若者の結婚離れ進行中

 

いまどきの若者は、“結婚にメリットがないと感じており、若者の結婚離れが進んでいると言われています。
そこで今回は、TesTee Lab(テスティーラボ)が2017年6月に実施した「若年層男女の結婚に関する意識調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「全国の10代、20代の未婚男女2,066人」です。

まず始めに、「将来結婚したいと思いますか?」と尋ねると・・・、

「結婚したい」と答えたのは、10代女性で72.8%、20代女性で67.9%、10代男性で62.8%、20代男性で58.6%でした。
また、男女ともに20代よりも10代の方が「結婚したい」と思っている。
この数字って低くない? ますます少子化が進んでしまうのでは・・・。

 

次に、「結婚に対するイメージ」について尋ねると・・・、

10代女性で72.8%、20代女性で65.4%、10代男性の65.1%、20代男性の56.3%が結婚に対して「プラスなイメージを持っている」と回答。
男性よりも女性、20代よりも10代の方が「プラスなイメージを持っている」人が多くなっている。
しかし、20代男性では半数弱が「マイナスイメージ」を持っているとは・・・。でも、自分も若い頃はそうだったかもなぁ~。

次に、「結婚したい」と答えた人を対象に「結婚式を挙げたいですか?」と尋ねると・・・、

「結婚式を挙げたい」と答えたのは、10代女性で80.7%、20代女性で69.4%、10代男性で76.3%、20代男性で61.2%となりました。
男性よりも女性、20代よりも10代の方が「結婚式を挙げたい」と考えている人が多くなっている。

続いて、結婚願望のある女性に、「結婚式の衣装は、和装と洋装はどちらがいいですか?」と尋ねると・・・、

10代、20代ともに圧倒的に「洋装」の選択者が多く、10代女性で84.4%、20代女性で75.7%となっている。

最後に結婚願望のある女性に、「婚約指輪を欲しいですか?」と尋ねると・・・、

「婚約指輪を欲しい」と答えた人は、10代女性で76.6%、20代女性で67.4%と圧倒的多数でした。

こう見てくると、若者の結婚離れは確かに進んでいるような気がします。
ただでさえ、少子化で人口減少が社会問題化する今、若者が「結婚したい!」と安心して言えるように、社会の仕組みや制度を検討することも差し迫った重要な課題ではないでしょうか。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 中国共産党

    中国共産党員、膨れ上がったその数

    自分が初めて中国(上海)に行ったのは、30年前の1987年。
  2. 自動運転車に対する期待と不安

    最近は高齢ドライバーによる交通事故の増加とともに、今話題のAI(人工知能)の代表格で...
  3. 食料自給率6

    食料自給率、日本はどの程度?

    先日テレビを見ていると、「世界の人口爆発と食糧難および日本の食料自給率」について話を...
  4. EU離脱候補国はフランス、ギリシャ?

    EU離脱を選択した英国民投票から約1年後、ようやく正式な英国のEU離脱交渉が先週から...
  5. 化石海水

    “化石海水”って、何?

    先日、「東京周辺の温泉は、その多くが非火山性温泉の1つである“化石海水”である」と聞...
  6. 「懐石料理」と「会席料理」の違いは?

    和食のジャンルの中に「懐石料理」と「会席料理」というものがありますが、同じ読み方をするこの2つ、どこ...
  7. ネイマール メッシ ロナウド

    W杯で活躍するロナウドやメッシの年収は?

    連日熱戦が繰り広げられているW杯が、そこで活躍しているメッシやロナウドなどのスーパースター選手たちの...

Ad

人気の記事

  1. 桐光学園高校サッカー
  2. 2000年の日本の人口ピラミッド
  3. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦

ピックアップ記事

  1. 最近、街で買物や外食をしていると、よく見かけるのが下の「ビジット・ジャパン」キャンペーンのロゴ。
  2. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。
  3. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  4. 最近、日本でも頻繁に話題に上っているニートとフリーターですが、その違いってご存知です...
  5. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。