子育てママの飲酒状況は?

女性の社会進出に伴い、女性がお酒を日常的に楽しむシーンが増えてきましたね。
そこで今回は、インタースペースが2017年2月に実施した「ママ達のお酒事情についてのアンケート」の結果をご紹介します。調査対象者は「全国の子育て中の女性 588名」です。

まず始めに、「どのぐらいの頻度でお酒を飲んでいますか?」と尋ねると・・・、

「全く飲まない」という人が最も多く40.5%。その次に多いのが「ほぼ毎日」14.3%、続いて「特別な日以外飲まない」13.5%となりました。半数以上のママが、日常的に飲酒をしていないようですね。

次に、「好んで飲んでいるお酒の種類は?」と尋ねると・・・、

一番多かったのは「ビール」57.9%でした。2番目が「チューハイ」51.6%、3番目が「カクテル」34.7%となりました。

続いて、「どのような時にお酒を飲みますか?」と尋ねると・・・、

「家族と自宅で食事をする時」49.3%がトップとなり、次に「子供が寝た後の一人の時間」41.3%が続き、「ママ達だけで集まる飲み会」は23.5%で8位にとどまり、「ママ友以外の友人との飲み会や集まり」36.4%を下回りました。

次に、「子どもができてから飲酒量の変化はあったのでしょうか?」と尋ねると・・・、

。飲酒量が「減った」ママが76.8%以上と、圧倒的に多い結果となりました。

その理由としては「子どもがいて飲めない、飲みに行けない」74.6%、「妊娠期・授乳期で飲めない時期があり、自然と減った」64.2%が上位に挙げられていました。

“妊娠・授乳が終わって久しぶりに飲んだら、以前より弱くなっていて酔っ払ってしまった”
“酔っ払って帰ってから子どもを寝かしつける時の抱っこが怖かった”
“翌日の育児に支障が出た”

最後に、「子どもを家族などに預けて、飲み会などでお酒を飲む時の気持ちは?」と尋ねると・・・、

「子どもの様子が気になる」55.3%が一番高く、次いで「時間が気になる」42.1%。「ちゃんと子供の面倒を見てくれてるか心配」39.3%、「飲みすぎないように気をつけている」39.0%という結果でした。
まだ子どもが小さくて、せっかくの飲み会に参加しても心配だらけというママも多いんですね。

▶▶▶ 驚きの日本の人口ピラミッド推移
▶▶▶ 人口ピラミッドから見た世界と日本の
    将来
▶▶▶ 戦後日本の実質経済成長率の推移
▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の
    変化?
▶▶▶ 所得の二極化が進み中間層が崩壊
▶▶▶ 日本に住んでいる外国人の数は?
▶▶▶ 食料自給率、日本はどの程度?

Ad

意外な事実

  1. キャビンアテンダントの出身大学

    キャビンアテンダント(客室乗務員)の出身大学は?

    今も昔も女性の花形職業の一つで、かってはスチュワーデスと呼ばれた、キャビンアテンダント=CA(客室乗...
  2. 「駐車場」がある温泉銭湯リスト(東京23区)

    今回は、東京23区内で“天然温泉”かつ“3台以上の駐車場”のある銭湯をピックアップしてみました...
  3. 自衛隊機の緊急発進が中国の軍事脅威アップで激増中

    先日のNHKのニュースによると、日本領空に接近した外国軍機などに対する自衛隊機のスク...
  4. 人口10万人当たりの大学数日本一は、なぜか京都府!?

    みなさんは、「人口10万人当たりの大学数が多い都道府県」というと、どこを思い浮かべますか?自分は...
  5. 河野太郎

    「ポスト安倍」のダークホース 自民党の異端児 河野太郎のまとめ!

    この秋に予定されている自民党総裁選。
  6. 米子北高校

    米子北高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している米子北高校高校サッカ...
  7. 東京一極集中

    止まらない東京一極集中と進まない地方創生

    現在、東京都の人口は1,400万人弱。

Ad

人気の記事

  1. 弾道ミサイル
  2. 北方四島
  3. 東京

ピックアップ記事

  1. 今日、11月9日は、 119番の日だそうです。
  2. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  3. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  4. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  5. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...