男性専用車両は受容される?

最近、「男性専用車両」の導入希望の声がニュースで取り上げられていたり、「痴漢冤罪保険」が誕生したりと、何かと通勤・通学電車関係の話題が多くなっています。そこで今回は、マクロミルが2017年6月に実施した「通勤・通学電車事情調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「1都3県在住で電車で通勤・通学している15~59歳の男女」です。

まず始めに、「通勤・通学電車での過ごし方は?」と尋ねると・・・、

圧倒的に「スマホやタブレットを操作する」が多く84%、続いて2位は「車内広告を見る」46%、3位は「ぼーっとする」46%でした。

そうですよね、自分も電車に乗るとすぐにスマホを取り出します。

続いて、「スマホで具体的に何をする?」と尋ねると・・・、

1位は「メールやメッセージのチェックや送信」で85%、続いて2位は「ニュースをチェックする」65%、3位「SNSを閲覧、投稿する」55%でした。

昔の通勤電車ではゆっくりと新聞を読んでいる人が多かったのに・・・。都会人は何かと忙しいですね。

続いて、「通勤・通学電車でプレーするゲームは?」と尋ねると・・・、

1位は「パズルゲーム」で56%、続いて「シミュレーションゲーム」と「ロールプレイングゲーム」が22%でした。

自分はゲームをやらない人なので、よくわかりませんが、「パズルゲーム」って人気があるんですね。

次は、「男性専用車両の導入について?」と尋ねると・・・、

まず女性では、「絶対に導入すべき」が13.6%、「導入した方が良い」が60.3%で、7割以上が導入にポジティブでした。一方の男性も、「絶対に導入すべき」が14.3%、「導入した方が良い」が50.8%と、6割以上が導入にポジティブでした。

最近相次ぐ痴漢トラブルのニュースに対し、導入を望む人からは・・・、

「男性車両を選択することもありだと思う」

「トラブルが原因で電車が止まるのは迷惑だから、防ぐことができるならやってもらいたい」

「痴漢の冤罪防止につながる」

「女性専用があるのに、男性専用車両がないのは不平等」

などの意見がありました。

最後に、男性に「実際に男性専用車両が導入されたら利用したいか?」と尋ねると・・・、

「積極的に利用したい」が18.6%、「やや利用したい」が40.7%と約6割近くの人が利用に前向きでした。

ただでさえぎゅうぎゅう詰めで、みんなストレスいっぱいの電車内。痴漢の冤罪など気にせずに、ゆっくりとスマホからネット空間に逃避したいですね。

  ▶▶▶ 子育てママの飲酒状況は?

  ▶▶▶ 一人での外食やレジャーは好きですか?

  ▶▶▶ 政府がこっそり進めている水道事業の民営化を許していいのか?

  ▶▶▶ 若者の結婚離れ進行中

Ad

意外な事実

  1. 阪南大学高

    阪南大学高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで昨年に引き続き活躍している阪南大...
  2. 弾道ミサイル

    北朝鮮の保有する弾道ミサイルの種類は?

    最近の北朝鮮関連の報道を見ていると、「弾道ミサイル」とか「ICBM」とか、さらには「...
  3. 大谷翔平選手

    メジャーリーグ現役最速投手は誰?大谷翔平選手はどのレベル?

    大リーグのロサンゼルス・エンジェルスでメジャーリーグデビューを果たした二刀流の大谷翔平選手。
  4. ボルトがサッカー界へ転身

    世界最速男のボルトがサッカー界へ転身

    昨年の夏、陸上界を現役引退した世界最速男のボルト。
  5. 中国人の同姓の多さ

    なぜか同姓の人が多い中国

    中国人には同じ姓の人が多いのですが、今回はどんな苗字の人がどれ位いるのか調べてみまし...
  6. 安倍総理の外遊

    安倍総理の外遊は税金の無駄遣いでは?

    安倍総理は、また外遊しているようです。
  7. 医師

    人口10万人あたりの現役医師数日本一は、なぜか徳島県!?

    みなさんは、「人口10万人あたりの現役医師数が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?自...

Ad

人気の記事

  1. 高齢ドライバー事故
  2. チャプマン

ピックアップ記事

  1. 総務省から発表された科学技術研究調査によると、日本の「技術貿易」の黒字は年々増え続け平成27年度には...
  2. 就任前から、世界中をかき回しているトランプ次期大統領。
  3. 先日ネットをぶらぶらしていると、世界価値観調査というものに出くわしました。
  4. 東日本大震災
    早いもので東日本大震災から6年半。この地震により人生を変えられてしまった方も大勢いると思います。
  5. 最近、受動喫煙の関係から、街なかでゆっくりと座ってタバコを吸える場所がどんどん少なく...