夏休みは子供とどう過ごす?

子供たちは夏休み真っ盛り、すでに真っ黒に日焼けした子も。
そこで今回は、i.JTBが2016年5月に実施した「子育て世代の夏レジャーに関する調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「全国の3 歳~中学生の子供がいる男女 1,000人」です。

まず始めに、「夏休み中の子育てについての意識」を聞いてみた。

「夏にしかできない経験・想い出を作ってあげたい」と思う割合(「非常にそう思う」と「ややそう思う」の合計、以下同様)が94.5%、
「夏休みは一年のうち子供が一番成長できる時期だ」は同69.7%、
「自分のお盆休み・夏休みは、できるだけ子供の学びや成長のために使ってあげたい」は同88.2%、
「夏休みは多少家計に無理をしてでも子供にお金を使ってあげたい」では同72.6%
でした。夏休みを子供の成長にとっての良い機会だと捉え、自由時間
や予算を費やしてでも子供に様々な経験をさせたい、想い出を作ってあげたいと考えている親とくに男親が非常に多いことがわかります。
普段は仕事で子供と接する機会が少ないお父さんたちも、反省の意味も込めて夏休みぐらいは何とか子供と過ごそうと考えているんですね。
また、「夏休みに子供のことについて話すことで夫婦の絆は深まる」と考える人の割合は68.1%で、とくに男性では78.1%と非常に多く、普段よりも自由時間がとれる夏休みをひとつのきっかけとして、夫婦で子育てについて意見交
換することは、夫婦仲にも良い影響を及ぼすと考えている男性が多いことがわかります。

次は、「日帰りレジャーのうち、“コストパフォーマンスが良いと思うもの”は何?」と尋ねると・・・、

1位は「プール・海水浴」68.0%、次いで2位は「山登り・ハイキング」66.7%、続いて3位は「夏祭り・花火大会」57.6%、4位は「アスレチック・スポーツ施設(サイクリングなど)」48.4%、5位は「博物館・工場見学」46.6%でした。
この夏のお出かけ先に迷われている方やレジャー費用を節約したい方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

続いて、「日帰りレジャーに行く事前準備としてよく購入するものの購入場所は?」と尋ねると・・・、

日帰りレジャーで事前に購入されているアイテムの上位 3 つとなった「食べ物・飲み物」「虫よけスプレー」「レジャーなどのチケット」それぞれの購入場所についての質問を行いました。
まず、「食べ物・飲み物」は「スーパー」が81.3%と圧倒的に多く、続いて「コンビニ」44.6%、「ドラッグストアなどの専門店」30.1%となっています。
次に、「虫よけスプレー」ですが、1位は「ドラッグストアなどの専門店」74.5%と圧倒的に多く、続いて「ホームセンター」26.9%、「スーパー」24.1%となっています。こちらの商品は、品揃えが豊富なドラッグストアで購入している方が多いようです。
最後に、「レジャーなどのチケット」ですが、1位は「通信販売・インターネット」57.5%、2位は僅差で「コンビニ」54.6%となっています。
自分も昔はそうでしたが、きっと事前準備の段階で、より良い物やより安い物を求めて様々な種類のお店を巡っている方が多いのではないでしょうか。

続いて、「日帰りレジャー当日に、コンビニに何回くらい立ち寄る?」と尋ねると・・・、

「0 回」は 4.1%と非常に少なく、「1~2 回」は 73.1%、「3~4 回」は 20.3%となっています。平均 では2.0 回コンビニに立ち寄っていることになります。

最後に、「コンビニに立ち寄った結果、“便利だ・お得だ”と満足したものは?」と尋ねると・・・、

最も高かったものは「トイレの利用」91.4%、2 位は「ATM の利用」76.1%、3 位は「食べ物・飲み物の購入」70.5%、4 位は「チケットの購入(レジャーチケットなど)」64.1%、5 位は「目的地や近隣施設などに関する質問(道案内など)」56.9%となっています。
やはり、コンビニは様々な面で、子連れ日帰りレジャーの強い味方になっているようですね。

  ▶▶▶ お盆休みは何する?
  ▶▶▶ 人気の花火大会ベスト5:「行ってよかったぁ!」

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 北方四島に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  2. ゴールデンエイジ

    運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...
  3. 米子北高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している米子北高校高校サッカ...
  4. 安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?

    阿部政権は、景気は良くなってきていると言っていますが、自分には全くその実感がありません。
  5. 健康やストレス解消に良い人気の習い事は?

    みなさんは何か習い事をしていますか? 今回は、アサヒビールが2015年3月に実施した「習い事に関...
  6. 中国人から見た日本人は、傲慢で、暴力的で、不正直

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。
  7. スクランブル発進、中国の脅威アップで激増中

    先日のNHKのニュースによると、日本領空に接近した外国軍機などに対する自衛隊機のスク...

Ad

人気の記事

  1. 高齢ドライバー事故
  2. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン

ピックアップ記事

  1. 子供たちは夏休み真っ盛り、すでに真っ黒に日焼けした子も。
  2. 人の年収は気になるものですよねぇ~! そこで今回は、築地市場移転問題の責任の所在...
  3. 昭和から平成へと世の中が大きく変わっていますが、この間新入社員の働くことについての意...
  4. ヒアリ1
    先日、神戸市の神戸港(ポートアイランド)で中国の広州からの貨物船のコンテナから、特定...
  5. EEZ7
    最近、新聞やテレビの報道番組等で「領海」「接続水域」「排他的経済水域(EEZ)」などの難しい言葉をた...