EU離脱候補国はフランス、ギリシャ?

 

EU離脱を選択した英国民投票から約1年後、ようやく正式な英国のEU離脱交渉が先週から始まりました。
そこで今回はピュー・リサーチ・センターが実施した「ECに関する国際調査」の結果をご紹介します。

*「ピュー・リサーチ・センター」は米国のワシントンにあるシンクタンクで、クリントン政権時に米国初の女性国務長官を務めたオルブライト氏と前国連大使のダンフォース氏により運営されている。

まず始めに、それぞれの国の国民に「EUは好ましいか?」と尋ねた結果が下のグラフです。

 

全体では、EUに対して「好ましい」(favorable)と考えている者の割合は、年々減ってきている。
国別に評価が高い(非常に好ましい+やや好ましい)順に並べると・・・、
ポーランド72%、ハンガリー61%、イタリア58%、スウェーデン54%、オランダ51%、ドイツ50%、スペイン47%、英国44%、フランス38%、ギリシャ27%
となり、国によって非常に評価に差があるのがわかる。

次に、「EUの権限は各国に戻すべきか?」と尋ねた結果が下のグラフです。

先の質問で、EU好感度の低かった英国、フランス、ギリシャのうち、英国とギリシャでは、EU権限委譲派が6割以上と多くなっているが、一方フランスは、むしろ、権限委譲派は4割以下と10ヵ国の中でも少ない方となっている。逆に、フランスではEU権限強化派が34%と最も多い国となっている。また英国に次いでEU好感度が低かったスペインでは、委譲派は10ヵ国の中で最も少なくなっており、権限強化派がかなり多い。
つまり、EU好感度が低い国は2つのグループに分かれているのだ。英国やギリシャは「EUが気に食わないからEUから離脱したい」と考える国民が多いのに対して、フランスやスペインは、「EUは気に食わないけれども、そうした状況から脱するために、もっとEUの権限を強化してまともに機能するようにすべきだ」と考えている国民が多い国だ。

最後に主要国の「EU評価の時系列推移」を見たものが下のグラフです。

2010年以降に本格化した欧州債務危機ですが、2004年以降の各国のEU評価の推移を見ると、欧州債務危機や難民・移民問題が深刻化するたびに評価の下ブレが起っているが、長期的な傾向としても全体にEU評価の低下傾向が見られる。

このように見てくると、やはりギリシャが英国に続くEU離脱候補の筆頭で、次いでフランス、スペインの用な感じですね。

  ▶▶▶ 子育てママの飲酒状況は?
  ▶▶▶ 東日本大震災の時、首都圏の住民はどうだった?
  ▶▶▶ ストレスどう解消?

関連記事

Ad

意外な事実

  1. フランスの大統領の任期中の解任はできない?

    就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. 台風の大きさや強さの定義は?

    毎年のように日本に上陸または接近して、多くの被害をもたらす台風。
  3. 米国大統領が起こした大スキャンダルの結末

     現在、FBIがトランプ氏周辺とロシアとの不透明な関係を調べている最中なのに、先日突...
  4. マグロのお寿司はお好きですか?

    最近大流行の回転寿司でも人気ナンバーワンのマグロ。
  5. 健康のためにウォーキングやサイクリング

    みなさんが応援しているチームは勝っていますか? そこで今回は、アサヒビールが2015年9月に実施...
  6. 一人での外食やレジャーは好きですか?

    「牛丼屋」(70.1%)みなさんは、たった一人で外食店やレジャー施設を利用しますか? 今回は...
  7. スティーブン・バノン

    トランプ大統領の参謀スティーブン・バノンは危険人物?

    最近、トランプ政権関係のニュースで記事で、ちょくちょく目や耳にするスティーブン・バノ...

Ad

人気の記事

  1. 青森山田サッカー部
  2. 国会議員の給与2
  3. スティーブン・バノン

ピックアップ記事

  1. 総務省から発表された科学技術研究調査によると、日本の「技術貿易」の黒字は年々増え続け...
  2. 最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  3. 皆さんは、「神経内科」という診療科をご存知ですか? また、「脳神経外...
  4. お盆も近づき夏もあと僅か。
  5. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。