自動運転車に対する期待と不安

 

最近は高齢ドライバーによる交通事故の増加とともに、今話題のAI(人工知能)の代表格である「自動運転車」がマスコミや世の中の注目を集めていますね。実はこの自動運転車は1980年代から開発が行われていたそうです。
そこで今回は、損保ジャパン日本興亜が2017年4月に実施した「自動運転車に関する意識アンケート調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「全国在住の20-70代男女(ドライバー以外を含む) 3,600人」です。

まず始めに、「自動運転車の普及に対する期待は?」と尋ねると・・・、

全体では「交通事故の減少」への期待が最も多く、次いで「高齢者の移動支援・行動範囲の拡大」、「運転負荷の軽減・快適性の向上」、「渋滞の緩和」への期待が続いています。また年代が上がるにつれて、「高齢者の移動支援・行動範囲の拡大」への期待が高まっている。

次に、「自動運転車の普及に対する不安は?」と尋ねると・・・、

全体では「ドライバーの運転技量の低下」が最も多く、次いで「運転支援・自動走行機能の誤作動」、「交通事故が生じた際の責任の所在があいまいになること」、「車両価格の高騰」などが続いています。
しかし、実際に「自動運転中に事故が発生」した場合にメーカーサイドはどこまで責任をとってくれるのでしょうか?その辺のところが明確にならないと普及はまず無理でしょうね。

最後に、「自動走行中にしたいことは?」と尋ねました。

全体では「景色を眺める」が最も多く、次いで「同乗者と会話する」、「飲食する」、「音楽を聴く」、「睡眠をとる」などが続いています。
長年自分でハンドルを握ってきた自分としては、たとえ自動運転中でもほかのことなど怖くてとても出来ないような気がしますが・・・。みなさんはどうですか?

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

 

Ad

意外な事実

  1. 平成の30年間の主な出来事と日本の変化?

    1989年1月7日に昭和天皇が崩御され、幕を開けた平成も、あと1年を切りました。
  2. 生涯未婚率上昇

    生涯未婚率上昇で増え続ける一人暮らし高齢者

    近年、未婚率が上昇してることが話題になっていますが、2015年の国勢調査の結果、「生涯未婚率」(50...
  3. 駒澤大学体育会サッカー部

    駒澤大学体育会サッカー部の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグに属し、1931年に創部され90年近い歴...
  4. 青森山田

    青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTの常連メンバーである青森山田高校サ...
  5. キャビンアテンダントの出身大学

    キャビンアテンダント(客室乗務員)の出身大学は?

    今も昔も女性の花形職業の一つで、かってはスチュワーデスと呼ばれた、キャビンアテンダント=CA(客室乗...
  6. 激甚災害

    激甚災害って何?

    最近、TVや新聞で度々目にすることが多くなった「激甚災害指定」という言葉ですが、いったい「激甚災害」...
  7. 次期自民党総裁候補の石破茂は自己中なオタク

    様々な問題でガタガタしている安倍内閣ですが、マスコミ各社の4月の世論調査の結果を見る限り、かなり危険...

Ad

人気の記事

  1. 黒湯
  2. 教育にカネを使わない国ニッポン
  3. 中国の街の雑踏
  4. 安倍総理の外遊

ピックアップ記事

  1. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  2. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  3. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  4. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  5. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。