自動運転車に対する期待と不安

 

最近は高齢ドライバーによる交通事故の増加とともに、今話題のAI(人工知能)の代表格である「自動運転車」がマスコミや世の中の注目を集めていますね。実はこの自動運転車は1980年代から開発が行われていたそうです。
そこで今回は、損保ジャパン日本興亜が2017年4月に実施した「自動運転車に関する意識アンケート調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「全国在住の20-70代男女(ドライバー以外を含む) 3,600人」です。

まず始めに、「自動運転車の普及に対する期待は?」と尋ねると・・・、

全体では「交通事故の減少」への期待が最も多く、次いで「高齢者の移動支援・行動範囲の拡大」、「運転負荷の軽減・快適性の向上」、「渋滞の緩和」への期待が続いています。また年代が上がるにつれて、「高齢者の移動支援・行動範囲の拡大」への期待が高まっている。

次に、「自動運転車の普及に対する不安は?」と尋ねると・・・、

全体では「ドライバーの運転技量の低下」が最も多く、次いで「運転支援・自動走行機能の誤作動」、「交通事故が生じた際の責任の所在があいまいになること」、「車両価格の高騰」などが続いています。
しかし、実際に「自動運転中に事故が発生」した場合にメーカーサイドはどこまで責任をとってくれるのでしょうか?その辺のところが明確にならないと普及はまず無理でしょうね。

最後に、「自動走行中にしたいことは?」と尋ねました。

全体では「景色を眺める」が最も多く、次いで「同乗者と会話する」、「飲食する」、「音楽を聴く」、「睡眠をとる」などが続いています。
長年自分でハンドルを握ってきた自分としては、たとえ自動運転中でもほかのことなど怖くてとても出来ないような気がしますが・・・。みなさんはどうですか?

  ▶▶▶ 子育てママの飲酒状況は?
  ▶▶▶ 東日本大震災の時、首都圏の住民はどうだった?
  ▶▶▶ ストレスどう解消?
  ▶▶▶ 高齢ドライバーの驚きの現状
  ▶▶▶ 自動ブレーキは、高齢ドライバーの事故を激減できるか?

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 核兵器保有国とその保有核弾頭数は?

    1938年にドイツの物理学者オットー・ハーンが原子核分裂を発見してから数年後、ナチス...
  2. Jクラブチームの収入源とその収入は?

    クラブチームの収入源Jリーグ所属チームには、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、ガンバ...
  3. インドの人口は2070年には脅威の23.0億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  4. Jリーグのクラブライセンス制度って何?

    Jリーグでは、2012年から「クラブライセンス制度」を導入しており、仮にJ2でリーグ優勝してもそのチ...
  5. 2020東京オリンピック

    2020東京オリンピックの全体経費の内訳

    2020東京オリンピックとパラリンピック、開催まで3年半。
  6. 台風の大きさや強さの定義は?

    毎年のように日本に上陸または接近して、多くの被害をもたらす台風。
  7. 情報源としての2強媒体はTVとNET

    日ごろの皆さんの情報源とは何でしょうか? ここ数年のスマホの普及とそれに伴う新聞や雑誌などの紙媒体の...

Ad

人気の記事

  1. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

ピックアップ記事

  1. 中国砂漠化
    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  2. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  3. 早いものでもう7月、ヨーロッパではバカンスシーズンの到来ですね。
  4. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新しい薬を飲み始めま...
  5. 最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。