熱中症対策にはこまめな水分補給が一番!

まだ7月の初旬、梅雨も明けていないのに毎日毎日鬼のような猛暑が続きますね。そこで今回は、熱中症に関するアンケートの結果を紹介していきます。
データソースは、ネットリサーチ『DIMSDRIVE』で実施した調査結果(20歳以上の男女5,202人)です。

■若い世代に多い熱中症経験者

下のグラフは「熱中症になったことあるか?」という質問に対する回答結果です。

熱中症経験者は14.9%で、「複数回なったことがある」人も6.7%もいた。またその経験者は、性別ではあまり差がなく、年代別では、「60代・70代以上」が11.0%であったのに対し、「30代」は18.1%、「20代以下」17.7%と、予想外に若い人の方が経験者が多い傾向にあった。
よくテレビなどでは「高齢者の熱中症予防」を呼びかけているので、この結果は意外でした。

■熱中症対策が手薄な若い世代

次は「(普段から)熱中症の対策をしているか?」という質問に対する回答結果のグラフです。

対策をしている」と答えた人が約半数の48.0%、「対策はしていない」という人も32.9%と約1/3いました。
男女別では、男性よりも女性の方がやや多く55.4%でした。年代別では、男女ともに年代があがる程、スコアが高くなっており、先の熱中症経験者が高齢者で低かったのは、この熱中症対策の有無が関係していると考えられる。
若い人は、炎天下の外出や外での作業も多いと思いますが、だからこそもっと熱中症対策を心がける必要があるのではないでしょうか。

■「熱中症対策」=「水分補給」

最後は、先の質問で「熱中症対策をしている」と回答した人に「具体的な熱中症対策の内容」を尋ねた回答結果のグラフです。

この対策はごくごく普通で、「こまめに水分補給をする」が断トツの91.4%、次いで、「エアコン・扇風機を使う」65.5%、「暑い日は無理をしない」55.2%、「窓などを開けて風通しをよくする」50.2%と続いた。また特に男女差が大きいのは「日傘をさす・帽子をかぶる」で男性20.8%に対して女性63.6%でした。
多くの人達は、「熱中症対策」=「水分補給」と考えているようです。

地球温暖化の影響でしょうか、近年の日本の暑さは本当に非常です。自分が子供の頃は「熱中症」という言葉もなく、35℃を超えるような猛暑日も無かったような気がします。
これから先、いったい日本はどんな気候になっていくのでしょうか?

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 地震に対する備えは大丈夫?

    もうすぐ関東大震災が起こった9/1の防災の日ですね。
  2. 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?

    毎日毎日、新聞やTVニュースでは、安倍首相の森友学園疑惑と加計学園疑惑のとりとめのない報...
  3. 喜ばれる出産祝いは何?

    今回は、ギフト総合研究所が2016年12月に実施した「出産祝いに関するアンケート」の...
  4. インドの人口は2070年には脅威の23.0億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  5. スポーツ観戦や2020東京オリンピックに興味がありますか?

    毎日毎日世の中に様々な話題を提供してくれた夏の甲子園大会も、埼玉の花咲徳栄の優勝で幕...
  6. 神戸弘陵学園高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している神戸弘陵学園高校サッ...
  7. 高級ハンバーガーが人気の外食

    年々人気が高まる牛肉&牛肉料理の外食店。

Ad

人気の記事

  1. 都議会議員

ピックアップ記事

  1. コーヒー通の方はよくご存知かもしれませんが、みなさんはよくコーヒーショップのメニューで見かける「カフ...
  2. みなさんはどうですか? そこで今回は、ギフト総合研究所が2016年9月に実施した「披露宴でのご祝...
  3. 人の年収は気になるものですよねぇ~! そこで今回は、築地市場移転問題の責任の所在...
  4. みなさんは「睡眠負債」という言葉をご存知でしょうか? 1日6時間程度眠り、自分で...
  5. 先週末から、娘がインフルエンザにかかり、1週間ほど家で寝込んでいました。