夏の風物詩スイカは、あまり食べられていない事実

 

ようやく梅雨も開け夏本番。夏の風物詩とも言える食べ物、スイカ。
今回は昨年11月にタキイ種苗株式会社が実施した「スイカに関するアンケート調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「20~60代の男女357名」です。

まず、「夏の食べ物といえば?」と尋ねると・・・、

第1位が「スイカ」(88.5%)、次いで第2位が「そうめん・冷麦」(75.4%)と「カキ氷・アイス」(75.4%)、4位「冷やし中華」(60.2%)でした。
9割近くの人が「スイカ」をあげるとは、やはり日本人には「スイカ=夏」と頭に刻まれているようですね。

続いて「スイカが好きですか?」と尋ねると・・・、


「好き」(52.7%)、「どちらかといえば好き」(33.1%)と答えた人が全体の85.8%となったのに対し、「嫌い」(5.3%)、「どちらかといえば嫌い」(9.0%)でした。
やっぱり、日本人はスイカが好きなんですね。

さらに、「スイカが好きな理由」を尋ねると・・・、


圧倒的に「美味しいから」で73.5%、続いて「甘いから」(41.8%)、「夏の風物詩」(39.9%)、「瑞々しいから」(37.3%)、「涼がとれるから」(32.0%)がTOP5となりました。

続いて「スイカを食べる頻度」を尋ねると・・・、


「月に1~2回」(42.9%)が最も多く、さらに、「ほとんど食べない」(23.0%)でした。
スイカは好きだけれど、あまり頻繁には食べられてはいないようですね。日常というよりも、やっぱりスイカは人が来た時や海水浴場などの行楽地で食べるイメージが強いですね。

最後になりますが、スイカはカリウムなどのミネラルが豊富で、エネルギーに転換の早い果糖やブドウ糖も含まれていることから、スイカを食べるだけで熱中症や夏バテ防止に効果的だそうです。
みなさんは、もう今年の夏はスイカを食べましたか?

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

    前回に引き続き今回も、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人...
  2. ゴールデンエイジ

    運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...
  3. 核兵器保有国とその保有核弾頭数は?

    1938年にドイツの物理学者オットー・ハーンが原子核分裂を発見してから数年後、ナチス...
  4. 賞味期限や消費期限はチェックしてますか?

    食べ物が痛みやすい夏。
  5. 2020東京オリンピック

    2020東京オリンピックの全体経費の内訳

    2020東京オリンピックとパラリンピック、開催まで3年半。
  6. スイーツ男子を生んだコンビニスイーツ

    コンビニスイーツの登場で手軽においしいスイーツが食べられるようになり、私たちの生活に...
  7. トランプ大統領誕生で日本はどうなる?

    11月9日に米国大統領に当選したトランプ氏。

Ad

人気の記事

  1. スティーブン・バノン
  2. 2020東京オリンピック

ピックアップ記事

  1. 空梅雨が明けたと思ったら、今度は台風の季節。
  2. お盆も近づき夏もあと僅か。
  3. 世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  4. 国の3連休を増やす政策で、飛躍的に3連休が増えましたが、皆さんは何して過ごしていますか? 今回は...
  5. みなさんは「睡眠負債」という言葉をご存知でしょうか? 1日6時間程度眠り、自分で...