夏バテは焼肉で解消!

 

夜、帰宅途中に焼き鳥屋さんや焼肉屋さんの前を通ると、ついつい肉の焼けるいい香りに誘われてしまう季節になりましたね。(*^.^*)
そこで今回は、アサヒビールが2017年8月に実施した「お肉に関わる食生活の実態アンケート調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「全国の20歳以上の男女1,042人」です。

まず始めに、「肉・魚・野菜の中で、皆さんが好きな食材は?」と尋ねると・・・、

「肉派」と回答した人が最も多く60.7%。主な理由は「。一気にスタミナが付く」、「とにかく肉を食べると元気になる」など、魚や野菜よりも、エネルギーやパワーに変わりやすいという声が多く、「お肉=元気の源」と捉えている人が目立ちました。「肉派」に続き、人気が高かったのは「魚派」(22.9%)で、「野菜派」は15.6%でした。
やはり、夏バテには焼肉なんでしょうか。

次に、「どの位の頻度で「肉料理」を食べている?」と尋ねると・・・、

「週3~5回」が約半数の47.7%、次いで「ほぼ毎日食べている」16.9%でした。全体の6割以上の人びとが「(少なくとも)週3回以上」の頻度で何らかの肉料理を食べているようです。

次に、「好きなお肉の種類は?」と尋ねると・・・、

「牛肉」「豚肉」「鶏肉」に意見が3分され、それぞれ39.6%、33.3%、24.9%でした。
牛肉の価格が輸入自由化後、相当安くなったことも大きく影響しているのでしょうか。

続いて、「よく食べる好きな肉料理は?」と尋ねると・・・、

人気ナンバーワンは「から揚げ・手羽先のから揚げ」(49.0%)、次いで「焼肉」(45.8%)でした。どうやらこの2料理が肉料理の定番のようです。3位は「生姜焼き」(37.5%)、4位が「ハンバーグ」(37.4%)、5位に「とんかつ(ロースカツ、ひれかつなど)」(28.0%)と家庭料理の定番メニューが続きました。

最後に、「肉料理に合うお酒は?」と尋ねると・・・、

圧倒的に多かったのが「ビ-ル」(85.5%)、次いで「発泡酒 ・新ジャンル」(34.8%)でした。サッパリとした口当たりの「ビール系アルコール飲料」と脂っぽい「肉料理」との相性の良さでしょうか。
3位は非炭酸飲料である「ワイン」 (26.0%)、4位は「チューハイ・サワー」(25.8%)、5位は「焼酎」(12.5%)となっています。
刺し身などのお魚料理にはぴったりの日本酒も、残念ながら肉料理となると少数派支持に留まりました。

高タンパク質で、鉄分やビタミンB12などを豊富に含む「お肉」の栄養成分。今年も、しっかりお肉を食べて暑い夏を乗り切りましょう。

人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. フランスの大統領の任期中の解任はできない?

    就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  2. ボジョレー・ヌーボーは今年も予約しましたか?

    今回は、ホノテが2016年10月に実施した「ボジョレー・ヌーボーに関するアンケート」...
  3. 日本人の中国イメージは大きく変化

    先日総理府のHPを見ていたら、日本と中国の関係を見ていく上で面白いデータを発見したので、今回は...
  4. 中国砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  5. 炭酸泉のある銭湯リスト~東京23区編

    皆さんは、「炭酸泉」というものをご存知ですか?自分は、東京の大井町駅前にある、“...
  6. マグロのお寿司はお好きですか?

    最近大流行の回転寿司でも人気ナンバーワンのマグロ。
  7. 情報源としての2強媒体はTVとNET

    日ごろの皆さんの情報源とは何でしょうか? ここ数年のスマホの普及とそれに伴う新聞や雑誌などの紙媒体の...

Ad

人気の記事

  1. 2020東京オリンピック
  2. 中国砂漠化
  3. 高齢ドライバー事故

ピックアップ記事

  1. ここのところおとなしい北朝鮮ですが、先日のNHKの報道によれば・・・アメリカのマティス国防長...
  2. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...
  3. お盆も近づき夏もあと僅か。
  4. 最近の東京は「熱中症厳重注意」が毎日のように続いています。
  5. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...