夏バテは焼肉で解消!

 

夜、帰宅途中に焼き鳥屋さんや焼肉屋さんの前を通ると、ついつい肉の焼けるいい香りに誘われてしまう季節になりましたね。(*^.^*)
そこで今回は、アサヒビールが2017年8月に実施した「お肉に関わる食生活の実態アンケート調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「全国の20歳以上の男女1,042人」です。

まず始めに、「肉・魚・野菜の中で、皆さんが好きな食材は?」と尋ねると・・・、

「肉派」と回答した人が最も多く60.7%。主な理由は「。一気にスタミナが付く」、「とにかく肉を食べると元気になる」など、魚や野菜よりも、エネルギーやパワーに変わりやすいという声が多く、「お肉=元気の源」と捉えている人が目立ちました。「肉派」に続き、人気が高かったのは「魚派」(22.9%)で、「野菜派」は15.6%でした。
やはり、夏バテには焼肉なんでしょうか。

次に、「どの位の頻度で「肉料理」を食べている?」と尋ねると・・・、

「週3~5回」が約半数の47.7%、次いで「ほぼ毎日食べている」16.9%でした。全体の6割以上の人びとが「(少なくとも)週3回以上」の頻度で何らかの肉料理を食べているようです。

次に、「好きなお肉の種類は?」と尋ねると・・・、

「牛肉」「豚肉」「鶏肉」に意見が3分され、それぞれ39.6%、33.3%、24.9%でした。
牛肉の価格が輸入自由化後、相当安くなったことも大きく影響しているのでしょうか。

続いて、「よく食べる好きな肉料理は?」と尋ねると・・・、

人気ナンバーワンは「から揚げ・手羽先のから揚げ」(49.0%)、次いで「焼肉」(45.8%)でした。どうやらこの2料理が肉料理の定番のようです。3位は「生姜焼き」(37.5%)、4位が「ハンバーグ」(37.4%)、5位に「とんかつ(ロースカツ、ひれかつなど)」(28.0%)と家庭料理の定番メニューが続きました。

最後に、「肉料理に合うお酒は?」と尋ねると・・・、

圧倒的に多かったのが「ビ-ル」(85.5%)、次いで「発泡酒 ・新ジャンル」(34.8%)でした。サッパリとした口当たりの「ビール系アルコール飲料」と脂っぽい「肉料理」との相性の良さでしょうか。
3位は非炭酸飲料である「ワイン」 (26.0%)、4位は「チューハイ・サワー」(25.8%)、5位は「焼酎」(12.5%)となっています。
刺し身などのお魚料理にはぴったりの日本酒も、残念ながら肉料理となると少数派支持に留まりました。

高タンパク質で、鉄分やビタミンB12などを豊富に含む「お肉」の栄養成分。今年も、しっかりお肉を食べて暑い夏を乗り切りましょう。

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 日本代表U17メンバー表(2017年招集選手)

    【GK】高田 侑真 2000.01.10、181cm/70kg、東山高青木 心 20...
  2. インドの人口は2070年には脅威の23.0億人!

    世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。
  3. 日本のノーベル賞受賞者とその賞金

    毎年秋になると、マスコミは「ノーベル賞」の話題で持ち切りになりますが、この「ノーベル賞」って何なのだ...
  4. スイーツ男子を生んだコンビニスイーツ

    コンビニスイーツの登場で手軽においしいスイーツが食べられるようになり、私たちの生活に...
  5. 日本代表U16メンバー表(2017年招集選手)

    【GK】小久保 玲央ブライアン 2001.01.23、188cm/74kg、柏レイソルU-1...
  6. Jリーグのクラブライセンス制度って何?

    Jリーグでは、2012年から「クラブライセンス制度」を導入しており、仮にJ2でリーグ優勝してもそのチ...
  7. 国民のTV離れとフジテレビの凋落

    ここ数年でスマホが急速に普及し、それとともにインターネットの利用が急増しています。

Ad

人気の記事

  1. 青森山田サッカー部

ピックアップ記事

  1. 和食のジャンルの中に「懐石料理」と「会席料理」というものがありますが、同じ読み方をするこの2つ、どこ...
  2. 最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  3. ようやく梅雨も開け夏本番。夏の風物詩とも言える食べ物、スイカ。
  4. 自分は片麻痺の治療のために、一か月ほど前から、バクロフェン(リオレサール)という新しい薬を飲み始めま...
  5. 都会に暮らす現代人にストレスはつきものの。