愛煙家はどこまで追い詰められるのか?

 

愛煙家かつ足の不自由な自分としては、ゆっくりと座りながら喫煙できる場所がどんどん減ってきてやや困っています。いったい愛煙家=悪のレッテルを貼られ、愛煙家はどこまで追い詰められるのでしょうか?
そこで今回は、アイリックコーポレーションが2017年2月に実施した「たばこについてアンケート調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「20歳~60歳の男女 600人(喫煙者300人、非喫煙者300人)」です。

まず始めに、「喫煙できる場所が少なくなっていることにどう感じているか?」と尋ねると・・・、

喫煙者と非喫煙者では当然のことながら意見は大きく別れ、喫煙者の「増やした方がよい」33.3%と非喫煙者の「なくした方がよい」34.0%が拮抗しました。

続いて、「飲食店・居酒屋などで分煙が必要だと思うか?」と尋ねると・・・、

非喫煙者の76.7%が「必要だ」と感じ、また喫煙者も64.3%が分煙の必要性を感じていました。自分も周りに気兼ねせずにゆっくりと吸いたいので、きっちり分けて欲しいと思いますが・・・。

次に喫煙者に、「禁煙した経験があるか?」と尋ねると・・・、

喫煙者の約半数がある(「何度もある」23.0%、「1度だけある」26.7%)と回答しました。
自分も30-40代のころは何度か禁煙にチャレンジしましたが・・・。

続いて、「禁煙のきっかけは?」と尋ねると・・・、

1位は「健康のため」で48.3%、2位が「たばこが値上がりしたから」40.9%、3位「体調を崩した」16.8%という順になりました。

次に非喫煙者に、「喫煙していたことがあるか?」と尋ねると・・・、

28.0%に喫煙経験ありと回答しました。

続いて、「禁煙のきっかけは?」と尋ねると・・・、

煙者の禁煙のきっかけと同様、1位は「健康のため」47.6%でした。2位、3位とも同じ結果でした。

最後に、「喫煙マナーで気になることは?」と尋ねると・・・、

1位は「歩きたばこ」で72.3%、次いで2位は「吸い殻のポイ捨て」68%、3位は「たばこの臭い」58.3%、さらに僅差で「子供のそばで吸う」53.0%、「禁煙場所で吸う」49.7%でした。
自分も愛煙家ですが、これぐらいは常識的な喫煙マナーではないかと思います。

公共の場を全面禁煙としている国は2014年末現在で49か国。日本は世界的にも対策が遅れている国と言われているそうです。
今回のアンケート結果を見ても、愛煙家はますます肩身が狭くなりそうですね。

(2018年2月19日 追記)

昨年10月に成立した「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」が、いよいよこの4月から施行されます。この条例の施行後は、東京都内では子どものいる場所では喫煙禁止になります。それは、たとえ個人の家でも車でも喫煙禁止なのです。

【受動喫煙防止条例で定められた努力義務】
・家庭で子供と同じ部屋で喫煙しない
・受動喫煙の対策を講じていない施設、喫煙専用室に子供を立ち入らせない
・子供が同乗する自動車内で喫煙しない
・公園や学校周辺の路上などで子供の受動喫煙防止に努める

上記は、いずれも努力義務で罰則規定はないそうですが、愛煙家にとってますます住みにくい世の中になっていくのは確実ですね。

  ▶▶▶ 子育てママの飲酒状況は?
  ▶▶▶ 喫煙者の割合はどのぐらい?
  ▶▶▶ 北朝鮮と国交のある国は、162ヶ国も!

 

関連記事

Ad

意外な事実

  1. オリンピック施設

    東京オリンピックで新設する都立競技施設6つ

    2年後に迫ってきた2020年東京オリンピックですが、新設する競技施設の工事も本格化しているようです。
  2. トランプ政権と東アジア問題

    トランプ政権や東アジア問題に対する日米間の意識の違いは?

    今回は、NHKが去年11月27日から12月3日にかけて、日本とアメリカの18歳以上の...
  3. 阪南大学高

    阪南大学高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで昨年に引き続き活躍している阪南大...
  4. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  5. ふるさと納税

    ふるさと納税は金持ちのための合法的な脱税では?

    年末にはたくさんのTVCFが流れた「ふるさと納税」。
  6. 子供の運動神経

    子供の運動神経は遺伝ではない

    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...
  7. 中国北京の砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...

Ad

人気の記事

  1. シャッター街
  2. 中国北京の砂漠化
  3. 高齢ドライバー事故
  4. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦

ピックアップ記事

  1. 地球温暖化の影響でさんざん苦しめられた日本ですが、10月に入りさすがに東京でも、朝晩...
  2. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  3. EEZ7
    最近、新聞やテレビの報道番組等で「領海」「接続水域」「排他的経済水域(EEZ)」などの難しい言葉をた...
  4. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  5. いつの季節も、TVのワイドショーや女性週刊誌をにぎあわせる芸能人の不倫ネタですが、今...