男性専用車両は受容される?

最近、「男性専用車両」の導入希望の声がニュースで取り上げられていたり、「痴漢冤罪保険」が誕生したりと、何かと通勤・通学電車関係の話題が多くなっています。そこで今回は、マクロミルが2017年6月に実施した「通勤・通学電車事情調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「1都3県在住で電車で通勤・通学している15~59歳の男女」です。

まず始めに、「通勤・通学電車での過ごし方は?」と尋ねると・・・、

圧倒的に「スマホやタブレットを操作する」が多く84%、続いて2位は「車内広告を見る」46%、3位は「ぼーっとする」46%でした。

そうですよね、自分も電車に乗るとすぐにスマホを取り出します。

続いて、「スマホで具体的に何をする?」と尋ねると・・・、

1位は「メールやメッセージのチェックや送信」で85%、続いて2位は「ニュースをチェックする」65%、3位「SNSを閲覧、投稿する」55%でした。

昔の通勤電車ではゆっくりと新聞を読んでいる人が多かったのに・・・。都会人は何かと忙しいですね。

続いて、「通勤・通学電車でプレーするゲームは?」と尋ねると・・・、

1位は「パズルゲーム」で56%、続いて「シミュレーションゲーム」と「ロールプレイングゲーム」が22%でした。

自分はゲームをやらない人なので、よくわかりませんが、「パズルゲーム」って人気があるんですね。

次は、「男性専用車両の導入について?」と尋ねると・・・、

まず女性では、「絶対に導入すべき」が13.6%、「導入した方が良い」が60.3%で、7割以上が導入にポジティブでした。一方の男性も、「絶対に導入すべき」が14.3%、「導入した方が良い」が50.8%と、6割以上が導入にポジティブでした。

最近相次ぐ痴漢トラブルのニュースに対し、導入を望む人からは・・・、

「男性車両を選択することもありだと思う」

「トラブルが原因で電車が止まるのは迷惑だから、防ぐことができるならやってもらいたい」

「痴漢の冤罪防止につながる」

「女性専用があるのに、男性専用車両がないのは不平等」

などの意見がありました。

最後に、男性に「実際に男性専用車両が導入されたら利用したいか?」と尋ねると・・・、

「積極的に利用したい」が18.6%、「やや利用したい」が40.7%と約6割近くの人が利用に前向きでした。

ただでさえぎゅうぎゅう詰めで、みんなストレスいっぱいの電車内。痴漢の冤罪など気にせずに、ゆっくりとスマホからネット空間に逃避したいですね。

  ▶▶▶ 子育てママの飲酒状況は?

  ▶▶▶ 一人での外食やレジャーは好きですか?

  ▶▶▶ 政府がこっそり進めている水道事業の民営化を許していいのか?

  ▶▶▶ 若者の結婚離れ進行中

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 道路ライブカメラリンク集

    全国の道路ライブカメラリンク集

    みなさんは国土交通省が、日本各地に何千というライブカメラを設置しているをご存知ですか? しかもそ...
  2. 若者の結婚離れ進行中

    いまどきの若者は、“結婚にメリットがないと感じており、若者の結婚離れが進んでいると言...
  3. シニアの生活実態と意識

    少子高齢化が叫ばれる日本でこれからの消費を牽引役と言われるシニア世代。
  4. 米国防戦略

    米国防戦略が「対テロ」から「中露と競争」に転換

    先日、マティス米国防長官からトランプ政権で初となる、米軍の増強計画など国防の方向性を示す戦略文書「国...
  5. 安倍政権

    安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?

    阿部政権は、「景気は良くなってきている」「アベノミクスは順調に推移」と言っていますが、自分には全くそ...
  6. 農業改革

    安倍政権の農業改革は本当に進むのか?

    政府は半世紀近くにわたって日本の農業を続けてきた束縛してきたコメの生産調整、いわゆる減反政策を今年2...
  7. 北方四島

    北方四島の問題は安倍政権下で解決?

    最近、マスコミでよく目にする北方四島の領土問題。

Ad

人気の記事

  1. 高円宮杯プレミアリーグ昇格戦
  2. 白人比率の低下
  3. 安倍政権
  4. 米国大統領のスキャンダル

ピックアップ記事

  1. 最近、日本在住の外国人や観光目的で来日した外国人観光客の間で、グリーンツーリズムなる...
  2. 地球温暖化の影響でさんざん苦しめられた日本ですが、10月に入りさすがに東京でも、朝晩...
  3. 中国北京の砂漠化
    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  4. 先日、テレビを見ていたら、脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「血管年齢を若返らせる温泉」と...
  5. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。