夏バテは焼肉で解消!

 

夜、帰宅途中に焼き鳥屋さんや焼肉屋さんの前を通ると、ついつい肉の焼けるいい香りに誘われてしまう季節になりましたね。(*^.^*)
そこで今回は、アサヒビールが2017年8月に実施した「お肉に関わる食生活の実態アンケート調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「全国の20歳以上の男女1,042人」です。

まず始めに、「肉・魚・野菜の中で、皆さんが好きな食材は?」と尋ねると・・・、

「肉派」と回答した人が最も多く60.7%。主な理由は「。一気にスタミナが付く」、「とにかく肉を食べると元気になる」など、魚や野菜よりも、エネルギーやパワーに変わりやすいという声が多く、「お肉=元気の源」と捉えている人が目立ちました。「肉派」に続き、人気が高かったのは「魚派」(22.9%)で、「野菜派」は15.6%でした。
やはり、夏バテには焼肉なんでしょうか。

次に、「どの位の頻度で「肉料理」を食べている?」と尋ねると・・・、

「週3~5回」が約半数の47.7%、次いで「ほぼ毎日食べている」16.9%でした。全体の6割以上の人びとが「(少なくとも)週3回以上」の頻度で何らかの肉料理を食べているようです。

次に、「好きなお肉の種類は?」と尋ねると・・・、

「牛肉」「豚肉」「鶏肉」に意見が3分され、それぞれ39.6%、33.3%、24.9%でした。
牛肉の価格が輸入自由化後、相当安くなったことも大きく影響しているのでしょうか。

続いて、「よく食べる好きな肉料理は?」と尋ねると・・・、

人気ナンバーワンは「から揚げ・手羽先のから揚げ」(49.0%)、次いで「焼肉」(45.8%)でした。どうやらこの2料理が肉料理の定番のようです。3位は「生姜焼き」(37.5%)、4位が「ハンバーグ」(37.4%)、5位に「とんかつ(ロースカツ、ひれかつなど)」(28.0%)と家庭料理の定番メニューが続きました。

最後に、「肉料理に合うお酒は?」と尋ねると・・・、

圧倒的に多かったのが「ビ-ル」(85.5%)、次いで「発泡酒 ・新ジャンル」(34.8%)でした。サッパリとした口当たりの「ビール系アルコール飲料」と脂っぽい「肉料理」との相性の良さでしょうか。
3位は非炭酸飲料である「ワイン」 (26.0%)、4位は「チューハイ・サワー」(25.8%)、5位は「焼酎」(12.5%)となっています。
刺し身などのお魚料理にはぴったりの日本酒も、残念ながら肉料理となると少数派支持に留まりました。

高タンパク質で、鉄分やビタミンB12などを豊富に含む「お肉」の栄養成分。今年も、しっかりお肉を食べて暑い夏を乗り切りましょう。

 

Ad

意外な事実

  1. 原発

    世界の国別原発の数と今後の原発動向

    2011年3月の東日本大震災の福島原発事故以来、日本にある原発はいったん運転を停止し...
  2. CO2排出量9

    トランプ大統領が疑う地球温暖化問題とCO2排出削減目標

    ニュース報道によると、トランプ米大統領が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱する方針を決...
  3. 農業改革

    安倍政権の農業改革は本当に進むのか?

    政府は半世紀近くにわたって日本の農業を続けてきた束縛してきたコメの生産調整、いわゆる減反政策を今年2...
  4. FIFAワールドカップの過去の最多優勝国は?

    早いものでブラジル開催、ドイツ優勝で湧いたFIFAワールドカップから3年が経ちました...
  5. くつろぎの時間はやっぱりお酒を飲みながらTV

    今回は、アサヒビールが2010年9月に実施した「くつろぎの時間に関するアンケート」の...
  6. 自民党

    官僚出身の代議士の存在と自民党と行政の癒着

    「森友学園」への国有地取引を巡る一連の問題で、告発された佐川宣寿・前国税庁長官ら38人全員が不起訴処...
  7. 中国の街の雑踏

    日本人と中国人の国民意識の違い

    早いもので、1972年に日中国交正常化してから、もうすぐ半世紀が過ぎます。

Ad

人気の記事

  1. 世界の人口ピラミッド_
  2. 安倍政権
  3. 2000年の日本の人口ピラミッド
  4. 市立船橋

ピックアップ記事

  1. 先週末から、娘がインフルエンザにかかり、1週間ほど家で寝込んでいました。
  2. 国の3連休を増やす政策で、飛躍的に3連休が増えましたが、皆さんは何して過ごしていますか? 今回は...
  3. みなさんは、「療養泉」って、聞いたことありますか?漢字を見れば想像できるように・...
  4. 最近、日本でも頻繁に話題に上っているニートとフリーターですが、その違いってご存知です...
  5. 電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス...