減塩商品で塩分コントロールして高血圧予防してますか?

 

最近の東京は「熱中症厳重注意」が毎日のように続いています。この熱中症の予防には塩分補給がいいそうです。
そこで今回は、総合商研株式会社が2014年12月に実施した「塩分嗜好と塩分に対する意識調査」の結果をご紹介します。調査対象者は「全国の20歳~60歳の男女652名」です。

まず始めに、「普段の⾷事で「濃い味」は好きですか?」と尋ねると・・・、

濃い味が、好き(22.7%)、どちらかと言えば好き(41.6%)で、全体では 64.3%が濃い味を好んでいました。割と多いですねぇ。

次に、「⾷事の塩分を気にしていますか?」と尋ねると・・・、

「気にしている」と回答した人は、実に 79.1%。大半の人が塩分を気にしながら食事をしているのですね。

続いて、「実際に何か塩分対策を⾏っていますか?」と尋ねると・・・、

塩分対策を実施しているのは全体の 43.7%で、半数以上が対策を実施していない、またはできていないという結果でした。「塩分を気にしているが、行動には移していない」という人がかなり多いようですね。

次に、「低塩、減塩、塩分控えめなどの商品の味のイメージは?」と尋ねると・・・、

圧倒的に多かったのは「健康的」で全体の7割以上。次いで、「味が薄い」が約4割。ほかにも「安心」「高価」「満足感がない」「おいしくなさそう」などのイメージがあがっています。意外とポジティブなイメージが強いんですね。

最後に、「減塩商品を積極的に買っていますか?」と尋ねると・・・、

「買う」と「買わない」がほぼ半々でした。
「買う」という理由には「醤油や梅干など決まった商品に限る」や「こどもに薄味に慣れて欲しいから」、「家族の血圧のため」という意見が見られ、
逆に「買わない」には「値段が高い」、「味が薄そう」、「レシピで工夫すれば通常のものでも対応できそう」という意見がありました。

塩分と高血圧は切っても切れない関係なので、みなさんも健康のために「減塩食品」をとられてはいかがでしょうか。

   ▶▶▶ 信用できる健康に関する情報源は?
   ▶▶▶ 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?
   ▶▶▶ 身体に良い療養泉


関連記事

Ad

意外な事実

  1. 便秘への対応策をみんなに聞いてみた

    現代日本では、若い女性の半数以上が便秘で悩んでいるそうです。
  2. 分断国家、韓国と北朝鮮はどのようにして生まれたのか?

    韓国と北朝鮮は、なぜ同じ民族で同じ韓国語を話すのに二つの国家に分かれているのだろうか...
  3. 中国人の日本人に対する国民感情の根っこには「戦争責任謝罪」

    前回に引き続き今回も、米国のシンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が昨年実施した「日本人と中国人...
  4. 日本の経済成長率の推移

    よくTVや新聞を見ていると国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というもの...
  5. 市立船橋高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグEASTで活躍している市立船橋高校サッカー...
  6. 青森山田サッカー部

    青森山田高校サッカー部選手の出身チームは?(2016年版)

    昨年12月に、U18年代の男子サッカーの最高峰である高円宮杯U-18で優勝し、続くこの1月の全国高校...
  7. どんな習い事に興味がありますか?

    今回は、アサヒビールが2015年3月に実施した「習い事に関するアンケート」の結果をご...

Ad

人気の記事

  1. 2020東京オリンピック
  2. 青森山田サッカー部

ピックアップ記事

  1. IT専門調査会社として世界的に有名なIDCによれば、2017年の世界のスマートフォン...
  2. 毎日暑い日が続きますが、今年も恒例の「土用の丑の日」が近づいてきました。
  3. 早いものでもう7月、ヨーロッパではバカンスシーズンの到来ですね。
  4. 電通によれば、2016年の日本の総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9%と、5年連続でプラス...
  5. 世間でよく言われる「日本三名城」は、名古屋城、大阪城、熊本城です。