EU離脱候補国はフランス、ギリシャ?

 

EU離脱を選択した英国民投票から約1年後、ようやく正式な英国のEU離脱交渉が先週から始まりました。
そこで今回はピュー・リサーチ・センターが実施した「ECに関する国際調査」の結果をご紹介します。

*「ピュー・リサーチ・センター」は米国のワシントンにあるシンクタンクで、クリントン政権時に米国初の女性国務長官を務めたオルブライト氏と前国連大使のダンフォース氏により運営されている。

まず始めに、それぞれの国の国民に「EUは好ましいか?」と尋ねた結果が下のグラフです。

 

全体では、EUに対して「好ましい」(favorable)と考えている者の割合は、年々減ってきている。
国別に評価が高い(非常に好ましい+やや好ましい)順に並べると・・・、
ポーランド72%、ハンガリー61%、イタリア58%、スウェーデン54%、オランダ51%、ドイツ50%、スペイン47%、英国44%、フランス38%、ギリシャ27%
となり、国によって非常に評価に差があるのがわかる。

次に、「EUの権限は各国に戻すべきか?」と尋ねた結果が下のグラフです。

先の質問で、EU好感度の低かった英国、フランス、ギリシャのうち、英国とギリシャでは、EU権限委譲派が6割以上と多くなっているが、一方フランスは、むしろ、権限委譲派は4割以下と10ヵ国の中でも少ない方となっている。逆に、フランスではEU権限強化派が34%と最も多い国となっている。また英国に次いでEU好感度が低かったスペインでは、委譲派は10ヵ国の中で最も少なくなっており、権限強化派がかなり多い。
つまり、EU好感度が低い国は2つのグループに分かれているのだ。英国やギリシャは「EUが気に食わないからEUから離脱したい」と考える国民が多いのに対して、フランスやスペインは、「EUは気に食わないけれども、そうした状況から脱するために、もっとEUの権限を強化してまともに機能するようにすべきだ」と考えている国民が多い国だ。

最後に主要国の「EU評価の時系列推移」を見たものが下のグラフです。

2010年以降に本格化した欧州債務危機ですが、2004年以降の各国のEU評価の推移を見ると、欧州債務危機や難民・移民問題が深刻化するたびに評価の下ブレが起っているが、長期的な傾向としても全体にEU評価の低下傾向が見られる。

このように見てくると、やはりギリシャが英国に続くEU離脱候補の筆頭で、次いでフランス、スペインの用な感じですね。

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. 整骨院

    整骨院と接骨院ってどう違うの?

    最近、街を歩いていると、「整骨院」や「接骨院」と書かれた看板を、やたらたくさん見かけ...
  2. ニートとフリーターの違いは?

    最近、日本でも頻繁に話題に上っているニートとフリーターですが、その違いってご存知です...
  3. 道路ライブカメラリンク集

    全国の道路ライブカメラリンク集

    みなさんは国土交通省が、日本各地に何千というライブカメラを設置しているをご存知ですか? しかもそ...
  4. 本田圭佑

    本田選手の精神的強さの基礎は中高校生時代にあった

    本田圭佑選手、凄いですねぇ。 あの瞬間にゴール前のあそこにいるとは・・・、神がかっていますね。
  5. 交通事故死亡者数

    大幅に減少した日本の交通事故死亡者数

    警察庁によれば、昨年2017年における全国の交通事故死者(事故発生から24時間以内に...
  6. 高齢ドライバー事故

    高齢ドライバーの驚きの現状

    集団登校の小学生の列や街の商店に車が突っ込んだり、高速道路を気づかずに逆走したり、...
  7. 麻生太郎1

    とてもエリートには見えないが、実は超エリートの麻生太郎

    最近、森友学園問題や財務省事務方トップの福田事務次官セクハラ疑惑などでテレビでよく見かける麻生財務大...

Ad

人気の記事

  1. 中国の街の雑踏
  2. 東京
  3. 高齢ドライバー事故

ピックアップ記事

  1. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  2. 訪問日:2014年8月19日こんばんは。
  3. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  4. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  5. 大谷翔平
    今、日本中の注目を集めている北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手。