいったのでした。

■「人並みで十分」が6割

次は、「人並み以上に働きたいか、人並みで十分か」という質問に対する回答のグラフです。

平成29年の結果は、「人並みで十分」が58%、「人並み以上」が34%、「どちらとも言えない」が8%という結果でした。

経年の変化を見てみると、「人並みで十分」と「人並み以上」は長年ほぼ同じぐらいでしたが、バブル崩壊期やここ数年は「人並みで十分」が高いスコアとなっています。どうやら景気の低迷期には「人並みで十分」と考える新入社員が多くなるようです。

次は、「若いうちは進んで苦労すべきか」という質問に対する回答のグラフです。

平成29年の結果は、「苦労すべきだ」が51%、「好んで苦労することはない」が29%、「どちらとも言えない」が20%という結果でした。

経年の変化を見てみると、平成11年あたりから23年あたりまでは「苦労すべきだ」という人は増えていた(50%→70%)が、ここ数年は急落し、逆に「好んで苦労することはない」が急増しています。
偶然かもしてませんが、転換期となった平成24年は、自民党が単独で絶対安定多数を確保する大勝を収め、与党に返り咲いた年です。

最後は、「会社選択の理由は?」という質問に対する回答のグラフです。


平成29年の結果は、「能力・個性が活かせる」が31%で最も多く、次いで「仕事が面白い」が18%、「技術が覚えられる」が14%という結果でした。

経年の変化を見てみると・・・、
注目すべきは「会社の将来性」の凋落です。昭和46年には27%とトップでしたが、その後は多少の上下はあるものの下降傾向をたどり、平成11年以降は10%以下にとどまっています。長年の間に日本でも「会社」よりも「個」という価値観が重視されるようになってきているのでしょうか?

こう見てくると、最近の新入社員は仕事や会社よりもプライベート重視の傾向が強まっているような気がします。
いずれにしろ平成11年あたりからの「IT革命の伸展」が、新入社員の生活や意識を変えたのは確かなようです。

  ▶▶▶ 子育てママの飲酒状況は?
  ▶▶▶ 東日本大震災の時、首都圏の住民はどうだった?
  ▶▶▶ ストレスどう解消?

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. チェルノブイリ事故で脱原発を決意したイタリア国民

    みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  2. 日本の社会インフラの老朽化問題を考える

    私たちの日々の生活を支えている道路、橋、鉄道、上下水. 港湾、堤防、学校、公園・・・...
  3. 食料自給率6

    食料自給率、日本はどの程度?

    先日テレビを見ていると、「世界の人口爆発と食糧難および日本の食料自給率」について話を...
  4. 青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している青森山田高校サッカー...
  5. 日本の将来人口と高齢化の将来像

    今回は、日本の将来人口の推移と高齢化社会の進行プロセスを見ていきたいと思います。
  6. あの有名スポーツ選手の体脂肪率はいくつ?

    よく「太っているか、痩せているか」という指標にされる体脂肪率。
  7. 行楽弁当はどんなものがお好き?

    9月に入り、朝晩はめっきり涼しくなりましたね。そろそろ行楽の秋も本番ですね。

Ad

人気の記事

  1. 2000年の日本の人口ピラミッド

ピックアップ記事

  1. ようやく梅雨も開け夏本番。夏の風物詩とも言える食べ物、スイカ。
  2. 子供たちは夏休み真っ盛り、すでに真っ黒に日焼けした子も。
  3. 中国砂漠化
    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  4. 先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  5. 今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。