男性専用車両は受容される?

最近、「男性専用車両」の導入希望の声がニュースで取り上げられていたり、「痴漢冤罪保険」が誕生したりと、何かと通勤・通学電車関係の話題が多くなっています。そこで今回は、マクロミルが2017年6月に実施した「通勤・通学電車事情調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「1都3県在住で電車で通勤・通学している15~59歳の男女」です。

まず始めに、「通勤・通学電車での過ごし方は?」と尋ねると・・・、

圧倒的に「スマホやタブレットを操作する」が多く84%、続いて2位は「車内広告を見る」46%、3位は「ぼーっとする」46%でした。

そうですよね、自分も電車に乗るとすぐにスマホを取り出します。

続いて、「スマホで具体的に何をする?」と尋ねると・・・、

1位は「メールやメッセージのチェックや送信」で85%、続いて2位は「ニュースをチェックする」65%、3位「SNSを閲覧、投稿する」55%でした。

昔の通勤電車ではゆっくりと新聞を読んでいる人が多かったのに・・・。都会人は何かと忙しいですね。

続いて、「通勤・通学電車でプレーするゲームは?」と尋ねると・・・、

1位は「パズルゲーム」で56%、続いて「シミュレーションゲーム」と「ロールプレイングゲーム」が22%でした。

自分はゲームをやらない人なので、よくわかりませんが、「パズルゲーム」って人気があるんですね。

次は、「男性専用車両の導入について?」と尋ねると・・・、

まず女性では、「絶対に導入すべき」が13.6%、「導入した方が良い」が60.3%で、7割以上が導入にポジティブでした。一方の男性も、「絶対に導入すべき」が14.3%、「導入した方が良い」が50.8%と、6割以上が導入にポジティブでした。

最近相次ぐ痴漢トラブルのニュースに対し、導入を望む人からは・・・、

「男性車両を選択することもありだと思う」

「トラブルが原因で電車が止まるのは迷惑だから、防ぐことができるならやってもらいたい」

「痴漢の冤罪防止につながる」

「女性専用があるのに、男性専用車両がないのは不平等」

などの意見がありました。

最後に、男性に「実際に男性専用車両が導入されたら利用したいか?」と尋ねると・・・、

「積極的に利用したい」が18.6%、「やや利用したい」が40.7%と約6割近くの人が利用に前向きでした。

ただでさえぎゅうぎゅう詰めで、みんなストレスいっぱいの電車内。痴漢の冤罪など気にせずに、ゆっくりとスマホからネット空間に逃避したいですね。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

Ad

意外な事実

  1. 電磁パルス攻撃

    北朝鮮の核兵器による電磁パルス攻撃の脅威

    私たちは核兵器と聞くと広島、長崎の惨禍のように核爆発で生じる熱線、爆風そして放射線に...
  2. 社会インフラの老朽化問題

    日本の社会インフラの老朽化問題を考える

    私たちの日々の生活を支えている道路、橋、鉄道、上下水. 港湾、堤防、学校、公園・・・...
  3. ブランド価値上位御三家

    アマゾン、アップル、グーグルが世界経済の勝ち組御三家

    今現在、世界で最も大きな会社といったらどこだろうか? ふと先日、そんなことを...
  4. 北方領土に対するロシア人の意識

    昨年末のプーチン大統領の来日と共に盛り上がっていた北方四島の返還問題。
  5. 中国共産党

    中国共産党員、膨れ上がったその数

    自分が初めて中国(上海)に行ったのは、30年前の1987年。
  6. Jクラブチームの収入源

    Jクラブチームの収入源とその収入は?

    Jクラブチームの収入源Jリーグ所属チームには、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、ガン...
  7. スポーツ観戦や2020東京オリンピックに興味がありますか?

    毎日毎日世の中に様々な話題を提供してくれた夏の甲子園大会も、埼玉の花咲徳栄の優勝で幕...

Ad

人気の記事

  1. 神経内科
  2. 世界の人口ピラミッド_
  3. トランプ政権と東アジア問題
  4. 教育にカネを使わない国ニッポン

ピックアップ記事

  1. ヒットラー
    今年の2月12日は、ドイツの大統領選挙です。
  2. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  3. みなさんは、イタリアには旧ソ連で起きたチェルノブイリ事故の翌年の1987年から現在ま...
  4. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  5. みなさんは、「療養泉」って、聞いたことありますか?漢字を見れば想像できるように・...