誕生日に夫(妻)からもらって嬉しかったプレゼントは?

もうすぐ妻の誕生日。毎年何を贈ろうか迷っています。みなさんはどうですか?

そこで今回は、ギフト総合研究所が2016年9月に実施した「敬老の日のお祝いについてアンケート」の結果をご紹介します。調査対象者は「前回の誕生日に配偶者からプレゼントをもらった全国の20歳以上の男女 合計400名」です。

まず始めに、「夫&妻からもらってうれしかったプレゼントは?」と尋ねると・・・、

「奥さまがご主人さまからもらってうれしかった誕生日プレゼント」では、1位「ジュエリー(22.5%)」、2位「洋服や服飾雑貨(14.5%)」、3位「花(10.0%)」がベスト3となり、美しいもの、華やかなものを好む、女性らしい好みですねぇ。

逆に、「ご主人さまが奥さまからもらってうれしかった誕生日プレゼント」では、「洋服や服飾雑貨(22.0%)」「趣味に関するもの(22.0%)」が同率の1位、「家族での食事(10.0%)」が3位というベスト3でした。

4位の「スイーツ」は、ちょっと意外な結果でした。

続いて、「夫(妻)からもらってうれしい誕生日プレゼントの条件は?」と尋ねると・・・、

1位~4位までは、男女でまったく同じ結果で、1位は「愛情を感じるもの」、2位は「自分がほしかったもの」、3位は「ずっと身に付けていられるもの」、4位は「記念にのこるもの」でした。

続いて、「毎年、夫(妻)から誕生日プレゼントはもらいたい?」と尋ねると・・・、

女性は、「毎年必ずもらいたい」と「毎年でなくてもいいがもらいたい」と答えた「もらいたい派」が76%、「特にほしいと思わない」「プレゼントはいらない」と答えた「いらない派」は6%という結果でした。

一方、男性は、「もらいたい派」が68%、「いらない派」が7.5%という結果になり、さらに約1/4の方が「どちらでもよい」という結果でした。

男女ともに約7割の方が「誕生プレゼントはほしい」というわけですから、特別な日になにかを贈るのは夫婦円満の秘訣かもしれませんねぇ。

最後に、「毎年、夫(妻)から誕生日プレゼントはもらっている?」と尋ねると・・・、

「毎年欠かさずもらっている」「ほぼ毎年もらっている」と答えた人は、女性が81.5%、男性が79.5%となり、男女ともに約8割の方が夫や妻から毎年誕生日プレゼントをもらっているようです。

こう見てくると、誕生日プレゼントは、夫婦の大切なコミュニケーションの一つとなっているようですねぇ。

▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?
▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 
    ~世界経済勢力図の現在・過去・未来

 

Ad

意外な事実

  1. 親に感謝

    親に対する感謝の気持ち

    今回は、株式会社PFUが2017年6月に実施した「感謝の気持ちに関する意識調査」の結果をご紹介します...
  2. 日中の国旗

    日本人の中国イメージは大きく変化

    先日総理府のHPを見ていたら、日本と中国の関係を見ていく上で面白いデータを発見したので、今回は...
  3. 東京がアジアからの不良外国人で溢れる街になる!?

    今、政府は予想される「労働力不足」への対応策として、急速な「単純労働対応の外国人労働...
  4. 前橋育英高校サッカー部

    前橋育英高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    今年の1月に行われた第96回全国高等学校サッカー選手権大会は前橋育英高校の初優勝で幕を閉じましたが、...
  5. 日本のはじまり「飛鳥時代」ってどんな時代?

    よく日本人は「自分の国の歴史を知らない変わった民族」と言われていますが、もともと理科系出身の自分もま...
  6. トランプ政権と東アジア問題

    トランプ政権や東アジア問題に対する日米間の意識の違いは?

    今回は、NHKが去年11月27日から12月3日にかけて、日本とアメリカの18歳以上の...
  7. カップラーメン

    インスタントラーメン消費量日本一は、なぜか青森県!?

    みなさんは、「一人あたりのインスタントラーメン消費量が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか...

Ad

人気の記事

  1. 米国大統領のスキャンダル
  2. 高齢ドライバー事故
  3. 中国の街の雑踏

ピックアップ記事

  1. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  2. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...
  3. 湯の花
    今回は、“湯の花(湯の華、湯華とも言う)”についてです。
  4. 在日米軍の駐留費用負担額
    世界中が「ビッククリ」し、おー騒ぎしている、米国のトランプ新大統領の誕生。
  5. 子供の運動神経
    今回は、「運動神経は10歳で決まる!」という本を、たまたま行きつけの図書館で見かけ、...