熱中症対策にはこまめな水分補給が一番!

まだ7月の初旬、梅雨も明けていないのに毎日毎日鬼のような猛暑が続きますね。そこで今回は、熱中症に関するアンケートの結果を紹介していきます。
データソースは、ネットリサーチ『DIMSDRIVE』で実施した調査結果(20歳以上の男女5,202人)です。

■若い世代に多い熱中症経験者

下のグラフは「熱中症になったことあるか?」という質問に対する回答結果です。

熱中症経験者は14.9%で、「複数回なったことがある」人も6.7%もいた。またその経験者は、性別ではあまり差がなく、年代別では、「60代・70代以上」が11.0%であったのに対し、「30代」は18.1%、「20代以下」17.7%と、予想外に若い人の方が経験者が多い傾向にあった。
よくテレビなどでは「高齢者の熱中症予防」を呼びかけているので、この結果は意外でした。

■熱中症対策が手薄な若い世代

次は「(普段から)熱中症の対策をしているか?」という質問に対する回答結果のグラフです。

対策をしている」と答えた人が約半数の48.0%、「対策はしていない」という人も32.9%と約1/3いました。
男女別では、男性よりも女性の方がやや多く55.4%でした。年代別では、男女ともに年代があがる程、スコアが高くなっており、先の熱中症経験者が高齢者で低かったのは、この熱中症対策の有無が関係していると考えられる。
若い人は、炎天下の外出や外での作業も多いと思いますが、だからこそもっと熱中症対策を心がける必要があるのではないでしょうか。

■「熱中症対策」=「水分補給」

最後は、先の質問で「熱中症対策をしている」と回答した人に「具体的な熱中症対策の内容」を尋ねた回答結果のグラフです。

この対策はごくごく普通で、「こまめに水分補給をする」が断トツの91.4%、次いで、「エアコン・扇風機を使う」65.5%、「暑い日は無理をしない」55.2%、「窓などを開けて風通しをよくする」50.2%と続いた。また特に男女差が大きいのは「日傘をさす・帽子をかぶる」で男性20.8%に対して女性63.6%でした。
多くの人達は、「熱中症対策」=「水分補給」と考えているようです。

地球温暖化の影響でしょうか、近年の日本の暑さは本当に非常です。自分が子供の頃は「熱中症」という言葉もなく、35℃を超えるような猛暑日も無かったような気がします。
これから先、いったい日本はどんな気候になっていくのでしょうか?

Ad

意外な事実

  1. 年金手帳

    国民年金と厚生年金の違いは?

    現在、厚生労働省では、今後、ますます進む少子高齢化に年金制度は対応するために、公的年金の受給開始年齢...
  2. 介護福祉士

    介護福祉に関する資格制度が乱立

    自分は、5年ほど前に脳卒中(脳出血)で倒れてしまい、その後遺症で今現在も右片麻痺です。
  3. 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?

    毎日毎日、新聞やTVニュースでは、安倍首相の森友学園疑惑と加計学園疑惑のとりとめのない報...
  4. Jクラブチームの収入源

    Jクラブチームの収入源とその収入は?

    Jクラブチームの収入源Jリーグ所属チームには、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、ガン...
  5. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  6. 大学

    大学淘汰の始まり「2018年問題」と国や地方自治体からの補助金

    現在、日本には764校の大学があり、完全に飽和状態にあると言われています。
  7. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。

Ad

人気の記事

  1. 白人比率の低下
  2. 高齢ドライバー事故
  3. 東京

ピックアップ記事

  1. 弾道ミサイル
    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  2. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。
  3. 子供たちは夏休み真っ盛り、すでに真っ黒に日焼けした子も。
  4. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  5. 先日ネットをぶらぶらしていると、世界価値観調査というものに出くわしました。