北朝鮮の核兵器による電磁パルス攻撃の脅威

 

私たちは核兵器と聞くと広島、長崎の惨禍のように核爆発で生じる熱線、爆風そして放射線による被害が大きな被害を想像します。
しかし、核兵器攻撃の中で本当に一番恐ろしいものは、「電磁パルス(EMP)攻撃」というものらしい。

■たった1発の核爆弾で社会が崩壊

この電磁パルス(EMP)攻撃は、核兵器を高さ40~400kmという高層大気圏で爆発させ、その核爆発により放出されるガンマ線が空気分子と衝突することで発生する電磁パルスが地上にあるありとあらゆる電子機器や電化製品、送電網を破壊してしまうのです。

その被害の範囲は、地上200kmで爆発させた場合で半径1,500km(日本がすっぽり入る広さ)ととてつもなく広範囲にわたるのです。
ただ、この電磁パルス(EMP)攻撃の場合、核爆発の現場があまりに高高度(広島・長崎は地上500-600m程度)であるため、熱線、爆風、放射線で直接死傷する人は出ないそうです。

この電磁パルス(EMP)攻撃により・・・、
日本中の発電所や送電網が機能不全となり、日本中が停電。
また自動車や航空機などの輸送車両も内蔵する電子基板が破壊され瞬時に操作不能に。
バソコンや携帯などの情報機器、エアコンや冷蔵庫などの電化製品も同様に内蔵する電子基板が破壊され瞬時に操作不能に。

ありとあらゆる文明の利器が一瞬で破壊されてしまうのです。
そうなんです、電気のなかった江戸時代に一瞬でタイムスリップしてしまうのです。

東京などの大都市で、電気が使えないだけではなく、上下水道がまったく使えなくなり、食料がどこからも輸送されてこない状態を考えただけでも、生き残りが容易ではないことは想像に難くありません。
この文明社会の崩壊により世の中は大混乱し、やがて飢えや病気で何千万人という人が死んでしまうと言われています。

仮に、地上400kmの高層大気圏でたった一発の核兵器が爆発すれば、米国全体が電磁パルス(EMP)すっぽり覆われ、国家破滅の危機に見舞われるそうです。

■発射からたった10分で日本へ

本当に恐ろしい話です。今現在、北朝鮮は米国本土まで届くICBM(大陸弾道ミサイル)はまだ保有していないが、日本へなら余裕で届く弾道ミサイルを持っています。あとはミサイルに搭載可能にまで核弾頭の小型化が進んでいれば、今すぐにでも北朝鮮により日本への電磁パルス(EMP)攻撃が可能なのです。

金正恩がGOサインさえ出せば、10分後には日本上空で核爆発・・・、それで日本は滅亡へと向かうのです。それも、じわじわと・・・。

この電磁パルス(EMP)攻撃を防ぐ方法は、核ミサイルが高度400kmにまで落ちてくる前に迎撃ミサイルで撃ち落とすしか方法はないそうです。日本の自衛隊がたった数分でそんなことができるとは思えません。
あとはただただ、金正恩が狂った行動を取らないことを祈るばかりです。

  ▶▶▶ 北朝鮮の保有する弾道ミサイルの種類は?
  ▶▶▶ 東日本大震災の時、首都圏の住民はどうだった?
  ▶▶▶ 北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

 人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 日本代表U17メンバー表(2017年招集選手)

    【GK】高田 侑真 2000.01.10、181cm/70kg、東山高青木 心 20...
  2. ゴールデンエイジ

    運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...
  3. J1・J2入れ替え戦”が2018年より10年ぶりに復活

    Jリーグは、2018年以降の「J1・J2の昇降格決定方法」を変更し、2018年の競技成績から適用する...
  4. 甲子園(高校野球)優勝校予想アンケート

    ネットを見ていたら「第99回全国高校野球選手権大会/優勝校予想アンケート」なるものを...
  5. 情報源としての2強媒体はTVとNET

    日ごろの皆さんの情報源とは何でしょうか? ここ数年のスマホの普及とそれに伴う新聞や雑誌などの紙媒体の...
  6. FIFAワールドカップの過去の最多優勝国は?

    早いものでブラジル開催、ドイツ優勝で湧いたFIFAワールドカップから3年が経ちました...
  7. 地震に対する備えは大丈夫?

    もうすぐ関東大震災が起こった9/1の防災の日ですね。

Ad

人気の記事

  1. 2000年の日本の人口ピラミッド
  2. 2020東京オリンピック
  3. 中国砂漠化

ピックアップ記事

  1. IT専門調査会社として世界的に有名なIDCによれば、2017年の世界のスマートフォン...
  2. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  3. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  4. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  5. 最近の東京は「熱中症厳重注意」が毎日のように続いています。