子育てママの飲酒状況は?

女性の社会進出に伴い、女性がお酒を日常的に楽しむシーンが増えてきましたね。
そこで今回は、インタースペースが2017年2月に実施した「ママ達のお酒事情についてのアンケート」の結果をご紹介します。調査対象者は「全国の子育て中の女性 588名」です。

まず始めに、「どのぐらいの頻度でお酒を飲んでいますか?」と尋ねると・・・、

「全く飲まない」という人が最も多く40.5%。その次に多いのが「ほぼ毎日」14.3%、続いて「特別な日以外飲まない」13.5%となりました。半数以上のママが、日常的に飲酒をしていないようですね。

次に、「好んで飲んでいるお酒の種類は?」と尋ねると・・・、

一番多かったのは「ビール」57.9%でした。2番目が「チューハイ」51.6%、3番目が「カクテル」34.7%となりました。

続いて、「どのような時にお酒を飲みますか?」と尋ねると・・・、

「家族と自宅で食事をする時」49.3%がトップとなり、次に「子供が寝た後の一人の時間」41.3%が続き、「ママ達だけで集まる飲み会」は23.5%で8位にとどまり、「ママ友以外の友人との飲み会や集まり」36.4%を下回りました。

次に、「子どもができてから飲酒量の変化はあったのでしょうか?」と尋ねると・・・、

。飲酒量が「減った」ママが76.8%以上と、圧倒的に多い結果となりました。

その理由としては「子どもがいて飲めない、飲みに行けない」74.6%、「妊娠期・授乳期で飲めない時期があり、自然と減った」64.2%が上位に挙げられていました。

“妊娠・授乳が終わって久しぶりに飲んだら、以前より弱くなっていて酔っ払ってしまった”
“酔っ払って帰ってから子どもを寝かしつける時の抱っこが怖かった”
“翌日の育児に支障が出た”

最後に、「子どもを家族などに預けて、飲み会などでお酒を飲む時の気持ちは?」と尋ねると・・・、

「子どもの様子が気になる」55.3%が一番高く、次いで「時間が気になる」42.1%。「ちゃんと子供の面倒を見てくれてるか心配」39.3%、「飲みすぎないように気をつけている」39.0%という結果でした。
まだ子どもが小さくて、せっかくの飲み会に参加しても心配だらけというママも多いんですね。

  ▶▶▶ 都議会議員の給与ってご存知?
  ▶▶▶ 脳卒中や心筋梗塞の予防にいい「炭酸泉」ってご存知?

  ▶▶▶ レントゲンとCTとMRIの違いは?
  ▶▶▶ 大谷翔平選手とベーブ・ルースの比較
  ▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊

 

Ad

意外な事実

  1. 食料自給率6

    食料自給率、日本はどの程度?

    先日テレビを見ていると、「世界の人口爆発と食糧難および日本の食料自給率」について話を...
  2. ネイマール メッシ ロナウド

    W杯で活躍するロナウドやメッシの年収は?

    連日熱戦が繰り広げられているW杯が、そこで活躍しているメッシやロナウドなどのスーパースター選手たちの...
  3. 早稲田大学サッカー部

    早稲田大学サッカー部(ア式蹴球部)の選手の出身チームは?(2018年版)

    関東地域の大学サッカーの頂点である関東大学サッカー1部リーグ12校の中で有名私立大学である早稲田大学...
  4. 農業改革

    安倍政権の農業改革は本当に進むのか?

    政府は半世紀近くにわたって日本の農業を続けてきた束縛してきたコメの生産調整、いわゆる減反政策を今年2...
  5. CO2排出量9

    トランプ大統領が疑う地球温暖化問題とCO2排出削減目標

    ニュース報道によると、トランプ米大統領が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱する方針を決...
  6. 温泉ソムリエ

    「温泉ソムリエ」って何?

    TVのバラエティ番組を見ていると、ときどき「温泉ソムリエ」なる人物が登場してませんか?この「温泉...
  7. 日本の労働時間と労働生産性

    国際的に見た日本の労働時間と労働生産性は?

    長時間労働が社会問題になるほど「休めない」というイメージが強い日本ですが、現在、政府は来年2019年...

Ad

人気の記事

  1. 藤枝東高校サッカー
  2. 核兵器保有国
  3. 桐光学園高校サッカー
  4. 弾道ミサイル

ピックアップ記事

  1. 今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  2. そろそろ会期末が迫ってきた国会では、野党が加計学園問題をもとに例年通り?「内閣不信任...
  3. 先日ネットをぶらぶらしていると、世界価値観調査というものに出くわしました。
  4. そろそろお盆が近づいてきましたが、お休みは取れそうですか? 今回は資料JPが実施した「お盆休みに...
  5. 最近、高齢ドライバーによる「ブレーキとアクセルの踏み間違え」等の事故が増えているため...